ピクシブ百科事典

郭槐

かくかい

司馬一族の腹心・賈充の後妻で、賈南風の母。

概要


郭淮の姪で、賈充の継室。字は媛韶。并州太原郡陽曲県の人。子は賈黎民・賈南風(恵帝の皇后)・賈午・少なくとも男子一人。
非常に嫉妬深く、三国の嫁の中でもとりわけぶっ飛んだ逸話を持つ女性。

賈充との間に男児2人・女児2人を設けているが、男児2人は彼女のせいで早世している。
長男が乳母になつき、賈充にあやされているのを見て乳母と夫の姦通を疑い乳母を殺してしまった。
なついていた乳母を失った長男は悲しみのあまりに死んでしまった。次男もほぼ同じ顛末で死んでしまう。

晋王朝が成立すると、賈充はその功績に免じて先妻と復縁し二人の正室を置くことを司馬炎から許されるが、
郭槐は賈充の胸ぐらを掴んで猛反対しため、恐妻家の賈充はそれを固辞した。
また賈南風を司馬衷の妃にするため、皇后・楊艶に賄賂を贈って司馬炎を説得してもらっている。
賈充が先だった時には上述の通り男子がいないため家系断絶の危機だったが、周囲の反対を押し切って姓が異なる外孫を養子にした。

物騒で傍若無人な逸話ばかりが残る彼女だが、そんな人物ゆえか人を見る目はあったようで、
郭槐は娘に皇子が生まれなかったことを心配し、皇太子である司馬遹を尊重した。また賈南風へ司馬遹を実子のように育てるように勧めたが、皇后はそれを聴かなかった。その後、孫娘(賈午の娘)を司馬遹の妃に立てることを望んだ。しかし、賈南風と賈午は許可しなかった。
自身が死去する際には賈南風に「皇太子司馬遹を大事にするように、趙粲と賈午は必ず遠ざけるように」と遺言している。
(しかし賈南風はこの言葉を聞き入れず、やがて妹共々破滅を迎えることになる)

宜城宣君と諡されたが、「宣」は徳のある故人を称える美諡とされるため、彼女の傍若無人を知る当時の人々は陰で嘲笑していたという。

関連項目

三国志

関連記事

親記事

賈充 かじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「郭槐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2916

コメント