ピクシブ百科事典

諸葛恪

しょかつかく

中国の三国時代、呉の武将・政治家。Zhūgě Kè(ジューガー・カァー)

概要

の名臣・諸葛瑾の長子。諸葛亮の甥にあたる。
幼い頃から並外れた智謀を持っていた。

孫権から後事を託され、2代目皇帝の孫亮を補佐した。
関税を撤廃したり無駄な役人を削減したりと政治面で革新的だった。
また大将軍として東興の戦いでの大軍を破って名声を得たが、後に周囲を諫めを無視して強引な戦を仕掛けた結果、大敗する。諸葛恪は敗戦の責任を取ることなく独断専行を続けたため孫峻らによって謀殺された。


陳寿「諸葛恪は才気にあふれ、大きな展望をもって働く事ができ、国内の人々の賞賛を受けていたが、驕慢で狭量であった」と評している。
諸葛恪の行動の問題さは、孫権や陸遜や諸葛亮らにも見抜かれていた。
父の諸葛瑾も生前、「息子は頭が良すぎる。家を栄えさせるのもこの子だろうが、家を滅ぼすのもこの子になるだろう」と将来を懸念していた。

関連項目

鍾会
馬謖

関連記事

親記事

孫呉 そんご

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「諸葛恪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77

コメント