ピクシブ百科事典

仮面ライダークローズ

かめんらいだーくろーず

特撮ドラマ『仮面ライダービルド』に登場する2号ライダー。
目次[非表示]

ウェイクアップ!

クローズドラゴン!Are you ready?

龍我「変身!」

Wake up burning! Get CROSS-Z DRAGON! Yeah!

「今の俺は……負ける気がしねえ!」

CV:赤楚衛二
スーツアクター:永徳

概要

万丈龍我ドラゴンフルボトルをセットしたクローズドラゴンビルドドライバーに装填することで変身する2号ライダー。「クローズ」の英語表記は「CROSS-Z」。

クローズドラゴンは龍我の大脳辺縁系と連動しており、龍我の強い思いの閾値が一定以上になるとシンクロ状態へ移行し変身が可能になる。つまり変身には「誰かを助けたい」という強い思いが必要
そのため自分のことしか頭になかった間はシンクロできなかったが、戦兎のピンチにドラゴンフルボトルを差し出して変身させるなど他人の為に戦う戦兎に感化されつつあった事と、香澄の遺書を読み彼女の気持ちを汲んだことで変身が可能になった。

第11話で初変身した時点ではまだ名前が決まっておらず、冒頭ナレーションで戦兎から「仮面ライダー筋肉バカ」と命名しようとし即却下された。第12話にて戦兎よりクローズと命名され、龍我も気に入ったようだ。

スペック

パンチ力27.6t
キック力33.7t
ジャンプ力57.7m(ひと跳び)
走力3.2秒(100m)


変身者の龍我が元格闘家ということもあり、接近戦を得意とする。身体能力は高く、走力以外は(11話時点での)ビルドの全フォームを上回る。

容姿

左右両方がドラゴンハーフボディのビルドに、金色のファイヤーパターンが刻まれた装甲「ドラゴライブレイザー」「バーンアップクレスト」を新たに纏っている。
頭部も「フレイムエヴォリューガー」の追加により大きくビジュアルが変わった。
変身シーンでは装甲を纏う前に一瞬ビルドと酷似した素体を見ることが出来る。

能力

ドラゴンハーフボディと同じく、格闘戦で真価を発揮する。
蒼い炎の龍状のエネルギー体「クローズドラゴン・ブレイズ」を召喚することも可能。

使用アイテム、ツール

変身ベルト。初変身では戦兎のベルトを使っていたが、第12話より戦兎が万丈用のビルドドライバーを用意し、以降はそちらを使用している。

ドラゴン型の変身ガジェット。
これをガジェットモードに変形させ、ビルドドライバーのフルボトル装填スロットに装填することでドライバーとしてクローズに変身する。

ドラゴンの成分がこもったフルボトル
クローズドラゴンのスロットにセットする。

ドラゴンフルボトルの成分を利用して開発された専用武器。

後に開発されたナックル型装備。
クローズマグマへの強化変身の他、フルボトルを装填することで強力な必殺技を放てる。

後に開発されたナックル型装備。
フルボトルを装填することで強力な必殺技を放てるが、こちらは万丈用ではなく…

必殺技

「今の俺は、負ける気がしねぇ!」


背後に出現したクローズドラゴン・ブレイズの吐く火炎に乗り蒼炎を纏った右脚でボレーキックを相手に叩き込む。
変身講座では龍を右腕に取り込み、パンチと共に放つバージョンも披露している。このパンチ技は第16話でも使用された。

ビートクローザーを用いた必殺技。ボトル非装填時と装填時で3段階ずつある。
詳しくはビートクローザーの記事へ。

ガンバライジング

ボトルマッチ2弾より参戦。

仮面ライダーシティウォーズ

リリースされて少し後に参戦。
基礎攻撃値が1030と原典通りのパワーファイターだが反面、基礎防御値は560と低め。(両方とも最大解放時の値)
必殺技は「ドラゴニックフィニッシュ」。キックではなく変身講座で披露した様なアッパーパンチ…なのだが、これが全然敵にヒットしない。理由として「敵がやたらと接近してくること」と「大きく踏み込んで放つこと」の2つが挙げられる。遠距離攻撃を持たない一部の敵(特にショッカー戦闘員など素手で攻撃する敵)はバトル開始時にほぼ密着する距離まで近づき、横や後ろに回り込んで取り囲んでくる。この状態で必殺技を放っても前方に大きく踏み込むのでかえって距離を離してしまう。さらに当たり判定がクローズの前方にしかないため、プレイヤーの間では「1番必殺技を当てにくいライダー」といった扱いになっている。
後に、同じく必殺技が当てにくかったファイズや鎧武などからだいぶ遅れる形で修正が入った。アッパーカットの直前に周囲の敵を前方にふっ飛ばす判定が追加され、かなり当てやすくなっている。

強化形態

第17話より登場。スクラッシュドライバードラゴンスクラッシュゼリーをセットして変身する。
ビルドドライバーで変身するクローズとは異なるため、実際には別のライダーにあたる。

第31話より登場。ビルドドライバーとドラゴンマグマフルボトル、クローズマグマナックルを使用する。
変身にビルドドライバーを使用するため、クローズチャージと比較するとこちらの方がクローズの純粋な強化形態と言える。

第37話より登場。こちらはビルドドライバー、グレートドラゴンエボルボトルグレートクローズドラゴンを使用する。
スペック的にはクローズチャージとクローズマグマの中間に位置している。

Vシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』より登場。ビルドドライバーとマッスルギャラクシーフルボトルを使用する。
ビルド本編終了後のストーリーで新たに変身する形態。その名の通り仮面ライダーエボルブラックホールフォームを思わせる姿をしているが……?

名前の由来は

爪を意味する『claw』(クロー)、寄り添う・閉じる(二種類組み合わせて様々な可能性の"広がる"ビルドとは逆にドラゴン単一で完結するが故に"閉じて"いる)という意味の『close』と思われるが、英語表記が『cross-z』なので、十字架や交差を意味する『cross』など複数の意味が込められていると推測される。

余談

前述の通り初登場は11話だが公式サイトのトップページには開設当時から写っていた。

本編メインライターの武藤将吾氏は『クローズZERO』という映画作品の脚本を担当したことがある。

ドラゴンがモチーフだが自力飛行能力はなく、龍我はこれに文句を言っていた。このためか後のクローズチャージはタカフルボトルを使用すれば飛行でき、クローズマグマには自力飛行能力が最初から備わっている。

クローズは近年の2号ライダーの登場パターンとしては珍しく、「主人公が変身不可能になったことで代わりに戦う」という、いわば初代2号のような経緯でデビューを果たした。ただし中の人の負傷で長期欠場を余儀なくされた1号と異なり、ビルドは次の回で復帰、ベルトも二代目が作られ(?)あっさりダブルライダーの共闘が実現している。
ただ、そのビルドの基本形態であるラビットタンクフォームとクローズはなんとTV本編では1度も共闘していない(一応平成ジェネレーションズ2作仮面ライダージオウ客演時には共闘している)。

なおフィギュアは食玩の『創動』では発売されているものの、DX玩具の『ボトルチェンジライダーシリーズ』では未発売(クローズチャージは発売済)。

関連タグ

仮面ライダービルド 万丈龍我 2号ライダー
ドラゴンフルボトル

ドラゴンフォーム 仮面ライダーアギト 仮面ライダー龍騎 ガンフォーム 仮面ライダーウィザード 仮面ライダー龍玄 ドラゴンエナジーアームズ リョウマ魂 ドラゴナイトハンターZ…ドラゴンがモチーフのライダーたち。龍騎に至っては必殺技も類似している。

仮面ライダーアマゾンネオ:変身者のそっくりさんのご友人の青いライダー。なお元ネタになったアマゾンライダーは検討段階ではドラゴンがモチーフであった。

仮面ライダーガタック…最初から登場している主人公の相棒ポジションがストーリーの途中で変身したライダーであることと、必殺技のキックが似ている、という点がある。

仮面ライダースペクター…多人数のライダーが序盤から登場しない作品で、主役と同じベルトを使って変身する2号ライダー。また、放送前から公式で存在が明かされており、スペクターの場合は名前が、クローズの場合は姿が先に公開されている。

仮面ライダーリュウガ…変身者と同じ名前の仮面ライダー。クローズのマスクの風貌もリュウガの紋章に似ている。ついでに同パーツの名前も上述の通り「~リューガー」。

ジンバーアームズ:特別なユニットをベルトに装着することで、変身できるようになったライダーつながり。変身できなかったとはいえ、クローズの場合はダイレクトでドラゴンフルボトルを装填できたが、こちらはユニットなしではエナジーロックシードを装填できないという差異がある。

リュウケンドー:青い龍の剣士つながり。なお、クローズ初登場回のミリオンスラッシュは鍵の成分が込められたロックフルボトルを使用して発動させた。、ちなみに平成ジェネレーションズFINAL最上魁星を演じたケンヂ氏はリュウケンドーのOPを担当していた。

リュウコマンダー:似たようなサブタイで初登場するドラゴンの戦士。

燃えよドラゴン:初登場回サブタイトルの元ネタのカンフー映画。

関連記事

親記事

万丈龍我 ばんじょうりゅうが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダークローズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1339110

コメント