ピクシブ百科事典

仮面ライダーマッドローグ

くるったあくとう

仮面ライダーマッドローグとは、『仮面ライダービルド』に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

『エボルドライバー!』
『コウモリ!』
『発動機!』
『エボルマッチ!』

『Are you ready?』
内海「変身!」

『バットエンジン!』
『フッハハハハハ ハハハハハ!』

CV:越智友己
スーツアクター:中田裕士

概要

仮面ライダービルド』に登場する仮面ライダー。初登場は第38話。
エボルトに見込まれた内海成彰が、彼から与えられたバットフルボトルとエンジンフルボトルを使ってエボルドライバーを使用して変身する。主なカラーは紫・白・黒の3色。

変身時には他のライダーのようなライドビルダーは現れず、腰のドライバーを中心にトランジェルソリッドのチューブが天狗巣状に広がった後、それが身体に巻き付くという歪な形で変身する。変身完了の際、変身前と同様に眼鏡を上げるような仕草を見せることもあるが、これは単に癖による物というだけでなく、額のMRシグナルをなぞる事により、内部モニターの位置や視界の微調整を行うという意味合いも与えられている。

マッドローグという名称はエボルトにより直々に名付けられた。「ローグ」の語句こそ共通しているものの、仮面ライダーローグとは外見・システムとも全く別のライダーである。
額のコウモリ状の角や胸・肩より煙突の如く伸びるパイプなど、かつて内海も変身したナイトローグを彷彿とさせる意匠が各部に見られる。

第45話では内海の体に憑依したエボルトが変身。仮面ライダー3人の抵抗を押しのけ、オリジナルのエボルドライバーを取り戻している。

スペック

パンチ力43.5t
キック力50.8t
ジャンプ力73.3m(ひと跳び)
走力1.3秒(100m)

これは初期値であり変身者のハザードレベルに応じて変動する

スペック上はスクラッシュドライバー系の仮面ライダーを上回るが、ラビットラビットフォームタンクタンクフォームには一部スペックで下回っており、クローズマグマ仮面ライダーエボルには大差を付けられてしまっている。
コウモリがモチーフである事からナイトローグと同じく暗闇での戦闘が得意で、更にエンジンの機能としてスチームジェネレーターを始めとした蒸気を用いる各種装備の改良モデルも搭載されているため、ライダーシステムとトランスチームシステムのハイブリッドモデルとも言える。
また戦闘心や憎しみを持っているほど攻撃性能が上がる「マッドヴェンジェンスグローブ」を持ち、その効果で自分を捨てた氷室幻徳の変身するローグに対し大ダメージを負わせていた。

更に、内海がエボルトのデータをエボルドライバーにインプットしたことによって、エボルのようにフェーズを進めて戦闘力を増大させる機能が追加されていた。エボルトの発言によれば、この機能は人間では使えない代物であるが、内海はサイボーグ化されていたために使用することができた。
サイボーグ化した内海ですら肉体が耐えられずほんの一瞬しか保てなかったものの、エボルトの完全体であるブラックホールフォームと同じ段階であるフェーズ4にまで至っている。

使用アイテム・ツール

エボルトが用意した2つ目のドライバー。
エボルトへの忠誠を誓った内海が彼から授かった。2つ目のドライバーが開発された経緯は明かされていないが、恐らくはオリジナルを修復できる技術力を持ちエボルトに協力していた葛城忍が作ったと思われる。
人間には使えないはずのエボルドライバーを使用できたのは恐らく体が機械化されてたおかげだと思われる。
後に、エボルトに殺された会長の仇を討つべく内海の手でメンテナンス時の仮面ライダーエボルのデータをインプットされ機能の改良がされていることが判明した。

変身に使用するフルボトル。

・バットフルボトル(ベストマッチver.)
ナイトローグ用のロストフルボトルとは別物で、コウモリの全身がヒロイックなタッチで描かれている。色は紫。
エボルドライバーを通すと鳴る音声は「コウモリ!」

・エンジンフルボトル
ギアエンジンと関係性については言及されていないが、それとは異なりエンジンそのもののデザインとなっている。色は赤。
エボルドライバーを通すと鳴る音声は「発動機!」

クリエーション用として上記のフルボトル以外のものと使っている。

拳銃型デバイス。第40話にてビルドジーニアスフォームに破壊されてしまうが、その次の変身では復活している。
ライフルモードにし、「ファンキーショット」を使用出来る。

非常に分かりにくいが39話の戦闘シーンで所持しているのが確認できる。ただしカットされてしまったのかクリエーションを行う直前に投げ捨てる一瞬だけなので発射すらしておらずまず気づかない。ネビュラスチームガンと二丁拳銃で戦っていた様子。

剣状の武器。
必殺技でエネルギーの刃を形成できる(“スチーム”ブレードなのにエレキスチームなどは使用せず)。

必殺技

内海は必殺技を多用する戦闘スタイルを持っている。

  • エボルテックアタック
背中にマッドナイトフライヤーを展開して敵目掛けて突っ込む。
またはその状態で紫色のエネルギーを纏ったドロップキックを放つ。
第42話ではネビュラスチームガン・ライフルモードで強力な弾丸を発射する技、スチームブレードで強力な斬撃を十字に飛ばしネビュラスチームガンでその中心にビームを発射する技を披露し、そして極めつけは第32話でも披露した蹴り上げでサッカーボールの如くローグを吹っ飛ばした。
第47話ではエボルドライバーにバイクフルボトルを装填して使用。

○バイクフルボトル
第47話で使用。装填すると「バイク!」の音声が流れる。
バイク状のエネルギーを飛ばし、相手が撃ってきた歯車状のエネルギーも取り込んで返すことで擬態ヘルブロスを撃破した。
ライダーシステムではなくバットが装填されたまま左スロットをバイクに変更して発動したため、必殺技の音声がエボルテックアタックになっている。

  • ○○フィニッシュ
フルボトルとライダーエボルボトルを装填してレバーを回すことで発動する。
2本のボトルを装填すると「クリエーション!」の音声が流れる。
○海賊フルボトル
第39話で使用。装填すると「パイレーツ!」の音声が流れる。
カイゾクハッシャーを召喚し、ボルテックブレイクを繰り出した。

  • ファンキーショット
ライフルにバットフルボトルなどをセットし、エネルギーを放つ。
使用回数は中々多い。

余談

マッドローグを和訳すると狂った悪党
人を殺め、罪を犯し、「悪党」の名を背負いながらも正義に目覚めた仮面ライダーローグ/氷室幻徳とは、信じていたものを全て破壊されて、狂気のままに本当の「悪党」になったと言う意味で(内海にとっては望まない形だろうが)対照的な存在である。

変身に使うバットとエンジンの組み合わせは、難波重工からエボルト側に鞍替えした内海の蝙蝠の如き立ち位置と、強い者の下で働く以外の生き方を知らない彼の機械的な人間性を端的に現した姿という解釈もある。また内海はネットムービー「7つのベストマッチ」にて、前編にナイトローグ、後編ではヘルブロスに変身しており、マッドローグ変身以前にバットとエンジンの両方を使っていた経験を持つ。

宇宙船によると、他のライダーと違いナイトローグのマスクや胸プロテクターなどを改造したものであり、アンダースーツはブロス系のダメージが少ないものを使用してるという。

変身者の内海成彰を演じる越智氏は、前々から自分もライダーに変身したいと思っていたそうで、SNSやイベントにて変身出来て嬉しかったと語っている。

ガンバライジング

ボトルマッチ5弾から参戦。
なお5弾稼働時点ではまだ本編に登場してなかった為
実装された6弾までボイスが無く終始無言であった。
トランスチームガンを所持している。

関連タグ

仮面ライダービルド 内海成彰
エボルドライバー ナイトローグ 仮面ライダーローグ ダークライダー

仮面ライダーナイト仮面ライダーキバ仮面ライダーダークキバ:同じくコウモリがモチーフの仮面ライダー。
仮面ライダーアクセル:エンジンの力を使う仮面ライダー。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーマッドローグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103453

コメント