ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スーパーヒーロー戦記

すーぱーひーろーせんき

2021年7月22日公開の映画。仮面ライダーシリーズ生誕50周年とスーパー戦隊シリーズ通算45作目を記念した作品。
目次 [非表示]

仮面ライダー旧1号


スーパー戦隊シリーズ35作


全てに驚きを。新たな幕開け!


スーパーヒーロー誕生の秘密が、今明かされる!


それでも、人を救いたい。


全界ゼンカイ!


ヒーロー一筋、半世紀!!


時代が望む限り、ヒーローは必ず現れる!

概要

2021年7月22日公開の映画

正式タイトルは『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』

仮面ライダーセイバー』と『機界戦隊ゼンカイジャー』をメインとしたクロスオーバー作品。

また、仮面ライダーシリーズ生誕50周年&スーパー戦隊シリーズ通算45作目を迎えたことを記念した作品で、仮面ライダースーパー戦隊が劇場版で共演するのは『超スーパーヒーロー大戦』以来4年ぶりとなる。


脚本は『セイバー』でサブライターを務める毛利亘宏、監督は『ゼンカイジャー』でローテーション監督として参加している田崎竜太が担当。


主題歌は東京スカパラダイスオーケストラ演奏、大森はじめ歌唱の「SPARK」。


テレビでは公開日が間近になったのを記念して、コラボ回が18日に放送されている。


事前告知のなかった『劇場版 仮面ライダーリバイス』がサプライズ同時上映された。


元々は毎年恒例の夏映画として2本立てで公開しているが、セイバーとゼンカイジャーの映画は既に公開済みとなっている。なお、昨年の映画ではできなかった『ゼロワン』と『セイバー』のコラボが今作によって無念を晴らす形での実現となった。


時系列

セイバー、ゼンカイジャー共に明確な時系列は示されていないものの、セイバー側は、飛羽真が刃王剣十聖刃を所持している蓮や神代兄妹がノーザンベースに揃っている等の条件から、最終章よりも後であると思われる。ただし、公開時期もしくは撮影時期の都合でソフィアは仮面ライダーカリバーに変身しない。ゼンカイジャー側は、第20カイ!の描写から、その直後である可能性が高い。


あらすじ

サウザンベースの遥か上空、宇宙の衛星軌道上に存在する禁断の地・アガスティアベース

そこにある、世界そのものを揺るがす危険な禁書が解放される事件が発生。


それにより飛羽真、芽依、ユーリがゼンカイジャーの世界に、介人、ガオーン、マジーヌ、ブルーン、セッちゃんがセイバーの世界に、それぞれ飛ばされてしまうと言う異変が起きる。


ソフィアによると、禁書が解放された事で現実と物語の境界が曖昧になってしまい、このままでは現実世界が崩壊しかねない事態に陥ってしまうと言う。


果たして、禁書を開放した最大の敵の真の目的とは一体…?


そして…


彼らは立ち上がる。

全ては、この日のために――

仮面ライダーセイバー+機界戦隊ゼンカイジャー


登場人物

仮面ライダーシリーズ

仮面ライダーセイバー』より


仮面ライダーゼロワン』より


仮面ライダージオウ』より


仮面ライダー電王』より


仮面ライダーオーズ』より


仮面ライダー』より


仮面ライダーリバイス』より


スーパー戦隊シリーズ

機界戦隊ゼンカイジャー』より


侍戦隊シンケンジャー』より


魔進戦隊キラメイジャー』より


宇宙戦隊キュウレンジャー』より


特捜戦隊デカレンジャー』より


秘密戦隊ゴレンジャー』より


ゲストキャラクター


レジェンドヒーロー

仮面ライダー

昭和ライダー決め台詞
本郷猛/仮面ライダー1号(旧1号)…演:藤岡弘、-
仮面ライダー2号「お見せしよう!仮面ライダー」
仮面ライダーV3「V3パンチ!」
ライダーマン「仮面ライダー4号だ!」
仮面ライダーX無し
仮面ライダーアマゾン掛け声のみ
仮面ライダーストロンガー「ストロンガー!」
スカイライダー「セイリングジャンプ!」
仮面ライダースーパー1「パワーハンド!」
仮面ライダーZX「ゼクロス!」
仮面ライダーBLACK「ライダーチョップ!」
仮面ライダーBLACK RX「リボルケイン!」
仮面ライダーシン無し
仮面ライダーZO「仮面ライダーZO!」
仮面ライダーJ「Jパワー!」
平成ライダー決め台詞
仮面ライダークウガ掛け声のみ
仮面ライダーアギト「皆の居場所は、俺が守る!」
仮面ライダー龍騎「ソードベントだ!」
仮面ライダー龍騎サバイブ※1-
仮面ライダーファイズ「夢を守る事は出来る!」
仮面ライダーブレイド「ウェーイ!」
仮面ライダー響鬼「鍛えてますから!」
仮面ライダーカブト「お婆ちゃんが言っていた…悪の栄えたためしは無い」
仮面ライダーカブト ライダーフォーム※1-
モモタロス/仮面ライダー電王(ソードフォーム)…CV:関俊彦(※2)-
仮面ライダーキバ「行くよ、キバット!」キバット「よっしゃあ!キバって行くぜ!」(※3)
仮面ライダーディケイド「大体分かった」
仮面ライダーW「さぁ、お前の罪を数えろ!」
仮面ライダーオーズ「セイヤー!」
仮面ライダーフォーゼ「宇宙キター!」
仮面ライダーウィザードウィザードライバーの音声のみ
仮面ライダー鎧武「ここからは俺達のステージだ!」
仮面ライダードライブ「ベルトさん、タイヤ交換だ!」
仮面ライダーゴースト「命燃やすぜ!」
仮面ライダーゴースト グレイトフル魂※1-
仮面ライダーエグゼイド「ノーコンティニューで、クリアしてやるぜ!」
仮面ライダービルド「ベストマッチだ!」
仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム※1-
常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ/仮面ライダーグランドジオウ…演:奥野壮(※2)-
オーマジオウ…CV:小山力也割愛
令和ライダー決め台詞
飛電或人/仮面ライダーゼロワン…演:高橋文哉(※4)-

スーパー戦隊

昭和戦隊決め台詞
アカレンジャー…CV:誠直也-
スペードエース「唸って踊る、核のムチ!」
バトルジャパン「フィーバー!、バトルジャパン!」
デンジレッド「デンジパンチ!」
バルイーグル「飛羽返し!」
ゴーグルレッド「ゴーグルゴー!」
ダイナレッド「ダイナレッド!」
レッドワン「見たか!バイオ粒子の力!」
チェンジドラゴン「地球守備隊だ!」
レッドフラッシュ「プリズム聖剣!」
レッドマスク「オーラパワー!」
レッドファルコン「ファルコンソード!」
平成戦隊決め台詞
レッドターボ「レッドターボ!」
ファイブレッド「これが兄弟の絆だ!」
レッドホーク「バードニックウェーブ!」
ティラノレンジャー「龍撃剣!」
リュウレンジャー「天火星・亮!」
ニンジャレッドニンジャレッド、サスケ!
オーレッド「オーレッ!オーレッド!」
レッドレーサー「戦う交通安全!」
メガレッド「100万倍の好奇心」
ギンガレッド「炎のたてがみ!」
ゴーレッド「人の命は地球の未来!」
タイムレッド「時間保護法違反だ!」
ガオレッド「邪気退散!」
ハリケンレッド「疾風流忍法!」
アバレッド「ダイノガッツ!」
デカレッド「エマージェンシー!」
ドギー・クルーガー/デカマスター…CV:稲田徹(※4)-
マジレッドジー・マジカ!
ボウケンレッド「熱き冒険者!ボウケンレッド!」
ゲキレッド「ニキニキだ!」
ゴーオンレッド「マッハ全開だぜ!」(※5)
シンケンレッド「天下御免の侍戦隊!」
谷千明/シンケングリーン…演:鈴木勝吾(※4)-
ゴセイレッド「スカイックパワー!」
ゴーカイレッド「派手に行くぜ!」
レッドバスター「バスターズレディーゴー!!」
キョウリュウレッド「荒れるぜ!止めてみな!」
トッキュウ1号「出発進行!」
アカニンジャー「忍ぶ所か、暴れるぜ!」
ジュウオウイーグル「この星を、舐めるなよ!」
シシレッド「よっしゃラッキー!」
ラプター283/ワシピンク…CV:M・A・O(※4)-
ショウ・ロンポー/リュウコマンダー…CV:神谷浩史(※4)-
ルパンレッド「アデュー♪」
パトレン1号「国際警察だ!」
リュウソウレッド「勇猛の騎士!」
令和戦隊決め台詞
キラメイレッド「キラメイソード!」
押切時雨/キラメイブルー…演:水石亜飛夢(※3)-

ライダー・戦隊共に太字の人物が本作のイラストにてピックアップされているキャラクターである。

※1:個別形態が仮面ライダーグランドジオウの召喚で登場。

※2:『西遊記』の世界に登場し、ゼンカイザー・ブレイズと共闘する。

※3:ノンクレジットだが、「システムボイス」以外の「キャラクター」としては唯一のオリジナルキャストのライブラリ

※4:『里見八犬伝』の世界に登場し、セイバー・ジュランと共闘する。セイバーに合わせた「剣を使用する戦士」とジュランに合わせた「声優が演じたキャラ」で統一されている。

※5:何故か炎神バスオンの声。


ヒーロー以外の登場人物

仮面ライダー電王』より


  • オーナー…演:石丸謙二郎
    • 今回は本当に1登場人物としての出番であり、珍しく客演で多かったメタ発言も一切無い。

仮面ライダーオーズ/OOO』より


その他





闇の勢力


※アスモデウスの配下の怪人はアスモデウスの項目を参照


劇場版限定フォーム

スーパーヒーロー戦記

SABER: SUPER HERO SENKI

スーパーヒーロー戦記ワンダーライドブックで変身した、仮面ライダーセイバーの新たな形態。


余談

  • 『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』の共演は本来は春に公開される事が恒例だった事により、現行の追加戦士変身後の姿のみの簡単な先行登場だけに留まるか、そもそも出番が無かったりした為、本作が初めて追加戦士が変身前の状態でも物語に関わる作品である。

小ネタ

戦士の組み合わせ

  • 現行ヒーローと戦うレジェンドヒーローの組み合わせは何かしらの繋がりがある事が多い。
  • セイバー
    • リュウソウレッド、龍騎、アギト、チェンジドラゴンと共闘。
    • ドラゴン/竜繋がり。全員武装に剣を持っている繋がりもある。

  • 1号、V3、クウガ、ゼロワン
    • それぞれの時代を象徴するレジェンド繋がり。

  • ブレイズ&ガオーン
    • アマゾン、ギンガレッド、ガオレッドの3人と共闘。
    • 動物がモチーフ繋がり。ガオーンの元ネタがガオキングである繋がりも。アマゾン以外は全てライオンモチーフである。

  • 剣斬
    • ZX、アカニンジャー、ハリケンレッド、ニンジャレッドの4人と共闘。
    • 忍者がモチーフ。尚、元ネタが同じニンジャレッドと一緒に登場している。

  • エスパーダ
    • ストロンガー、デンジレッド、ビルド、レッドワンの4人と共闘。
    • 雷の剣士なので「電気」や「電子」に纏わる戦士が多い(ビルドも電気を使うフォームがある)。

  • サーベラ
    • レッドレーサー、ゴーオンレッド、ドライブと共闘。
    • 高速移動が可能なヒーロー繋がりだと思われる。また、サーベラ以外の全員が高速移動を披露している。

  • スラッシュ
    • ブレイド、鎧武、シンケンレッド、バルイーグルの4人と共闘。
    • 刀鍛冶なので、日本刀や剣を扱う戦士が揃っているのが特徴。

  • ジュラン
    • ティラノレンジャー、アバレッド、キョウリュウレッド、オーズの4人と共闘。
    • 恐竜の力を使う戦士繋がり。

  • バスター
    • レッドマスク、BLACK、リュウレンジャー、ゲキレッドと共闘。
    • 恐らくモチーフの玄武が中国由来なので、そこからの連想で武術使いが集められていると思われる。BLACKは"玄"とスーツアクター繋がりだろう。

  • デュランダル
    • タイムレッド、ファイズ、カブト、メガレッドと共闘。
    • 空間や時間に関係するヒーローが多いのはデュランダルが使う時国剣界時の能力からの繋がりだと思われる。

  • ブルーン
    • BLACKRX、レッドターボ、ボウケンレッド、仮面ライダーWと共闘。
    • 戦力に特殊車両を所持しているヒーロー(ブルーンは乗り物系がコンセプトなので)。ブルーンの元ネタがダイボウケンである繋がりもある。

  • マジーヌ
    • ゴースト、ゴセイレッド、ウィザード、マジレッドの4人と共闘。
    • 魔術・オカルト系繋がりだと思われる他、マジーヌの元ネタがマジキングであると言う繋がりもある。因みに、この組み合わせと上記のサーベラのチームのみ全員がしっかり能力を使用している。


  • ゼンカイザー/ツーカイザー
    • アカレンジャー、スペードエース、レッドバスターと共闘。
    • ゼンカイザーがアカレンジャーを元ネタにしている為。
    • レッドバスターとスペードエースはゼンカイ組と直接的な接点は無い(この2人に限って言えば、「エース」と言う繋がりはあるが)。

因みにこの3人は、ゼンリョクゼンカイキャノンの属性の1つである「正義のシークレットパワー」にカテゴライズされている。

    • 残念ながらツーカイザーとゴーカイレッドの共闘は無く、ゴーカイレッドはディケイド、ジオウ、ルパンレッドと言ったレジェンドヒーローに所縁のあるヒーロー達と共闘している(ルパンレッドのみ繋がりが分かりにくいが、キーアイテムのルパンコレクションがレジェンド戦隊の玩具やプロップの流用品である)。

決め台詞

登場ヒーローは各々が戦闘中に決め台詞を発するが、『平成ジェネレーションズForever』と同様にあくまで作品の「象徴」としての登場の為か、違和感無く普通にしっくり来る物もあれば、明らかに使い所を間違っていたりする物もあるので結構ツッコミ所満載である。

以下は特にツッコミ所満載の物を掲載する。


  • 本当は変身口上系
    • 「お見せしよう!仮面ライダー(仮面ライダー2号)」、「エマージェンシー!(デカレッド)」、「フィーバー!(バトルジャパン)」
  • 技名ですらない系
    • 「ダイノガッツ!(アバレッド)」、「オーラパワー!(レッドマスク)」、「バードニックウェーブ!(レッドホーク)」、「スカイックパワー!(ゴセイレッド)」、「Jパワー!(仮面ライダーJ)」(※あくまで力の源である)
  • 使い所が間違ってる系
    • 「ベルトさん、タイヤ交換だ!(仮面ライダードライブ)」(してません)、「ベストマッチだ!(仮面ライダービルド)」(それに応える様にベルトも反応)、「よっしゃラッキー!(シシレッド)」、「これが兄弟の絆だ!(ファイブレッド)」、「鍛えてますから(仮面ライダー響鬼)」、「仮面ライダー4号だ!(ライダーマン)」、「夢を守る事は出来る!(仮面ライダーファイズ)」
    • 「人の命は地球の未来!(ゴーレッド)」、「天下御免の侍戦隊!(シンケンレッド)」、「戦う交通安全!(レッドレーサー)」(※本来は戦隊を表すキャッチフレーズ)
    • 「邪気退散!(ガオレッド)」(※敵にトドメを刺した際の決め台詞)
  • 組織の名前名乗ってる系
    • 「地球守備隊だ!(チェンジドラゴン)」、「国際警察だ!(パトレン1号)」:自分の名前を名乗らなかった理由は不明。
  • 技名と行動が一致していない系
    • 「パワーハンド!(仮面ライダースーパー1)」(※スーパーハンドです)、「ファルコンソード!(レッドファルコン)」(※ファルコンセイバーです)、「疾風流忍法!(ハリケンレッド)」(※本来は超忍法が正しい。疾風流剣技なら言ったことはあるが…)、「炎のたてがみ!(ギンガレッド)」(※使ってません)

  • 本編で言ってない系
    • 「ソードベントだ!(仮面ライダー龍騎)」、「100万倍の好奇心(メガレッド)」(※OPのフレーズです)、「時間保護法違反だ!(タイムレッド)」(※「お前達、時間保護法違反により逮捕する!」が正解)、「仮面ライダーZO!(仮面ライダーZO)」(※名乗ったのは本編ではなく、仮面ライダーワールドと言う作品)

その他

  • 上記の戦闘シーンでは、仮面ライダーシンは一切の出番が無く、これはスーツの劣化によりアクションが不可能だった為である。全員集合時のシーンでのみ、マネキンにスーツを着せる形で登場している。

関連動画

  • 特報



  • 特典付き前売券 告知映像(セイバー編)



  • 特典付き前売券 告知映像(ゼンカイジャー編)



  • 特別映像①



  • 本予告



  • 特別映像②



  • 特別映像③



  • 特別映像④



  • 特別映像⑤



  • 特別映像⑥



  • 特別映像⑦



副音声

8月7日より配信の副音声ボイスドラマと副音声コメンタリー。


映像ソフト化

2021年12月1日よりDVD&Blurayでリリース。

『スーパーヒーロー戦記』と『劇場版 仮面ライダーリバイス』がセットで発売予定。

同年11月16日放送の『有吉クイズSP』に石ノ森章太郎役の鈴木福が宣伝として出演した。



関連タグ

スーパーヒーロー大戦シリーズ クロスオーバー

劇場版仮面ライダー スーパー戦隊映画

アニバーサリー 仮面ライダー50周年 スーパー戦隊45作品

仮面ライダーセイバー 機界戦隊ゼンカイジャー

アガスティアベース 禁書(スーパーヒーロー戦記)


佐武と市捕物控石ノ森作品のひとつ。ノンクレジットだが、群衆に紛れ佐武と市の二人がカメオ出演している(副音声によれば監督の遊び心との事)。


仮面ライダー映画関連タグ

REAL×TIME/不死鳥の剣士と破滅の本スーパーヒーロー戦記/劇場版 仮面ライダーリバイスビヨンド・ジェネレーションズ


スーパー戦隊映画関連タグ

メモリー・オブ・ソウルメイツ/ビー・バップ・ドリーム/赤い戦い!オール戦隊大集会!!スーパーヒーロー戦記新初恋ヒーロー

関連記事

親記事

スーパーヒーロー大戦シリーズ すーぱーひーろーたいせんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 478428

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました