ピクシブ百科事典

葛城巧

かつらぎたくみ

『仮面ライダービルド』の登場人物。
目次[非表示]

演:木山廉彬

概要

故人。万丈龍我が殺害したという事になっている東都先端物質学研究所所属の科学者。

生前は年若くも誰もが認める天才で、かつて火星で発見された謎の物体である“パンドラボックス”を研究する責任者として活躍していたらしい。

その一方で一部の関係者からは何故か“悪魔の科学者”とも呼ばれており、更には彼の事について尋ねるとあからさまに不審がる者達もいるようだがその理由は判然としていない。

その事から、物語の重要な秘密を握っていると思われるが、現在の所その詳細については明かされていない。



第7話にて判明した彼が恐れられる理由は、かつてネビュラガスを使用した人体実験を独断で行うという禁忌を犯したこと。
このことが原因で東都先端物質学研究所を追放されている。

彼が殺害された日、記憶を失う前の戦兎が龍我よりも1時間早く会っていたことから「葛城殺害の真犯人は戦兎ではないか?」との疑惑が発生し、真偽をはっきりさせるに彼の調査をしていくうちに、研究データの中に一部データを実母に預けていたという暗号が発見され、彼の実家がある北都へ向かった戦兎達は、そこで対決したブラッドスタークから更なる真実を知る。

それは葛城巧がファウストの創始者であること。
ブラッドスタークの発言はどこまで本当かは定かではないが、ファウスト誕生に何らかの関わりがある人物だと思われる。

第8話で、彼の残した研究データから「プロジェクト・ビルド」というものが見つかり、映像記録ファイルには防衛システムとしてビルドの性能を解説する彼の姿があった。その映像の中で彼はビルドの名前について「作る、形成するという意味のビルド」と述べたり、映像の終わりを「以後、お見知り置きを。シーユー」で締め括るなど、『エグゼイド』先行登場時のビルドと似た喋り方をしていた。
恋人をファウストのせいで亡くし自身も殺人の冤罪を掛けられている龍我は葛城に対して怒りの感情を向けているが、戦兎は科学を発展させた人物として肯定的に見ている。

本当に死んだのかどうかは現時点では不明で、第9話・第10話にてファウストの手下だった研究員の桑田河合が彼の生存を語っており、河合に関してはブラッドスタークに向かって「葛城巧」と呼んでいた。

第1話冒頭の回想で葛城忍という名前の人物が登場していたが、こちらは彼の父親であると第8話で判明。パンドラボックスの管理責任者だったが、スカイウォールの惨劇が起こったがために、激しいバッシングを受けて自殺してしまったという。

葛城はかなりの甘党だったらしく、第8話で葛城の母が戦兎と龍我に振る舞った卵焼きは龍我が礼儀も忘れて「甘すぎだろ!」と驚く程甘かった。

第13話の中で、ブラッドスターク・ナイトローグへの変身アイテムであるトランスチームシステムを開発し、同時に「仮面ライダーのハザードレベルを上げる最強のライバル」としてブラッドスタークを開発していたことが明かされる。

事件の真実(ネタバレ注意!)











第15話にて、ナイトローグこと氷室幻徳の口から桐生戦兎の正体こそが葛城巧であると明かされた。
また、同話の中でプロジェクト・ビルドの映像中に再び登場し、自身の最高傑作であるスクラッシュゼリーの開発を報告した際には「エクセレント!!」と、武器や道具の開発に成功した戦兎ばりにテンションの高い姿を確認できる。

続く第16話にて、その詳細が語られる。
事件当日、葛城はファウストを離反する意思を見せており、離反後にファウストの実態を世間に公表しようしていたが、それを良しとしないスターク=石動惣一は彼を昏倒させた後、そこへバイトとして呼び寄せていた佐藤太郎を替え玉にするべく刺殺し、自身の能力により二人の顔を入れ替える。そして遅れてやってきた龍我を葛城殺害の犯人に仕立て上げ、葛城本人の記憶を消し去ってからネビュラガスを注入して放逐。その後、偶然を装い惣一の姿で記憶を失った葛城=戦兎との出会いを演じていたのであった。

関連項目

仮面ライダービルド 桐生戦兎
呪博士→悪魔の天才といわれた科学者関連で
葛葉紘汰 城戸真司 乾巧: 名前が歴代ライダーの主人公3人を合わせたものであることが一部で話題になっている(名前の位置から考えると2人目はの可能性もあるが)。偶然なのか、意識したネーミングなのか……? ちなみに、いずれも変身するライダーが別人が変身するシーンがあるという共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「葛城巧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11464

コメント