ピクシブ百科事典

陳寿

ちんじゅ

正史『三国志』の著者。三国時代の蜀漢から西晋の時代に活躍した人物。字は承祚(しょうそ)。
目次[非表示]

概要

後漢群雄割拠時代から三国時代の史実の人物たちの活躍を記した『三国志』の作者で、なおかつ同作品のキーパーソンとされる人物。

しかし、執筆するうえで取材先の家族や遺族に「あなた方の○○様の活躍を描く代わりに原稿料を頂きたい」と要求して断られると、その家族のことは記述しないなど、私怨や私情に駆られたというエピソードがある。結果的に歴史書としては高く評価されることにはなったのだが……。

自身の伝については、『晋書』に記述されている。生前は劉禅、後に司馬炎に仕えたが、儒教に反することをしたことから親不孝者として村八分同然に周囲からは疎まれていた。

関連タグ

三国志

外部リンク

陳寿 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「陳寿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159

コメント