2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

凌統(真・三國無双)

りょうとう

コーエーテクモゲームスから発売された真・三國無双シリーズに登場する人物、キャラクター
目次[非表示]

※史実の凌統についてはこちらを参照

概要

プロフィール

名前凌統(りょうとう)
公績(こうせき)
登場ナンバリング『4』~
勢力
所属軍孫権軍→呉軍
CV松野太紀
身長187cm
年齢(4まで)24歳
武器両節棍(『4』『6』『8』)、(『5無印』)、三節棍(『5Special』~『MULTIRAID2』、『7』
一人称
呼び方あなた(目上)、あんた(目下)、みんな(複数人)、〇〇殿(目上)、〇〇(対等、目下)、〇〇さん、甘寧→貴様(敵対時、憎悪時)、孫権→殿、凌操→父上


真・三國無双4』より参戦。萌え要素詰め込みまくりなキャラ。

人物像

容姿

右目下のほくろタレ目が特徴のイケメン。何故か彼以降の呉の新キャラはおっさんばかりになり、イケメン率が減った(元々、若くてイケメンが多かった勢力だったため、全体に於けるバランスを取ったのかもしれない)。そのため、しばらくの間、彼が最後のイケメン追加武将だった(『7猛将伝』で久々にイケメン武将が登場)。
体全体を見ると、なにより目がいくのがスタイルの良さ。身長は187cmとかなり長身な上、細身である。

髪型

全作を通してポニーテールが特徴。
『4』前髪は目元あたりまでで以降のシリーズより短め。4のみ、ゆるめの癖毛でもある。
『5』前髪の長さが長くなり(顎より下あたり)イメージがガラリと変わった。赤い髪留めで結んでいる。
『6』髪型自体は前作と同様。簪の付いた髪留めで束ねている。
『7』前作同様の髪型で簪もあるが、簪が二本に増えている。


衣装

『4』赤基調の布を多用した衣装を着用。なお、モデル3は白基調の衣装で、髪を下ろしている。

敵陣に
好久不畫練個筆


『5』両腕全体にパッドを使用している。が露出しており、上半身の服も体のラインがわかるような構造。

『MULTIRAID』の覚醒衣装は上半身裸に浅黒い肌、金髪のドレッドヘアというレゲエ調になっている。
『6』ライダースーツにストールと、一番(三国時代の)中国と関係ない格好をしている。

皮肉屋さん


『7』前作よりも落ち着いた色合いで、どちらかと言うと朱色。マフラーは相変わらずだが、『6』よりは三國寄りになった…ように思える。

無題


『6』の学園衣装では、ワンピース型の競泳水着。体にフィットしており、スタイルの良さがよく分かる。

それじゃあ、行くとしますか!


『6』の童話衣装では『不思議の国のアリス』の帽子屋の衣装。

10/10


『7』での職業衣装では整備工の衣装。足元をよく見ると、靴のかかとを踏んでいる。

凌統つめつめ4



性格

普段はひねくれた態度を取り、皮肉を好む。口癖は「~だっつの」で傍から見ればチャラ男に見えたりもする。だが実は忠義に篤く、信義を重んじる熱い部分を持っている。

活躍

武勇に長けた猛将で、幾度も孫呉のピンチを救ってきた。
父・凌操とともに孫呉に仕え、史実と同様、夏口の戦いで凌操を殺された為に甘寧を恨み続けるが、共に戦ううちに甘寧との関係に少しずつ変化を見せて行く。合肥の戦いでは張遼の奇襲攻撃に敗れ、窮地に陥った孫権を甘寧と共に必死で守り抜く。
没年はどうやら237年説を採用しているようで、甘寧死去後も登場。
戦ごと以外では囲碁が趣味で、甘寧や孫権と勝負している。

交友関係

甘寧

凌統を語る上では欠かせない人物。凌統にとって親の仇であり、彼が孫呉に加入した後も恨み続け、時には仲間の制止も聞かずに刃を向けようとすることもある。が、戦っていくうちに考えが変わっていき、協力的になっている。表向きはゴタゴタ言いながらも結局彼に付き合ってあげる、いわゆるツンデレな部分を見せつけている。和解後はピリピリした空気は薄れ、漫才コンビ感が強くなった。

バトルスタイル

全シリーズ通して、素早くトリッキーな動きをしている他、足技をよく使う。
『4』、『6』両節棍を使用。素早い攻撃と足技が特徴。『無双OROCHI2』ではカポエラの動きも取り入れている。
『5無印』戟レンジャーの一員になってしまった…。
『5Special』~『MULTIRAID2』、『7』~三節棍を使用。両節棍に比べてスピードは遅いもののリーチが長くなり、使いやすい。敵の首を絞めたり、投げたりする。
『6』以降の固有モーションでは、主に火を纏った足技が多い。

シリーズの動向

『4』初登場にして1番甘寧への憎しみが全面的に押し出されており、5以降よりもクールな印象を受ける。が、この頃より碁を嗜んでおり、最終的に甘寧と勝負している。

『5』最多コンパチのを装備することに。この武器変更に絶望したファンも少なからずいる(『5』限定で「武器変更の憂き目に遭った」武将が多数いるのだが)。
と思いきやspecialで三節棍に変更、多彩な技で敵を翻弄するテクニシャンとなった。
無双モードは無印ではなかったが、specialで登場。甘寧との仲違いからどんどん絆を深める描写があり、甘寧と凌統の関係を明確にした作品ともいえる。

『6』ストーリーモードでは合肥の戦いから登場。甘寧といがみ合っていたが、太史慈が死亡して「いがみ合っている場合ではない」と気づき、孫権を守るために甘寧と共に協力することに。

『7』ストーリーモードでは推奨ステージになるのは合肥の戦いから。相変わらず甘寧といがみ合っており、結局負けたが、その後に呂蒙、甘寧と共に魏へ雪辱を果たした。ちなみにトリオのツッコミ役という部分が強くなり、一番の常識人

無双OROCHIシリーズ阿国といい感じに友好関係にある。
また2のあるステージで三蔵法師らと共に行動した際、豊臣秀吉が「わしが悟空で、五右衛門猪八戒」といった言葉に続けて五右衛門が「凌統が沙悟浄かぁ?」と言った際、「勘弁してくれ」と苦言を残していた。
言うまでもなく玄奘三蔵が生きた時代(AD600年頃)や『西遊記』が成立した時代(AD1570年頃)は『三国志』より400年以上後年である(無双OROCHI2は無双OROCHIの続編なので知っていても不思議ではない)。

スマートフォン版ではサービス開始初期からの実装。
登場する将星の記憶はR「肩を並べる仲間」、SSR「背中合わせの絆」、SSR「好敵手との勝負」、SSR「変わらぬ関係」。
ストーリーモードでは呉5章「臥龍の目覚め・呉」にてメインで登場。官渡の戦い終了後にて、丁奉、徐盛、陸遜、朱然と共に呉のこれからを担う新参の将として、孫権を介してプレイヤーと引き合わされる。
この時の手合わせで敗北を喫したことから、何かに付けてプレイヤーに突っかかっては様々な勝負を挑みにかかるようになる。なお、この様子は孫尚香より「あなたの弟みたい」と評されている。
甘寧の襲撃により父・凌操を亡くしたことで一時ふさぎ込み、黄祖討伐の際の戦勝の宴にも欠席。この時プレイヤーは上下関係を問わず、凌統の事を問われながら料理や酒を勧められる事になる。ほぼ同期に近い陸遜達と相談し、練師が用意してくれた料理を包んでもらい凌統の屋敷へ向かった所で(おそらく周泰が勧めた酒も含めて)疲れからか倒れ込み逆に介抱される。
皆が心配していたことを話すと、凌統にしては珍しい素直な弱音を聞かせてくれる。
続く襄陽・江陵では甘寧と不器用ながらも連携を取って活躍を見せる。そのことについて孫権に「最初は甘寧を引き入れる事について理解ができなかったが、今なら少しだけわかる気がする」と目の前の責務を果たすことに注力する事を選択した。
将星の記憶SSR「好敵手との勝負」は5章クリア報酬で入手可能。

その後、甘寧と共に呉9章「荊州激闘・呉」のメインに再び抜擢。区間が空いての複数回数メイン抜擢は徐庶李典に続いて3人目。空いた区間は李典を抜いて最長。
呂蒙指揮の元、荊州にて関羽を討伐するに際し甘寧と二人で事に当たるよう言い渡される。いがみあいながらも潜入の際機転を利かせて甘寧を手助けしたりと、葛藤を含めつつも協力していく様子が甘寧の目線から描かれる。
この時プレイヤーは呂蒙から「凌統と甘寧は車輪のような勢いがある。しかしそれを御す事ができる軸が必要だ」と二人をつなげる軸として凌統と甘寧をまとめ上げてほしいと告げられる。
この出来事があって二人は小競り合いはしつつも手を取り戦う事ができたようで、呉10章でも
再び夷陵の戦いの前哨戦において先鋒を勤め上げている。
将星の記憶SSR「変わらぬ関係」は9章クリア報酬で入手可能。

関連タグ

真・三國無双シリーズ 呉カルテット

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「凌統(真・三國無双)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「凌統(真・三國無双)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10047

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました