ピクシブ百科事典

仮面ライダーローグ

にしのふぁんとむ

仮面ライダーローグとは、『仮面ライダービルド』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

『デンジャー!』
『クロコダイル!』
『割れる! 食われる! 砕け散る!』
『クロコダイルインローグ!』
『オラァ!』
『キャー!』

大義のための犠牲となれ

声:水上剣星
スーツアクター:渡辺淳

概要

仮面ライダービルド』第22話ラストより登場した第4の仮面ライダー
変身者は東都を追放され西都に渡った氷室幻徳
スクラッシュドライバークロコダイルクラックフルボトルをセットして変身する。

西都に所属する仮面ライダーであり、初登場時には西都と裏で通じていたブラッドスタークの手引きにより北都へと侵入。 西都のガーディアンと共に北都の首相官邸を襲撃して多治見喜子を拘束、北都を事実上制圧した

変身時はスクラッシュドライバーでの変身共通のビーカーを形成、その中に成分が満たされた後ワニの顎で噛み砕くようにして変身が完了する。
クラックフルボトルの音声はパニック映画のBGMの様におどろおどろしいことに加え、変身完了時や必殺技発動後には女性悲鳴のようなSEが挿入されるなどかなりホラーテイストな演出が多い。

第33話で判明したことだが、幻徳はネビュラガスを注入し仮面ライダーになれた時点でパンドラボックスの光の影響から脱し以前のような野心にあふれた性格ではなくなっていた。つまり西都の戦士として戦兎たちと戦った頃には昔の性格に戻っていた。それでも戦兎達と敵対する道を選んだのは父親である氷室泰山にこの国を託す為あえて汚れ役に回っていたのである。
そういった事情を踏まえると、仮面ライダーローグとは文字通り幻徳が自らを悪人と戒めるための「悪党の仮面」という意味で自ら名乗ったと推測できる。

スペック

パンチ力32.7t
キック力37.5t
ジャンプ力57.2m(ひと跳び)
走力2.3秒(100m)

これは初期値であり変身者のハザードレベルに応じて変動する

クローズチャージグリスと共通する機能がほとんどだが、ローグのみの機能として全身を覆う装甲「クロコダイラタンアーマー」を搭載している。
この装甲は内部がヴァリアブルゼリーで満たされており普段は柔らかく動きやすいが、攻撃を受けた瞬間に硬化し防御力を飛躍的に高めることができる。この性質により格闘攻撃はほとんど通用しない。ただし、ラビットタンクハザードフォーム・オーバーフローモードやラビットラビットフォームタンクタンクフォーム仮面ライダーエボルといった相手の装甲に関係なく攻撃を通すことができる手段を持つ相手には流石にダメージを受けている。

使用ツール

変身に用いるフルボトル。第23話で初登場。
所々にヒビが入ったようなデザインが特徴。

変身に用いるベルト。クローズチャージ、グリスのものと同型。

本編既出。第23話で初使用。「トランスチームガン」の系列モデル。

本編既出。ネビュラスチームガンと合体可能。

必殺技

相手に噛み付くように両脚で挟み蹴りを繰り出し、そのまま回転して敵を吹き飛ばす。
挟んだ敵を回転して捩じ切るように繰り出すその一撃は、ワニが獲物の肉を食い千切る際に行う「デスロール」を彷彿とさせる。
ビルドのラビットタンクスパークリングフォーム、さらには自我を保っていた状態とはいえ、ラビットタンクハザードフォームですらも一撃で変身解除させ、戦兎自身にも大きなダメージを与えた。
初登場時では回転せずにそのまま前方に吹き飛ばしている
他にもストレートパンチやサマーソルトキック、カウンターでの片足キックといったバージョンも繰り出している。

  • ファンキーブレイク
ネビュラスチームガンでの必殺技。クラックフルボトルをセットし、強力なエネルギー弾を発射する。(代表戦や直前のエンジンブロス・リモコンブロスとの戦闘で疲弊していたとはいえ)クローズチャージを一撃で変身解除させるほどの威力を誇る。

  • ファンキーアタック
ネビュラスチームガンでの必殺技。フルボトルをセットし、様々な能力を発動する。
○フェニックスボトル
巨大な火の鳥となり、空中飛行を行う。

  • ファンキーショット
ライフルモードでの必殺技。
○クラックフルボトル
ワニの顎のような強力なエネルギー弾を発射する。威力は高く、ビルド・クローズチャージ・グリスの3人を吹き飛ばした。
○詳細不明
至近距離からエネルギー弾を発射する。

  • ディスチャージクラッシュ
ドライバーに無機物のボトルを装填して発動する。
○ダイヤモンドボトル
大量のダイヤモンドを発射したり、ダイヤモンドの盾を形成する。

  • チャージクラッシュ
ドライバーに有機物のボトルを装填して発動する。
○フェニックスボトル
ガンバライジングで使用。体に炎を纏い相手に体当たりをする。なお、ビルドのフェニックス側のボルテックフィニッシュ・PR(ボルテックフィニッシュ)、ボルテックアタックとモーションは同じである。
なお、本編でも同じような技が第33話で使用されている。
○サメボトル
水面を作り出し、そこから巨大なサメ状のエネルギー体を出す。

派生形態

『てれびくん限定超バトルDVD 仮面ライダープライムローグ』にて強化形態プライムローグが登場する。

余談

TVシリーズ登場ライダーでは初となるワニのモチーフの仮面ライダー。ビルドのウサギの関係性などから因幡の白兎の鰐の影響を連想させる。
※ただし、因幡の白兎に登場するワニはワニザメと言う鮫である。そのためか、変身待機音のデデデンデデデンデデデン♪というBGMは元ネタの神話の前述のワニ=サメ説にも引っ掛けてる…のかもしれない。

初登場した第22話ラストで確認できるが、後頭部に宅急便などで用いられる「割れ物注意」のマークが存在している。ソフビなどにも存在するモールドの為ひび割れているデザインとかけたシャレだと思われる。なお『ROGUE』上映イベントでの質疑応答によれば「デザインがカッコよ過ぎたため付け足された」とのこと。

2018年03月28日(水)より順次発売される「仮面ライダービルド Blu-ray COLLECTION」に付属するスピンオフドラマ『ROGUE』にて、仮面ライダーローグの誕生秘話が語られる模様。
第2部の予告では内海曰く本来は別の人物が変身するはずだったとのことだが...?

上述のアーマーは「ダイラタンシー」という液体と粉粒体の混合物に起きる性質を元にしている。簡単に言うと「混合物は液体に近いが圧力が加わった時だけ固体のように振る舞う」ことで、現実でも防弾チョッキに使用できないかと研究が進んでいるため、一足早く実現した形になる。家庭では水溶き片栗粉などで試すことができる。

同年02月04日(日)に放送された『ビルド』第21話放送直前に初披露されたジャンクションにてラビットタンクハザードフォームと戦ったライダーこそが仮面ライダーローグであり、思わぬ形での先行登場となった。
※ジャンクションとは「仮面ライダー○○、この後すぐ!」でおなじみの数秒程の予告映像の事。

ガンバライジング

ボトルマッチ4弾より正式参戦。

関連タグ

仮面ライダービルド 西都(仮面ライダービルド)

ナイトローグ:同作品で同じく「ローグ」の名を冠した戦士。第20話では変身者である氷室幻徳が去り際に「俺は貴様等の前に現れる、更なる力を手に入れて・・・!」と発言していたが、やはり変身者は彼であった。

仮面ライダーガオウ:同じくワ二がモチーフの仮面ライダー。
ブラカワニコンボ:モチーフにワニが含まれている形態。
仮面ライダーガタック:同じ様に顎を模った装甲が頭部を挟む構造があり、変身中に稼働する場面がある。

仮面ライダーカイザ:駈斗戦士限定だが、強化形態に合体するモンスターはワニである。
仮面ライダー王蛇 仮面ライダーゲンム:ガンバラジングのキャンペーンカードにて「チームワルーイ」という括りで共に必殺技を放つ。(しかし、初変身後の真実が明かされてからは、場違い扱いを受けることに...)

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーローグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 518485

コメント