ピクシブ百科事典

葛城巧

あくまのかがくしゃ

『仮面ライダービルド』の登場人物。
目次[非表示]

「『創る』『形成する』って意味の、ビルドだ。以後、お見知り置きを」

演:木山廉彬

概要

故人。万丈龍我が殺害したという事になっている東都先端物質学研究所所属の科学者。

生前は年若くも誰もが認める天才で、かつて火星で発見された謎の物体である“パンドラボックス”を研究する責任者として活躍していたらしい。

その一方で一部の関係者からは何故か“悪魔の科学者”とも呼ばれており、更には彼の事について尋ねるとあからさまに不審がる者達もいるようだがその理由は判然としていない。
物語の重要な秘密を握っていると思われる。

悪魔の科学者として

彼はかつて、禁忌とされたネビュラガスを人体に注入する人体実験を強行していた
このことが原因で「悪魔の科学者」と呼ばれるようになり、東都先端物質学研究所を追放されたのである。

彼が殺害された日、記憶を失う前の戦兎が龍我よりも1時間早く会っていたことから「葛城殺害の真犯人は戦兎ではないか?」との疑惑が発生し、真偽をはっきりさせるに彼の調査をしていくうちに、研究データの中に一部データを実母に預けていたという暗号が発見され、彼の実家がある北都へ向かった戦兎達は、そこで対決したブラッドスタークから更なる真実を知る。

それは葛城巧がファウストの創始者であること。
ブラッドスタークの発言はどこまで本当かは定かではないが、ファウスト誕生に何らかの関わりがある人物だと思われる。

第8話ラストにて、彼の残した研究データから「プロジェクト・ビルド」というものが見つかる。
続く第9話で再生した映像記録ファイルには防衛システムとしてビルドの性能を解説する彼の姿があった。その映像の中で彼はビルドの名前について「作る、形成するという意味のビルド」と述べたり、映像の終わりを「以後、お見知り置きを。シーユー」で締め括るなど、エグゼイド』先行登場時のビルドと似た喋り方をしていた。

本当に死んだのかどうかはその時点では不明で、第9話・第10話にてファウストの手下だった研究員の桑田河合が彼の生存を語っており、河合に関してはブラッドスタークに向かって「葛城巧」と呼んでいた。

第13話の中で、ブラッドスターク・ナイトローグへの変身アイテムであるトランスチームシステムを開発し、同時に「仮面ライダーのハザードレベルを上げる最強のライバル」としてブラッドスタークを開発していたことが明かされる。
平成ジェネレーションズFINAL』では最上魁星の助手を務めていたことが語られ、設定では彼の開発したカイザーシステムを発展させたものとなっている。

その素顔

第1話冒頭の回想で葛城忍という名前の人物が登場していたが、こちらは彼の父親であると第8話で判明。パンドラボックスの管理責任者だったが、スカイウォールの惨劇が起こったがために、激しいバッシングを受けて自殺してしまったという。
父を尊敬していた葛城は、この事件に大きなショックを受けたようだ。

父を尊敬し、同じ科学者の道に進むなど純粋な人物だが、同時に相当用心深い性格だった様子。
上述の研究データに関しては母親に「信用できないと思われる人間にはブラフを話してやり過ごす」よう頼んでおり、実際に氷室幻徳は見事にそれに引っかかった。
またこの物語の黒幕にあたる人物も葛城が隠したものの在り処だけは把握できず、戦兎を様々な餌で釣ってその隠し場所を当てさせるという方法をとることを強いられている。

ちなみに葛城はかなりの甘党だったらしく、第8話で母・京香が戦兎と龍我に振る舞った卵焼きは龍我が礼儀も忘れて「甘すぎだろ!」と驚く程甘かった。

『平成ジェネレーションズFINAL』では『エグゼイド』においてビルドが見せた一連の不可解な行動の詳細が明らかとなり、そこには葛城のある真意が隠されていた。

『ガンバライジング』では「葛城巧データカード」と呼ばれるプロジェクト・ビルドの研究データを保存したカードが存在する。
『平成ジェネレーションズFINAL』入場者プレゼントやボトルマッチ4弾で手に入り、第9話でもプロジェクト・ビルドの研究データの映像に一部のカードが登場している。
カードにはビルドなどの戦士の設計図が描かれ、裏面にはその戦士に関する「葛城巧の手記」が記載されている。
手記とされている通り、中には個人的な感想や平和を願う思いが詩のように綴られたものもあり、その言葉からはおよそ「悪魔の科学者」とされる彼の姿は意識できないかもしれない。

事件の真実(ネタバレ注意!)











第15話にて、ナイトローグこと氷室幻徳の口から桐生戦兎の正体こそが葛城巧であると明かされた。

続く第16話にて、その詳細が語られる。
事件当日、葛城はファウストを離反する意思を見せており、離反後にファウストの実態を世間に公表しようしていたが、それを良しとしないスターク=石動惣一は彼を昏倒させた後、そこへバイトとして呼び寄せていた佐藤太郎を替え玉にするべく刺殺し、自身の能力により二人の顔を入れ替える。そして遅れてやってきた龍我を葛城殺害の犯人に仕立て上げ、葛城本人の記憶を消し去ってからネビュラガスを注入して放逐。その後、偶然を装い惣一の姿で記憶を失った葛城=戦兎との出会いを演じていたのであった。

しかし、第34話ではこの話にも一部虚偽の内容が含まれていたことが判明
惣一が幻徳に伝えた話では葛城巧がファウストを離反しようとしたことが事件の動機であるかのように語られていたが、実際には、父・忍の研究資料を見た巧が、惣一と龍我の正体がかつて火星の文明を滅ぼしたエボルトであることを知り、2人を抹殺しようと自宅に招き寄せたことが事件の引き金になったのであった。ゴリラモンドに変身しようとするが、彼のドライバーは既にすり替えられていたために変身することができず(試作品のドライバーで変身しようとしたからか、この時にゴリラフルボトルの成分が霧散してしまっている)、手詰まりになった彼に対し諦めて隠されたエボルドライバーを渡すように諭すスタークだったが、当然彼はこれを拒否し昏倒させられた。その後の顛末は第16話で語られたものと同じである。

なお、ビルドに変身できていることからこの時点(戦兎の姿で人体実験を受ける前)で既にビルドドライバーを使用できるハザードレベル3以上になっていたようなのだが(開発者である以上ドライバーの使用条件は当然知っている)、どのような経緯でその能力を身に付けたかは現状は不明。


















そして…(第37話ネタバレ注意!)

クローズマグマグリスローグのトリプルライダーキックを前に、エボルトはその力を利用しようとエボルトリガーを突き出し、3人のライダーキックのエネルギーを吸収する事で遂に完全体に覚醒する。
その際、エボルトの魂が抜けた戦兎を龍我が助け出したが、目覚めた戦兎は…

「戦兎、誰の事だ……?」

「俺は、葛城……葛城巧だ」

彼の中に、桐生戦兎の人格はなくなっていた。
今の彼はエボルトに消されたはずの記憶が蘇り、葛城巧の人格に戻っていたのである。

記憶回復直後の一人称は戦兎と同じく「俺」だったが、その後は基本的に「僕」になっている。

そして長らく不明だった彼の目的・真意は、前項でも述べたとおり父のデータから地球外生命体エボルトの存在と危険性を知り、ライダーシステムを開発しその力でエボルトを倒すことであった。ライダーシステムは防衛システムと葛城が映像の中で言っていたが、それは"地球外生命体エボルトからの防衛システム"という意味だったのだ。

だが、それをまだパンドラボックスの影響下にあった氷室玄徳に利用されファウストを設立、ライダーシステムは葛城も知らぬうちに対人間への兵器へと使用目的を変更されてしまった。気づいたときにはもう遅かったが「エボルトを倒すために必要」と自分に言い聞かせファウストにてライダーシステム開発のために人体実験を続けていた。それが悪魔の科学者の真意である。
それ故に第38話にて幻徳と共に焼け野原となった東都を見て回った際、本当に戦争を引き起こした彼に向かって憤りをぶつけている(この際、犬飼氏と木山氏が交互に演じる演出がなされている)。









その末に……(第39話ネタバレ注意!)

記憶を取り戻した葛城は、徐々にエボルトの記憶を取り戻しつつある万丈龍我の様子を見て完全に記憶を取り戻す前に倒すべきだと提案する。
その夜、石動美空に「もっと仲間を信頼したら?」と言われた彼は「少年漫画じゃあるまいし、そんな定義が曖昧なモノ信じてどうなる」と発言するが、美空に本当は仲間を信用したがっていることを見抜かれる。
しかしその発言に対しても「信用しているのは科学だけだ」とまるで自分に言い聞かせるように言ったのだった。

その後の仮面ライダーマッドローグ戦にて、ついに完成したジーニアスフルボトルを取り出すが、理論上は起動するはずのジーニアスフルボトルが起動せず、窮地に陥ってしまう。
そんな彼を助けたのはグレートクローズだった。

「気持ちが足りねえんだよ!」

「誰かの力になりたい! 誰かを守りたい!」

「それが、アイツの戦う理由だ……」

「お前にはそんな気持ち、これっぽっちもねえだろ!」

「桐生戦兎はなぁ……正義のヒーローなんだよ!」

と言い放つ龍我の喝と、戦いの傷が癒えていない自身の身を押して龍我達の元に駆け付けようとする幻徳が告げた「もう一度だけ、信じてくれ!」という発言がトリガーとなり、彼の中で戦兎の記憶が蘇る。

「君は信じられるのか? 仲間を……」

「……なら見せてくれ。君がつくる“未来”を」

こうして彼は、これからの日本と地球の未来をもう一人の自分、桐生戦兎に託したのだった。


その後第40話によると、戦兎は葛城としての記憶も高校時代までは思い出せるが、「悪魔の科学者」と呼ばれていた頃の記憶は抜け落ちているという。
また、葛城の人格も消滅はしておらず、統合後も戦兎の頭の中に現れて対話を行っている。
現在は二重人格に近い状態なのかもしれない。
一方で、元からそうだったのかはわからないが、戦兎と共存するようになってからも向こうに比べるとどこか内向的で何事もネガティブに考える傾向が強く、あくまで希望的な意思で突き進む戦兎に対して冷めた言葉で諌めようとすることも多いなど、その性格に関しても戦兎とはどこまでも対照的な人間として描かれている
※葛城自身が悪態をついたのもあるだろうが、葛城の記憶が本来の状態なのだが、幻徳以外の主要人物からは「戦兎の記憶は戻らないのか」とさも「戦兎の方が本来の人格」みたいな扱われ方をされており、戦兎の人格が戻った後も葛城に対してフォローが全然無いので、葛城があまりにも可哀想と思う視聴者もいる。


関連項目

仮面ライダービルド 桐生戦兎
呪博士→悪魔の天才といわれた科学者関連で
葛葉紘汰 城戸真司 乾巧: 名前が歴代ライダーの主人公3人を合わせたものであることが一部で話題になっている(名前の位置から考えると2人目はの可能性もあるが)。偶然なのか、意識したネーミングなのか……?

pixivに投稿された作品 pixivで「葛城巧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131435

コメント