ピクシブ百科事典

概要

賈充の三女。後妻・郭槐の長女であり郭淮の大姪に当たる。
八王の乱ひいては西晋滅亡の元凶の一人とされる。

賈充は西晋の創立に大きく貢献したことから、娘の賈南風は恵帝・司馬衷の妃となることができた。徐々に権勢を振るようになり、政敵を次々と殺戮。
まず、若手皇族の司馬瑋らと組んで外戚の楊駿を始末。当時の長老の司馬亮衛瓘が実権を握ると、二人に干された司馬瑋は激怒した。司馬瑋の部下の岐盛・公孫宏が、賈南風に司馬亮・衛瓘が謀反を企んでいると讒言すると、賈南風はかねてより衛瓘に警戒されていたことから、司馬衷に詔勅を出させて二人を解任するお墨付きを与えた。さらに司馬瑋が二人を殺すと、他人を勝手に殺害した罪で誅殺した。

一方で、実務は張華・裴頠といった当代一流の政治家と、名門出の王戎、親族の賈模に分担させており、小康状態を作る事に成功してもいる。
しかし、側室の子である皇太子・司馬遹を殺害する専横を極めたため各地の反発を買い、司馬倫(司馬懿の九男、司馬衷の大叔父)の軍によって捕らえられて処刑された。

色黒で醜女であったとされる。また性格も大変に嫉妬深かったと言われ、自分を擁護した女性を何故か逆に恨んだり、妊娠していた妃をお腹の子ごと惨殺するなどしている。司馬衷の父・司馬炎すらも最初は結婚に反対していたほどだった。
兵士に命じて街から少年を攫っては自身に夜の相手をさせ、用が済めば殺害して遺体を捨てていたという。


一応にも正当な王朝の関係者が記録の中でここまで悪く書かれており、かつ司馬炎も擁護できない人物だったことから、よほどの悪女であったのだろう。

ただし、賈南風の死後に本格化した八王の乱での西晋の自滅ぶりが余りに悲惨であるため、後世には小康状態を築いた手腕を、相対的に再評価する意見もある。また、賈氏一族が滅ぼされたため、擁護する子孫がおらず、『晋書』では一方的に悪く描かれすぎているという擁護論もある。

タグの付いたイラストは三国志大戦のキャラクターがほとんど。

関連記事

親記事

賈充 かじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「賈南風」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「賈南風」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173208

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました