ピクシブ百科事典

ビルドドライバー

びるどどらいばー

特撮ドラマ『仮面ライダービルド』に登場する変身ベルト。
目次[非表示]

声:小林克也

ベストマッチ!
ウェイクアップドラゴン!

概要

仮面ライダービルドおよび仮面ライダークローズ専用の変身ベルト
当初、ビルドドライバーは1つしかなかったため、11話の時点では戦兎龍我の2人が共用していたが、12話で戦兎が龍我専用のビルドドライバーを新規に用意したため、龍我が以後それを使うことになった。

ビルドの場合、振って刺激を与え活性化させた2つのフルボトルを装填し、右側にあるレバーを回転させることで変身できる(フォームの中には所謂「武器腕」も存在するが、ボトル・レバーの操作に差し障るような描写は無い)。
クローズの場合、ドラゴンフルボトルをセットしたクローズドラゴンを装填した後、やはり右側にあるレバーを回転させることで変身する。

装着していなければ単なるベストマッチ判別機としても使用可能。
また、ドライバー本体のボルテックチャージャー付近に機能拡張用スロットが一つ設けられているが、現時点では詳細は明かされていない。

変身時の音声はフルボトル装填後の「(動物・職業のフルボトル名)! (無機物のフルボトル名)! 【(ベストマッチの場合)ベストマッチ!】 Are you ready?」までは共通で、
ベストマッチでの変身時はその後「(フォームごとの専用音声)! (フォーム名)! イェーイ!」で統一されていて、トライアルフォーム(亜種形態)への変身時はその後共通の音声が流れる。
クローズの場合、クローズドラゴン装填時に「クローズドラゴン! Are you ready?」という音声が流れ、変身後に「Wake up burning! Get CROSS-Z DRAGON! イェーイ!」となる。

本来の開発者は葛城巧。プロジェクト・ビルドの一環で開発された。
後にファウストに誘拐された美空を救出する際、惣一がフルボトル・パンドラパネルと共に奪い、戦兎に託されることとなる。
相性のいいフルボトル同士を装填した場合のベストマッチ判別機能は戦兎が開発・搭載した。

変身するにはハザードレベル3(ネビュラガスを注入されながらもスマッシュに変貌しない人間)以上の素質が必要になる。

玩具版

『変身ベルト DXビルドドライバー』が2017年9月2日に発売。ラビットとタンクのフルボトルが付属。
音声はベルト側に搭載されているため平成二期恒例の黙ると死ぬベルトタイプ。

食玩『ラクラクモデラー』シリーズの第一弾、第三弾にラインナップ。同シリーズのフルボトルホルダーに付属しているフルボトルを装填することが可能だが、装填方法が異なる。

余談

ビルドドライバーの音声を担当する小林克也は、本職は声優ではなくラジオDJ(ただし、最近は役者タレントとしての活動も多くなってきている)。76歳の現在も現役バリバリで活動を続けており、特に洋楽のヒットチャートを専門に扱う番組「小林克也 Best Hit USA」は多くのリスナーを持つ、小林の人気番組となっている。他にも割と色々な場所で彼の声を耳にする機会は多いため、視聴者の中には、声を聴いた瞬間、ピンときたという方もいたかもしれない。

DXビルドドライバーのフルボトルを装填するスロットには、ヤクルトボトルシーズニングボトルアストロスイッチウルトラカプセルもベストマッチするので、Twitterではその点がネタにされている。

関連タグ

変身ベルト 平成ライダー
ビルド(仮面ライダー) フルボトル

仮面ライダーG:ベルト自体に決まった名称は無いがこちらは『ボトルの栓を開ける』タイプ。
オーズドライバー:コアメダルの組み合わせでコンボと亜種形態というフォームとなる。組み合わせによって音声が分けられるタイプのベルト。
ゲネシスドライバー:ジューサーがモチーフでこちらはエナジーロックシードから『エネルギーを搾り出して変身』するタイプのベルト。
ダブルドライバー:能力が異なるガイアメモリをスロットに装填することで変身可能のベルト。ちなみにガイアメモリをビルドドライバーにセットするとフルボトルとして認識されてしまう。

関連リンク

ヤクルトを入れた場合
調味料の瓶を入れた場合 その1 その2
アストロスイッチを入れた場合 その1 その2 その3
ウルトラカプセルを入れた場合

pixivに投稿された作品 pixivで「ビルドドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24812

コメント