ピクシブ百科事典

七爺八爺

しちじいはちじい

 道教の神。地獄の神、城皇公に仕え、警察の様な役回りの八家将に所属している。 背が高く舌を出している方が七爺。背が低く肌が黒い方が八爺。
目次[非表示]

概要

台湾中国の道教の地獄の神。地獄の警察の様な役処の官僚、城皇公(城隍公)に仕えている。
中国語読みで七爺(ちぃいぇ)八爺(ぱぁいぇ)。台湾語読みで七爺(ちーや)八爺(ぺーや)。
二人はよく七爺八爺]とセットで民衆から呼ばれている。

 彼らは元人間だったのか、生前の逸話がいくつかある。
兄弟の契りを交わす程の仲だったそうだが、ある悲劇が起き二人は死亡。
その後、一般的には地獄の神が二人の悲劇に胸を打たれ、二人を地獄の鬼差(地獄の役職)とした。

 彼ら二人の神像は死んだ時の見た目を再現していると言われる。
七爺骨と皮の様にやせ細っている。舌が出ている。
死因:首吊りだと言われている。
八爺皮膚が黒い。歯を剥きだしている。目を見開いている、あるいは出ている。
死因:溺死、あるいは服毒。

※「七爺・八爺」とは、"獄卒十代陰師"の中の七番手、八番手という意味で「爺」は敬称。
また、別に七爺を「謝将軍」、八爺を「范将軍」と呼ぶ「将軍」も同じく、尊重尊敬、恐れからくる敬称の意味。立場は「鬼差、獄卒」。
※七爺の名、「謝必安」=感"謝"をすれば"必"ず"安"泰 八爺の名「范無救」="犯"せば"救"いは"無"い(中華では"范"は"犯"と同音)。「"範"無救」と書くことも…。
※台湾迪化街霞海城隍廟では七爺八爺の生誕日を
謝将軍(七爺)…陰暦十月一日
范将軍(八爺)…陰暦五月十八日…としている
※中華文化圏では、亡者は死因のままの姿でいる、という概念である。
笑い死にした亡者は成仏出来るまで、笑顔のまま…といった具合。
台湾辺りでは 七爺は、縊死故に筋肉弛緩のため舌を垂らし蒼白の顔色。八爺は、溺死故に顔が鬱血し黒く歯を剥きだしている。と、言伝えられている。
※また、獄卒の役に就いても、特別な優遇がある訳ではない、と、古書にはある。
寒さ、餓え、渇きの中、悪霊を引っ立てなければならず、素直に捕まる悪霊だけとは限らず難儀をする事もあるそう。確保できない場合は、それなりの処罰もある…地獄はやはり、獄卒にも地獄であると、古書に残る。


歴史

確かな文献が無い、あるいは見つかっていない。主に口伝で伝わっておりその為、彼らの由来には様々な説がある。詳しくは省くが、いくつかを紹介します。

  • 二人は唐時代の将軍で安禄山の変で死亡。
  • 二人は明時代の公務員。罪人を追う際、落ち合う場所で八爺が死亡。七爺、自責の念で首吊り自殺。
  • 二人は福建省の人。橋の下で雨宿り。八爺溺死。七爺、自責と義兄弟の約束で後追い首吊り自殺。
  • 罪人の七爺。老いた母に会うため必ず牢に戻ると脱獄。それを信じ、助けた看守の八爺。しかし戻らず、自責の念で服毒。しばらくし、戻ってきた七爺がそれを発見し、首吊り自殺。
  • 二人は…以下略

※所謂、民間信仰(民間伝承)のため中華文化圏では、地方によって様々な伝承があり、一定していない。
「神」というよりは、飽くまでも「獄卒」…現世利益の信仰対象としては「神」として拝まれる。
「無常」とは本来、佛教の概念であるが道教の獄卒として…しかし、佛教の絵解きの中にも度々登場する。民間信仰のため、佛・道教は信仰者の都合上で混じりあったりする。
中華文化圏全体では、白無常鬼、黒無常鬼という、七爺八爺という概念はない。
背丈は同じで両者とも舌をだしていたりいなかったり、黒無常鬼が舌を出していたり。歩行は飛び跳ねる…死後硬直のため…という、二卒は行動を共にするとは限らない。
主に、中華文化圏の南方ではキャラクター性が豊富である。
特に四川省鄷都辺りでは、無常戯という芝居もあり、白無常鬼(七爺)の妻、子供まで登場し滑稽芝居を演じる。
また、浙江省紹興の"紹劇"、福建省泉州の"打城戲"にも《目連救母・跳無常》という芝居があり白無常鬼と奥方等が登場して一幕を演じる。
古書には、白無常鬼(七爺)の様子も細かく記載され残っている。
…身の丈一丈細身の体、高い帽子を被る。白い衣を着、腰には縄紐を締めている。足には麻靴を履く。八の字眉、ニンニク鼻、鮮血色の舌を出している。
…それに対し、黒無常鬼(八爺)の記録は極々少なく、無私、無情、魂を引っ立てる…と、だけである。


文化

二人は悪い魂等を地獄へ捕縛すると言われており、よく厄除けとしての信仰や、その祭りのメインとなる神様の前を歩き、道を開く(払う、清める)役割など、様々な祭りで見かけることがある。
 台湾のある祭りでは、人が大きな七爺八爺の神像の中に入り、街を練り歩く。首には色々なご利益があるお菓子をぶら下げている。子供に食べさせた方がいいが、たいていの子供は泣き叫びそれどころではない。

※特に白無常鬼(七爺)は、台湾、東南アジアでは「横財神」…所謂、宝くじ、賭博など泡銭を与えてくれるとして信仰もある。
特に東南アジアでは、熱心に信仰する信者も多い。タバコが好き、と信じられており供える人も多い。
被る帽子にも「見吾生財」(我に会うと金運が開く)などと、書いてある。
夢の中で会った時には、怖がらずに睨めっこをすると、面白がって遊び出す。喜んで懐から金塊を出して与えてくれる…石ころを足下に投げて遊ぶと、金塊を投げて返してくれる…などなど。
後日、宝くじや賭け事に当たる、とある。
但し、願いが叶った後…獄卒だけに「代償、見返り」も相当な事が起こるとか。
一方、黒無常鬼(八爺)は…「見吾死哉」…読んで字の如く。

白無常鬼(七爺)は「口寄せ」も多く道士ではなく、童乩などが白無常鬼(七爺)を自分に降ろし、駆邪もしてくれる、が…金運を訊きにくる信者がほとんどだそう。

また、四川省鄷都では違った概念で信仰される、古来より四川省鄷都は地獄の玄関いう概念があり、地獄の神々、獄卒を特別に祀り、儀式、祭事も行われる。
多く地域では黒白無常(七爺八爺)は、閻魔王、城隍公の側に侍る獄卒の一員だが、鄷都では「無常廟」があり、特別に祀られ線香、供物が供えられている。


その他の呼称

謝将軍、范将軍、謝范将軍、大爺二爺、長爺短爺、高爺矮爺、白無常黒無常、黒(黑)白無常

関連タグ

台湾 Taiwan アジア 中国 中華民国 道教  地獄 白無常黒無常 黑白無常 謝必安 范無救 八家将八家將



その他

補足ありがとうございます!

pixivに投稿された作品 pixivで「七爺八爺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25868

コメント