ピクシブ百科事典

凌統

りょうとう

凌統とは、三国志に登場する英雄。字は公績(こうせき)
目次[非表示]

三国志の凌統

父親の凌操と共に孫策の下で戦っていた武将。
夏口の戦いにおいて父を甘寧によって殺されており彼に対して恨みを抱いていた事もあった。

合肥の戦いでは主君孫権を守るべく300の手勢で敵中に飛び込み攪乱、
全身に傷を負いながらも川を泳いだ末に帰陣する。
手勢の部下は全滅し落胆していると、主君の孫権
「あなただけでも生き延びてくれていて嬉しい」と言って労わったとか。

死没年は不明。各伝ごとに食い違いがあるものの、
夷陵の戦いを含む蜀との荊州攻略戦の頃から記述がなく、このころに病没したとも。また、享年について29歳説と49歳説があるが、凌統が死んだときに子供が10歳に満たなかったなどの資料もあることから、29歳説が有力である。
子の凌烈、凌封らが後を継ぎ、軍の指揮権は駱統に引き継がれた。

真・三國無双の凌統

凌統(真・三國無双)を参照

関連イラスト

5凌統


凌統さん
りょうとうとおくにさん



関連タグ

三国志 真・三國無双  甘寧 呂蒙 陸遜 呉カルテット
阿国(戦国無双)

pixivに投稿された作品 pixivで「凌統」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3102080

コメント