ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私と出会わなければ、もっと幸せな人生があったはずなのに・・・ごめんね」

演:伊藤梨沙子

概要

万丈龍我の恋人。虚弱体質で、龍我が八百長試合に手を染めたのは彼女の手術費を稼ぐ為であった。
ある日、職を失った龍我に「葛城さんって科学者が助手を探していた」と言って、彼に葛城の部屋へ向かわせたのだが、その部屋で葛城は既に殺されており、龍我は無実の罪を着せられてしまった。
龍我の脱獄後、彼と電話越しに再会したが、その時点で既にファウストに捕らえられ、ナイトローグによって人体実験の材料にされてしまっていた。そして次に彼と再会した時には既にバーンスマッシュへと変わり果ててしまっており、しかも病弱であるが為に成分を抜き取っても助からない(=消滅してしまう)状態にあった
しかし僅かに残っていた自我により、恋人を傷つけまいとする彼女の姿を見た龍我から「せめて元の姿に戻してやってくれ」と頼まれたビルドゴリラモンドフォームにより、一時的にスマッシュと分離させられ、ようやく龍我と真の再会を果たす。そして龍我を格闘家に復帰させたかったために「鍋島」という男の頼みを聞いてしまったという事実を告白し、最期は龍我の人生を狂わせてしまったことを謝り、彼の腕の中で消滅した。

その後、第11話では龍我に手紙を書き遺していたことが判明する。
その内容は「龍我が自慢の拳によって誰かの役に立って欲しい」といったものであり、これによって龍我は恋人の思いを汲み仮面ライダークローズへの変身を成功させた。
なお、この手紙は桐生戦兎が発見して彼女の墓に備えた物らしいが、龍我からその出どころを問われた際にははぐらかしていた。
これ以降も、龍我は心の支えが必要になった時などに定期的に墓参りに向かっている。

ちなみに

万丈龍我は主要キャラの中でほとんどの人物から「万丈」と名字で呼ばれるが、劇中で「龍我」と名前呼びしたことがある人物は、現時点では故人である彼女と猿渡一海の2人だけであったが次回作主人公もまた、こう呼んでいた。

最終回では.....(ネタバレ注意)























スカイウォールのなくなった新世界では、スマッシュにされる事なく、恋人である龍我と幸せそうに手を繋ぎ、談笑する姿があった。旧世界で病気がちだったのはスカイウォールの惨劇に関係があったのか、こちらでは至って健康な様子である。
この龍我とは新世界の龍我であって、イレギュラーとしてこの世界に存在している旧世界の龍我ではない。後者にとっては、黒髪のもうひとりの自分が彼女と一緒にいる姿を見て困惑することになった。

関連タグ

仮面ライダービルド 悲劇のヒロイン
百瀬小姫:同じく2号ライダーの恋人。宿の手にかかり消滅してしまう点も共通している。

関連記事

親記事

東都 とうと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「小倉香澄」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「小倉香澄」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78299

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました