ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

単に「三清」とも呼ばれ、彼らが住まう三つの至高の天界のことも指す。
彼らが祭られた道教寺院を「三清殿」という。

世界の始原より存在する上仙であり、「無」より生じた「一」がさらに混洞太無元、赤混太無元、冥寂玄通元の三つに分かれた。
これらは「三元」と呼ばれ、それぞれから天宝君(元始天尊)、霊宝君(霊宝天尊)、神宝君(太上老君)が化生した、とされる。

中国江西省に聳える「三清山」三清が座すかのような峻厳な景観から名付けられた。
道教の霊山であり「三清宫」をはじめとする道教関連史跡も存在する。

メンバー

太清境大赤天の主:道徳天尊(太上老君)
上清境禹余天の主:霊宝天尊(太上道君)
玉清境清微天の主:元始天尊

『九天生神章経』では三者は一体であるとも説かれる。

三清と三洞

『雲笈七籤』では道教経典を「三洞三十六部」と「四輔」に分類しており、このうち「三洞」とは「洞真」「洞玄」「洞神」の総称である。

洞真に分類される経典は「大乗」とも呼ばれ、元始天尊の教説とされる。
洞玄に分類される経典は「中乗」とも呼ばれ、霊宝天尊の教説とされる。
洞神に分類される経典は「小乗」とも呼ばれ、太上老君の教説とされる。

封神演義では

神怪小説『封神演義封神演义)』には元始天尊と太上老君が登場するが霊宝天尊(太上道君)は出てこない。元始天尊と太上老君は本作オリジナル仙人「鴻鈞道人(こうきんどうじん)」の弟子ということになっている。
通天教主(こちらもオリキャラ)も鴻鈞道人の弟子であるためか、登場しない霊宝天尊に当てはめる解釈が存在する。

概要の通り、三清は世界の始原から有る最高存在であり、彼らに師匠がいる、という設定はかなり無理がある。

関連タグ

トリムールティ

関連記事

親記事

道教 どうきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三清道祖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント