ピクシブ百科事典

エボルト

えぼると

特撮『仮面ライダービルド』に登場する火星文明を滅ぼした悪しき存在。
目次[非表示]

概要

第24話にて意識を失った石動美空の口(その正体は火星の王妃ベルナージュ)から初めてその存在が明かされた存在。
第30話で明かされたその正体は、かつてパンドラボックスに秘められた強大な力で火星文明を滅ぼした張本人だが、それ以外の詳細は今のところ謎に包まれている。

以下、第33話以降で判明した事実及び、物語の核心に迫る事実につき閲覧注意


























正体

演:前川泰之(石動惣一憑依時)→赤楚衛二(万丈龍我憑依時)→犬飼貴丈(桐生戦兎憑依時)
CV:金尾哲夫(エボルトとしての人格表出時)

パンドラボックスによって多くの星の文明を滅ぼし、数多の命を奪い去ってきた凶悪な地球外生命体で、本作の黒幕にして全ての元凶である。第36話のベルナージュの発言によれば、地球ではいまだ発見されていない未知の惑星からやって来た“星狩り族”という存在であるらしい。
パンドラボックスの力を最大限に発揮し、宇宙をも支配するとされる究極のドライバー“エボルドライバー”によって、本来の姿である仮面ライダーエボルに変身する。

経歴

火星を滅ぼした後、最後の生き残りであるベルナージュとの死闘の果てにドライバーを破壊され、肉体と魂を分離された。自身のエネルギーをパンドラボックスに閉じ込めることで消滅を免れたが、力を失いアメーバのような不完全な存在になってしまう。
そして23年前、火星に地球の無人探査機が着陸したことで、次に滅ぼす星を探す目的で自らの遺伝子の一部を探査機に潜り込ませた。その遺伝子は地球でとある女性に憑依したつもりがその女性が宿していた胎児に憑依、その所為でエボルトとしての記憶と能力を失い、1人の人間としてこの世に誕生した。それが万丈龍我である

その後、残された魂は自らの遺伝子を回収するために、有人探査機で火星にやってきた宇宙飛行士・石動惣一に憑依し、そのままパンドラボックスを地球へ持ち帰った。そして、惣一の記憶からパンドラボックスを解放する鍵である60本のフルボトルを精製し、帰還セレモニーの際にパンドラボックスを開け地球を滅ぼそうとした。しかし、幼い美空に憑依したベルナージュによってボトルの一部の成分を空にされたため、ボックスが不完全な状態で解放されスカイウォールの形成で事態は終息した。その後、病院に強制連行されたエボルトだったが入院先から脱走、葛城忍に接触・脅迫しパンドラボックスを操る力を秘めたエボルドライバーの修復を目論んだ。しかし、エボルトの危険性を察知した葛城巧によってドライバーを隠されてしまう。

その後、エボルトは惣一の身体を介して“ブラッドスターク”として暗躍を開始。エボルドライバーを取り戻すこと、龍我を自身と融合できるハザードレベル5.0にして自身の“器”として完成させること、そして封印される直前に自身のエネルギーを封じ込めたパンドラボックスを開けて完全態となることを目的として様々な策謀を巡らせていた。

お前は何がしたいんだ


なお、ボックスの光によって人間を好戦的な性格に変え戦争が引き起こされるように仕組んできたのは、桐生戦兎にライダーシステムを強化するように仕向けることで、強力なビルドのボディを手に入れ完全態になるために必要不可欠なエボルトリガーを完成するためであったことが第36話で判明している。そんな戦兎の科学力を利用していたが、当の本人は「科学の行き着く先は破滅」、「科学の発展は、人の考える力を止め争いを引き起こす」という信条を持っている。

劇中での活躍

  • 第33話

遂にエボルドライバーを取り戻し、仮面ライダーエボル フェーズ1・コブラフォームへの変身を果たした。

EVOL


その強大な力の一端(本人曰く本来の力の2%)を振るい、己の野望達成のために動き出す。

  • 第34話
自身の出自を知った龍我を戦いの中でハザードレベル5.0にすることに成功。惣一の肉体を捨て龍我と融合し、フェーズ2・ドラゴンフォームに進化した。

  • 第35話
 戦兎との戦いで全てのフルボトルを回収し、遂にパンドラボックスを開放。

  • 第36話
パンドラボックスの光の粒子からエボルトリガーを精製し完全態になろうとしたが、まだ十分な力が発揮されず、地球の崩壊には至らなかった。その後、戦兎との戦いの中で、万丈の肉体を捨てビルドの力を手に入れようとしたが、戦兎がハザードレベルを6.0以上に急激に上昇させたことで、刺違えにより消滅されそうになる。しかしその直前、今度は人間の限界を超えた戦兎の肉体に憑依し、フェーズ3・ラビットフォームへと変身した。

余談

当初、ブラッドスタークとしての声はトランスチームシステムに組み込まれている擬声機能によるものと思われていたが、実際のところはエボルト自身の声であった様子。
その場合、動画ファイルで擬声機能について言及していた葛城巧はエボルトの存在を知っていた可能性があるのではないかと言われていたが、第34話でスタークと万丈の正体がエボルトであることを父の忍の研究データを見たことで知ることとなり、両者を始末しようと画策していたことが判明する。

関連項目

仮面ライダービルド
ベルナージュ 吐き気を催す邪悪(特撮系) パンドラボックス(仮面ライダービルド)
全ての元凶 寄生 害獣 滅び

ショッカー首領(岩石大首領orJUDO)、ネオショッカー大首領帝王テラーマクロ悪魔元帥仮面ライダーシリーズにおいて正体が宇宙生命体(宇宙人)である黒幕。
銀河王フォッグ:こちらも多くの宇宙の星の文明を滅ぼして来た生命体。
ワームメガヘクス仮面ライダーシリーズにおける敵宇宙人勢力。だが途中で明らかになったエボルトと異なり物語の最初から明確に宇宙生命体である事が明らかになっている。
ムラサメライガー:変化能力を「エボルト」と呼ぶ。
ドン・アルマゲ⇒寄生生物という特徴と性格の卑劣さ、寄生対象の傾向等共通点多数

pixivに投稿された作品 pixivで「エボルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24494

コメント