ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]
  1. 西遊記』の登場人物。本稿で解説。
  2. 最遊記』の登場人物。→沙悟浄(最遊記)
  3. ゴゴゴ西遊記』の登場人物。→沙悟浄(ゴゴゴ西遊記)

沙悟浄(さ ごじょう)は、中国の冒険小説『西遊記』の登場人物である。


沙僧   《西游记》沙悟浄


概要

元々は天界に措いて、天帝側近として仕える高位の神将捲簾大将(けんれんたいしょう)」。中国語ではシャー・ウーチン(Sha Wujing)、上古中国語ではスラール・ガースゼンス(Sral Ngaszengs, sraːl ŋaːszeŋs)と呼ぶ。

天界の宴席にて天帝秘蔵の玻璃のを破壊してしまい、その罪で下界に落とされ、水怪と成り果て流沙河のほとりで人畜を食い殺す日々を送っていた。更には、7日に一回は天から降ってくる剣により脇腹を刺されるという罰を受け続けるという仕打ちを受けるはめになった。

然し観世音菩薩の教化を受けて改心し、後に玄奘三蔵法師に弟子入りして取経の旅に同行、をサポートした。

ふたりの兄弟子(孫悟空猪八戒)と比較するとその活躍は割と地味で、兄弟子ふたりが立ち塞がる妖魔を相手にしている時も、専ら三蔵の身辺保護を任される事が多い。また、双方共に我が強く、喧嘩の絶え間が無い兄弟子達の仲裁に立つのは悟浄の役目である。

とはいえ真面目一直線の性格というわけではなく、初対面の八戒に「刻んで料理してやる」と言ったり、三清に成りすまして聖水丹薬を妖怪に授けるという兄弟子二人の悪事に加担したりなど、案外にワルな側面もある。


武器は降妖杖、或いは降妖真宝杖。兄弟子二人の武器と異なり木製で、月で桂の巨木を永遠に伐る罰を受けている樵「呉剛」が伐った枝を、道教にて神格化された工匠「魯班」が加工し

たという。数多の宝石が嵌め込まれ、また糸で繋がれたものが飾られている。捲簾大将となった時に玉皇から下賜された逸品。


取経が成った後、釈迦如来から「金身羅漢」(こんしんらかん)の称号を授かった。


首飾りについて

数珠繋ぎにした髑髏をかけているが、この髑髏は全て天竺への旅の途上で力尽きた玄奘の前世のものである……のは、沙悟浄のモデルとなった深沙大将の逸話である。

沙悟浄の髑髏について、百回本(我々が『西遊記』として認識しているバージョン)では「沢山の人を食って骨は河に放り込んだが、九人の取経僧の髑髏だけは水に沈まないので持っていた」と本人が言うに留まり、その由来についての言及はない。

玄奘が十度の転生を経た神僧であるという点と「九人」という点を結びつけることも出来るものの、妖魔が玄奘を狙う主たる理由は「十度の転生の内で一度も女性を近づけないことで溜め込まれた精気が含まれた肉を食えば不老不死となる」であり、転生の内で沙悟浄に食われた=精気を奪われたことがあるとすれば、この設定と矛盾することになる。そも、玄奘が取経の旅で受ける八十一の難は、釈迦の直弟子であった彼の前世が人間に転生することからが始まりとなっている。ならば、転生の途中で沙悟浄に食われれば当然それは三蔵が受けた「難」に含まれるはずであるが、百回本にそのような記載はなく、この点とも噛み合わない。

それでも流布しているこの「沙悟浄の髑髏の由来は全て三蔵」という情報は、『西遊記』が現在の形に成型される以前の原型の一つである『楊東来先生批評西遊記(雑劇西遊記)』から引っ張ってきたものだろう。

確かにこの作品において、沙悟浄は「那廝九世為僧 被我吃他九遭 九個骷髏尚在我的脖項上(こやつは九世を僧に生まれ、九度もわしに食らわれた。その九個の髑髏がわしの首にかかっておるわ)」とはっきり発言している。しかし、この作品をイコールで現在の『西遊記』の世界に結びつけることは難しい。

この『雑劇西遊記』における孫悟空は他に血縁のない石ザルにして斉天大聖ではなく猿の七人兄弟の一人にして通天大聖であり、猪八戒は高家の入婿にして天蓬元帥ではなく朱家の婿と入れ替わって裴家の娘を娶ろうとした、摩利支天の御車将軍であるし、沙悟浄も捲簾大将ではあるが理由は単に酒に酔って悪さをしたので堕とされた存在で、全員がキャラクターとしては別人と言って差し支えないのである。また、沙悟浄の首にかかった髑髏は何かの役に立つこともない。全百回の物語として加筆・整形される何処かの段階で、髑髏の由来については欠落していった(させられた)のであろう。

なんであれ玄奘は死した同門の徒の助けを得て天竺への旅を続けることが出来たのである。


余談

日本では悟浄の事を河童の妖怪として表現する事が多いが、河童というのは日本固有の妖怪である。なので当然ながら日本以外の国では悟浄を河童とは表現しない

百回本での悟浄は「藍色の肌、振り乱した赤い髪、光る眼、鋭く尖った歯を持つ水怪」とされているが、このイメージが日本では河童と繋がったのか、明治期の講談で悟浄=河童と改変されるか、あるいは罵倒として使われるかして、段々と河童扱いが広まっていったらしい。

本場中国では通常、赤い髪(どこかで見たような設定である)をおどろに伸ばした色黒で背の高い屈強な男(派生作品によってはを蓄えた風貌)として描かれており、悟空=猿、八戒=豚のような動物のモチーフが何かとは明言されていない。これまで研究家によってヨウスコウワニ説、ヨウスコウカワイルカ説など様々な「正体」が提案されている。

実在の玄奘の旅の過程をつづった伝記『大唐大慈恩寺三蔵法師伝』では、旅の途中に訪れた「流沙」で仏教の守護神である深沙大将が現れたというエピソードがあり、この深沙大将こそが沙悟浄の最初のモデルといえる。

なお、玄奘が深沙大将と出会った「流沙」とはタクラマカン砂漠の別名なのだが、流沙という字に共にさんずい編がついていることから後世の人たちから「流沙とは昔にあった大河の名前で、深沙大将とはその川のヌシのこと」となぜか勘違いされてしまい、それをモデルとした沙悟浄は「流沙河という名前の大河に住む水の妖怪」となった。


因みに百回本では体色から「竈(かまど)の神様」に間違われるというネタが多く、これもモデルの一つになっているのかも知れない。


尚、上記でも記している沙悟浄の罪については、孫悟空や猪八戒と違い明らかな過失であるのだが、彼が受けた罰が余りにも不釣り合いな程に凄惨ではある。沙悟浄が追放された時期は不明ではあるが、仮に追放されてから数百年単位の時間が経過していたとしたら、彼は観音菩薩に出会うまでに数万回も脇腹を刺されていたというあんまりな計算になる。


また、中島敦は常に地味キャラとして描写される沙悟浄の視点から西遊記を描いた悟浄歎異」「悟浄出世を執筆している。しかし、その一方で地味キャラ故にアレンジが出来やすいという強みもあり、日本での翻案作品では様々なキャラクター描写がなされている。ちなみに、日本での「沙悟浄=長身痩躯」のイメージ堺正章主演のドラマ版岸部シローが演じた影響も少なからずある(例えばイケメン4人の珍道中で知られる『最遊記』では先述した通りの赤毛の長身であるし、『ジャングルの王者ターちゃん』では色黒の巨漢であるアナベベターちゃんが「さしずめ沙悟浄」と茶化しているなど、チビデブというステレオタイプなイメージが先行しがちな悟空・八戒に比べて統一感はあまりない)。

香取慎吾版のドラマでは内村光良が演じ、こちらではを使用している。


武器の降妖杖は、古来から挿画においては鏟(サン)(農業用スコップが原形の実在する武器)として描かれている。さらに言うと、悟浄のものは「月牙」と呼ばれる三日月型の刃の付いた「月牙鏟」と呼ばれるものに相当する。鏟は本来、禅僧が遊行に際して護身用や遺体の埋葬に持ち歩くもので、仏門に入った悟浄のために誂えた武器とも言える。

……が、百回本の文中において、沙悟浄が用いる武器の両端にそのような突起物があるという描写は存在しておらず、ただ前述された通りの宝飾があるとされるのみである。また「月牙鏟」と明確に記述された武器を、道中で遭遇する妖魔(九頭駙馬)が扱っており、西遊記の作者が「宝杖=月牙鏟」と認識していたとは考えづらい。

現代の中国でも「沙悟浄の武器といえば月牙鏟」のイメージは一般的ではあるものの、本来の武器のイメージとは異なっている点は留意されたし。


沙悟浄をモデル・由来とする主なキャラクター


パロディでの演者


関連タグ

孫悟空 猪八戒 三蔵法師

西遊記

関連記事

親記事

三蔵一行 さんぞういっこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1053509

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました