ピクシブ百科事典

諸葛瞻

しょかつせん

中国の三国時代の蜀の武将・政治家。諸葛亮孔明の子。

概要

227年生~263年没

の丞相諸葛亮の息子で字は思遠。
三国志演義では諸葛亮の正室である黄夫人を母親としているが、正史には記述がなく生年が227年と結婚から時間が過ぎているのもあり黄夫人が生母でない可能性もある。

少年時に父である諸葛亮が亡くなり武郷侯を継ぐが、父の名声もあって17歳で皇帝劉禅の皇女を妻とし騎都尉となり以後昇進を重ねた。蜀末期は行都護衛将軍・平尚書事であったが黄皓の専横に対してはどうする事もできなかった。

263年に鄧艾率いる魏軍が侵攻した際に綿竹にて迎え撃ったが子の諸葛尚と共に戦死した。

関連タグ

三国志

関連記事

親記事

しょく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「諸葛瞻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142

コメント