ピクシブ百科事典

パンドラボックス(仮面ライダービルド)

ぱんどらぼっくす

「仮面ライダービルド」に登場する、物語の鍵となる謎の物体。
目次[非表示]

概要

火星で発見されたキューブ状のアイテム。
いつ、誰が、何の目的のために作り出したものなのか、その一切が謎に包まれている謎の物体である。
火星に降り立った宇宙飛行士が回収し、地球に持ち帰った。

それを発表する式典で、その宇宙飛行士が触れたことで未知の力が発現、スカイウォールを出現させて日本を東都西都北都と3つのエリアへと分断してしまった。この事件は「スカイウォールの惨劇」と呼ばれている。

壁の高さは有限だが、触れたものを破壊するバリアのようなものが出ており、登っても壁を超えることは不可能。
壁には切れ目があり完全に遮断しているわけではないため、やろうと思えば3つのエリアを行き来することは十分に可能だが、後述の事情もあって現在では密航などの違法手段に頼らなければ簡単には行き来できない状態になってしまっている。

氷室幻徳の説明によれば、スカイウォール出現時にパンドラボックスから発生した光には人間の精神に影響を与える力があったらしく、その場にいた人間達(後の西都・北都の首相ら)の精神を好戦的な気質に変化させ、それによりパンドラボックスを巡って3つのエリアが協力するのではなく互いに対立する状況に陥っている。
日本の分断は、壁による物理的なものよりもこれによる制度的なものが大きく、エリアの行き来には許可が必要でその許可もなかなか出ない状態になっている。
氷室もまた、その場にいて光を浴びた1人である。

当初は東都先端物質学研究所にて厳重に保管され、核より強大なエネルギーがあると思われるその全容の解析が進められていたが、物語が進むにつれて所在は二転三転していく。

桐生戦兎が「スカイウォールの惨劇」発生時の映像を解析したところ、当時はあったはずのパンドラボックスの側面の2枚のパネル「パンドラパネル」が、現在では無くなっている事が判明。戦兎がファウストの仕業ではないかと問い詰めると氷室はその事実を認め、内通者がいたために研究所の厳重警備下から盗むことができた事、その内通者は、ボックスを火星から持ち帰った例の宇宙飛行士であったらしき事を白状した。
そしてその盗まれたパネルの1枚は、「nascita」の地下秘密基地の壁の中に隠されていた。真実を問いただす戦兎に対し惣一は真実を明かす。

火星に降り立ちパンドラボックスを回収した宇宙飛行士というのは惣一自身に他ならず、またスカイウォールの惨劇を引き起こした、ボックスに触れた男も惣一である。何故あのような行動に走ったのかと聞かれた時の答えは「火星の影響で色々おかしくなってた」らしい。
それからの後、美空がネビュラガスの成分浄化能力をファウストに目を付けられ拉致されるという事件が起こった。惣一は美空のこともあってファウストに逆らえず、研究所への侵入を手引きしてしまう。これがパンドラパネルが盗まれた事件の真相である。パンドラパネルが基地の壁に埋まっていたのは、惣一が美空を救出した際ファウストのアジトから一緒に様々なものを奪っていたためだった。

第17話では更なる真実が判明。
実はパンドラパネルはボックスの6面全てに、つまり6枚分存在しており、東都以外の他の都も2枚ずつ所有していた。同時にそれを埋めるフルボトル20本も所有しており、パンドラボックスを開くには6枚のパンドラパネルと60本のフルボトルすべてを揃える必要がある。
そのためこれを開けるには三都が協力するか、他の都からまとめて奪うかのどちらかしかなく、前者がほぼ不可能なため北都から東都への苛烈な侵攻が始まってしまう。

所有者・所在地の移行

  • 本編開始時点

東都先端物質学研究所にて保管。

  • 第9話・第10話
ファウストによるパンドラボックス強奪計画が始動。ブラッドスタークに強奪され、ナイトローグの手に渡ってしまう。
  • 第12話
難波重工総合科学研究所の地下3階に隠されていたところをスタークに発見され、そのまま彼に奪われる。
  • 第13話
ブラッドスタークによって難波重工重要保管施設に移されており、ナイトローグこと氷室幻徳により戦兎達にその事が伝えられ、パンドラボックスは戦兎達により正面突破によって奪い返され一時的にnascitaの秘密基地に移されるが、その晩に惣一に持ち出される。
  • 第14話
戦兎が再び奪還しnascitaで保管。
  • 第15話
氷室泰山の要請で政府に返還。一時置き場の定まらない状態にあったパンドラボックスは再び東都政府管理下に戻った。

関連タグ

仮面ライダービルド 東都 西都 北都

pixivに投稿された作品 pixivで「パンドラボックス(仮面ライダービルド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 943

コメント