ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

『ボトルバーン!』

『ボルケニックナックル! アチャー!』

システムボイス:若本規夫


概要

戦兎龍我のために開発したブラスナックル(ナックルダスター)を模した強化アイテム。その名の通り、打撃武器として機能する。


第30話でドラゴンスクラッシュゼリーを燃やされ万丈がクローズチャージに変身不能になったため、クローズの強化アイテムとして作られた。


変身アイテムとしての側面も持ち合わせており、ドラゴンマグマフルボトルを装填することでクローズマグマへの変身が可能となる。


後に、戦兎の手によって凍結を司る拳が生み出された。


機能

  • CZMボルケニックチャージャー

特殊炉。変身・チャージ攻撃用のエネルギーを生成するほか、セットしたボトルの成分を超高温で加熱し成分量を4倍にまで増やすことができる(クローズドラゴンでは2倍だった)。


  • ドラグバーンナックラー/ドラゴニックイグナイター

ナックル表面部。打撃面となるパーツにはドラゴンスクラッシュゼリーの成分が溶かし込まれ、

周囲の熱を取り込んで打撃の威力を引き上げる特性を持つ。

チャージ攻撃時は4基のダクトから発光エネルギーが放出されパンチ攻撃の命中と共に大爆発を引き起こす。

また中央部のボタンを押し込むことで特殊反応高炉が作動しエネルギーを急速生成・圧縮。

装填されたボトルの特性を付加した攻撃が可能となり、敵を一撃で戦闘不能にすることも。


  • CZMナックルトランサー

変身時に使用する変形ボタン。

スロットにドラゴンマグマフルボトルを装填した後、ボタンを押しながらグリップを引き上げることで変身システムが起動する。

この際、CZMボルケニックチャージャーが作動し、大量のヴァリアブルマグマが急速生成される。


  • マグマブレイグリップ

グリップ部分。動作学習システムを搭載し、敵の挙動や使用者の癖を分析・記録することで攻撃時の挙動を最適化する。

万丈が仮面ライダーとして戦ってきた映像記録だけでなく、格闘家時代の試合映像から取得した戦闘データも反映されている。


必殺技

  • ボルケニックナックル

ボトルをセットした後、「ドラゴニックイグナイター」を長押しすることで発動する。

・タカフルボトル

炎の翼を発生させながら強烈なアッパーを繰り出す。


・ドラゴンマグマフルボトル

クローズマグマ状態で、挿さっているボトルを一旦抜いて挿し直して使用。

全身からエネルギーを集め、パンチと同時にドラゴン型の炎を叩き込む。

ボトル未完成時にも1度使用したが威力は極めて低く(小さい火花が数個散る程度)、

ハードガーディアンにあっさり反撃されてしまった。

(初使用だったためかイグナイターの起動を忘れており、そのためとも考えられるが・・・)


・シルバードラゴンフルボトル

銀色の光と漆黒の闇を纏った強烈な正拳突きを繰り出す。


ドラゴンマグマフルボトル

石動惣一(エボルト)からの何らかの攻撃でドラゴンスクラッシュゼリーが黒い物質を経てフルボトルを形成、パンドラボックスの力を受けた万丈龍我を介してエネルギーを蓄積する事で誕生した。


玩具版

2018年4月21日に「変身龍拳 DXクローズマグマナックル」の商品名で発売。

付属のドラゴンマグマフルボトルはドラゴンフルボトルと認識ピンが同じな為、特別な連動はない。

なお、ナックルの発光ギミックのためかボトルには中身のパーツが無く、振るギミックも無い。


ピンの認識機能は無いため、食玩版のフルボトルの中から黒っぽいものを選んで装填すれば見た目を崩さず振る事が可能。

ボトル抜きでドライバーに装填すると、若本ボイス抜きの音声が鳴る。


関連タグ

仮面ライダービルド

仮面ライダークローズ クローズマグマ グリスブリザードナックル


イクサナックル:過去にあった、ナックル型の2号ライダーの変身アイテム。こちらは強化アイテムではなく、基本フォームに変身するための装備。一海のそっくりさんも使用した。


2号ライダー最強フォーム変身アイテム

タドルレガシーガシャットクローズマグマナックルゲイツリバイブライドウォッチ


2号ライダー最強フォーム武器

ディープスラッシャークローズマグマナックルジカンジャックロー

関連記事

親記事

クローズマグマ くろーずまぐま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150165

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました