ピクシブ百科事典

ラビットラビットフォーム

くれないのすぴーでぃーじゃんぱー

『仮面ライダービルド』に登場するフォームの一つ。
目次[非表示]

『ラビット&ラビット!』

『ガタガタゴットン! ズッタンズタン!』
『Are you ready?』

『オーバーフロー!』
『紅のスピーディージャンパー!ラビットラビット!』
『ヤベーイ!ハエーイ!』

御堂正邦「あれが ギュインギュインのズドドドドドド…」

概要

仮面ライダービルドの強化フォームの一つ。初登場は第27話。
ハザードトリガーを装着したビルドドライバーにラビットの成分を選択したフルフルラビットタンクボトルを装填することで変身する。

ラビットタンクハザードフォームにウサギ型の赤い強化アーマー・ラビットラビットアーマーを装着する形で変身し、ハザードフォームのパワーを最大限に活かしつつ、暴走のリスクを抑える事に成功した。常時オーバーフロー状態で戦えるため、それまで有効打を欠いていた仮面ライダーローグにも攻撃が通用するようになっている。

スペック

パンチ力39.9t
キック力47.8t
ジャンプ力ひと跳び88m
走力100mを1.2秒


身体能力はラビットタンクハザードフォームを全ての面で上回るが、ジャンプ力以外はタンクタンクフォームをやや下回る。
代わりにラビットの性能を高めているため常時運動・反応速度が1.5倍となり、そのスピードを活かした連続攻撃を得意とする。
腕部「ホップポップガントレット」、脚部「ジャンプチャンプレガース」には次元伸縮バネ「ディメンションスプリンガー」が組み込まれており、どこぞのゴムゴム海賊が如く自由に手足が伸びる。

また、タンクタンクと同様攻撃を装甲内の特定部位に集中させる機能が内蔵されており、装甲を貫通してダメージを与えることが可能。そのため、実際はスペック以上の攻撃力を発揮できる。

専用武器としてはフルボトルバスターを使用し、高速斬撃を得意とする。

必殺技

  • ラビットラビットフィニッシュ

右脚を長く伸ばし、身体が縮んで元に戻る勢いを利用してそのままライダーキックを見舞う。

葛城の使用時

38話では戦兎の記憶を失い、再び意識を取り戻した葛城巧が使用。
しかし、戦場に出る際に突然高速大ジャンプをして驚く、「ハイスペックすぎて体が追いつかない!」などと言うなど、技術の進歩に翻弄されていた(タンクタンクへのチェンジは方法がわからなかったようだ)。

39話ではボトルを自身にマッチするように調整(なお、その時に「何故『フルフルゴリラモンドフルボトル』を作らなかったんだ」という指摘がされた)し、使いこなせるようになっていたがマッドローグ相手にはジーニアスフルボトルを使おうとして変身できなかったことに動揺していたこともありまともに戦わなかった。

なお、変身時のラビットラビットアーマー装着は空中に飛び上がり回収するように行われるのがほとんどだが、この時のみジャンプせずにアーマーを装着している(戦兎としての人格が戻った後の40話以降は、タンクタンクフォームを含め、元通り空中に飛び上がってアーマーを装着している)。

因みにアーマーの装着がかなり動くので敵の攻撃を避けるのに便利そうだが、タンクタンク含め敵の攻撃を避けた事は1度もない。一方で加速には便利なようで、装着時の動きを助走代わりにした大ジャンプをやってのけたことがある。

関連タグ

仮面ライダービルド
ラビットタンクハザードフォーム タンクタンクフォーム

サイクロンサイクロン ジョーカージョーカー:コンセプトの先輩。
仮面ライダーカブト仮面ライダーアクセル仮面ライダードライブ:赤いボディカラーかつ高速移動を得意とするライダー。カブト・ドライブとはガンバライジングにて「チームハエーイ」を結成。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラビットラビットフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221480

コメント