ピクシブ百科事典

ビルドドライバー

びるどどらいばー

特撮ドラマ『仮面ライダービルド』に登場する変身ベルト。
目次[非表示]

cv:小林克也

ベストマッチ!

概要

仮面ライダービルドおよび仮面ライダークローズ、そして仮面ライダーグリスブリザードが使用する変身ベルト

当初ビルドドライバーは1つだけだったので、第11話では万丈戦兎のベルトを使って変身したが、第12話で戦兎が万丈用の2台目を用意し、それ以降の二人はそれぞれ自分のベルトを使って変身している。
第43話で登場した葛城忍の所持しているプロトタイプを含めると、現在4台が存在している。
ただし内1台は未完成の試作品で、変身しようとするとボトルの内部の成分が抜けてしまうという欠陥があり、事実上変身ベルトとして機能しておらず、むしろ葛城巧を嵌める罠として利用されてしまった。
忍のプロトタイプは第46話で葛城忍の死後、秘密基地にしまっていたが猿渡一海が秘密基地から持ち出してしまい仮面ライダーグリスブリザードに変身用として使用しているため所持している。

機能

振ることで刺激を与え成分を活性化させた2つのフルボトルを装填し、右側にあるレバーを回転させることでビルドへと変身できる(フォームの中には所謂「武器腕」も存在するが、ボトル・レバーの操作に差し障るような描写は無い)。
ビルドの変身時や必殺技時に数式を実体化させる機能もあり、思考整理や必殺技時の敵の拘束にも利用する。

装着していなければビルドドライバーは装填したボトルのベストマッチ判別機としても使用可能。この機能は当初からビルドドライバーに搭載されていた機能ではなく後から戦兎の手で加えられた機能であることが第3話で明らかになった。実際第13話の回想でビルドドライバーを使って戦兎が初変身した際にはベストマッチ音声が出ていない事が確認出来る。また、葛城忍が製作したビルドドライバーには当然ベストマッチ機能は搭載されていない為、第43話で葛城忍がビルドドライバーを使い変身した際にはベストマッチ音声は出てこなかった。

ドライバー本体のボルテックチャージャー付近には機能拡張スロットが設けられている。

音声

(動物・職業のフルボトル名)! (無機物のフルボトル名)! 【(ベストマッチの場合)ベストマッチ!】 Are you ready?」までは共通。
ベストマッチでの変身時はその後フォームごとの専用音声が流れ、トライアルフォーム(亜種形態)への変身時は共通の音楽が流れる。

開発者

本来の開発者は悪魔の科学者こと葛城巧。プロジェクト・ビルドの一環、で開発された。
後にファウストに誘拐された美空を救出する際、惣一がフルボトル・パンドラパネルと共に奪い、戦兎に託されることとなる。
相性のいいフルボトル同士を装填した場合のベストマッチ判別機能は戦兎が開発・搭載した。

変身するにはハザードレベル3(ネビュラガスを注入されながらもスマッシュに変貌しない人間)以上の素質が必要になる。

終盤になると巧の父である葛城忍が設計・立案したことが明らかとなる。
それを形にしたのが息子の巧であった。

玩具版

『変身ベルト DXビルドドライバー』が2017年9月2日に発売。ラビットとタンクのフルボトルが付属。
音声はベルト側に搭載されているため平成二期恒例の黙ると死ぬベルトタイプ。

食玩『ラクラクモデラー』シリーズの第一弾、第三弾にラインナップ。同シリーズのフルボトルホルダーに付属しているフルボトルを装填することが可能だが、装填方法が異なる。

ビルドドライバーの音声を担当する小林克也は、本職は声優ではなくラジオDJ(ただし、最近は役者タレントとしての活動も多くなってきている)。76歳の現在も現役バリバリで活動を続けており、特に洋楽のヒットチャートを専門に扱う番組「小林克也 Best Hit USA」は多くのリスナーを持つ、小林の人気番組となっている。他にも割と色々な場所で彼の声を耳にする機会は多いため、視聴者の中には、声を聴いた瞬間、ピンときたという方もいたかもしれない。

DXビルドドライバーのフルボトルを装填するスロットには、ヤクルトボトルシーズニングボトルアストロスイッチウルトラカプセルもベストマッチするので、Twitterではその点がネタにされている。

関連タグ

変身ベルト 平成ライダー
ビルド(仮面ライダー) フルボトル

仮面ライダーG:ベルト自体に決まった名称は無いがこちらは『ボトルの栓を開ける』タイプ。
オーズドライバー:コアメダルの組み合わせでコンボと亜種形態というフォームとなる。組み合わせによって音声が分けられるタイプのベルト。
ゲネシスドライバー:ジューサーがモチーフでこちらはエナジーロックシードから『エネルギーを搾り出して変身』するタイプのベルト。
ダブルドライバー:能力が異なるガイアメモリをスロットに装填することで変身可能のベルト。
戦極ドライバー:機能拡張用スロットが組み込まれているベルト。

関連リンク

ヤクルトを入れた場合
調味料の瓶を入れた場合 その1 その2
アストロスイッチを入れた場合 その1 その2 その3
ウルトラカプセルを入れた場合

音声演出(ネタバレ注意)

変身前に発される「Are you ready?」の音声は、劇中で何度か単なる音声を超え戦兎に対する覚悟の問いかけの演出として使われることがある。
代表的なのは第16話での戦兎がアイデンティティを取り戻し立ち上がるシーンと、第21話でのスタークとの特訓前。前者は「過去を背負う覚悟はあるか」、後者は「人を殺す覚悟はあったのか」という意味で受け取ることができる。

第46話では猿渡一海の「命を懸ける覚悟」への問いかけとして使われており、それに応える形となっている。

一方、映画『Be_The_One』では戦兎がクローズビルド缶を使用する際にスナップビルダーの展開に巻き込まれて困惑する龍我が「ダメです!」と喚くのを無視してそのまま変身する、といったどこかコミカルな演出がされた。

原型

ビルドドライバーの原型としてエボルドライバーが存在する他、回想シーンにてビルドドライバーの試作品が登場。見た目は同一だが、試作品故の不具合で装填したボトルの成分が消失するかのような描写がなされていた。
その後、葛城忍がビルドドライバーのプロトタイプを用いて「もう一人のビルド」へ変身している。(なお、これは戦兎の所持している物の原型に当たる。)

pixivに投稿された作品 pixivで「ビルドドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143336

コメント