ピクシブ百科事典

ドラゴンレンジャー

どらごんれんじゃー

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』に登場するキャラクター。当初悪役として登場した6人目の恐竜戦士。
目次[非表示]

演:和泉史郎
スーツアクター:高岩成二竹内康博

概要

ブライが変身する6人目の戦士。ティラノレンジャー / ゲキ
初登場時にはヤマト族プリンスを名乗っていた、スーツの色は。後に力の戦士となる。
ドラゴンレンジャーのスーツは他の5人より、体力増幅装置が著しく倍加されている。その為、100mを2.8秒で走れ、50mのジャンプが可能とスペックは(アームドティラノレンジャーを除けば)6人中最高
また、他戦士と違い黄金のプロテクタードラゴンアーマー腕輪レンジャーアームレットを身に付けている。

専用武器は獣奏剣で、その笛によって守護獣ドラゴンシーザーを呼ぶことが出来る。ジュウレンジャーの一員になる前はバンドーラから与えられた魔剣ヘルフリードも使用していた。

その人気は高く、戦隊シリーズ初の「レギュラー化した6人目の戦士」で戦隊に新しい要素が加わった。

主な活動記録

封印を解かれ甦った直後は悪の戦士として、バンドーラ一味と行動を共にし、魔剣ヘルフリードも手にして、ジュウレンジャーを圧倒。さらにバンドーラの力で巨大化して、大獣神も倒した。

命の精霊クロトから与えられた獣奏剣でドラゴンシーザーを呼び出し、暴れまわるもティラノレンジャーとの兄弟対決の末に改心。6人目のジュウレンジャーとなる。

しかし、自身が封印中に起きた事故で一度死んでいたことから現在はクロトから与えられた仮初の命で生きているにすぎず、時が停止した部屋での滞在を余儀なくなれ、戦闘の場面にのみ少しだけ登場する事が多かった(某聖闘士の如くのピンチに駆けつけるように)
もっともそのおかげで頼りになる助っ人としても表現できたのだが。

様々な経緯で命を削っていったが、ついにはバンドーラの罠にハマり、時の部屋も破壊されてしまう。
しかし最後の最後まで戦い続け、その命を全うし、ドラゴンアーマーとレンジャーアームレット、獣奏剣ドラゴンシーザーティラノレンジャーに託される事になった。

装備

ドラゴンバックラー

ドラゴンレンジャー変身アイテム金色ダイノバックラーの色違い。変身時の掛け声は5人と同じく「ダイノ・バックラー」と叫ぶ。

ドラゴンアーマー

ドラゴンレンジャーの装備で、胸につけている金色アーマー。タロンメタル製で、装着者の攻撃力と防御力を上げる力を持つ。
劇中では語られていないが、本来はジュウレンジャーの真の勇者が継承するはずだったものを、眠りにつく前のブライが神殿から盗み出したもの。
獣奏剣を吹いて気を集中することでバリアーを張ることが可能とされるが、海賊戦隊ゴーカイジャーの50話ではドラゴンレンジャーに変身したが獣奏剣の力なしでバリアーを発動させている。
先述の通りブライの死の際ティラノレンジャー/ゲキに継承される。

レンジャーアームレット

二の腕に付けている金色腕輪。ドラゴンアーマーと同様タロンメタル製で、装着者の力を増幅する効果がある。
ブライの死後はドラゴンアーマーと同様。

獣奏剣

ドラゴンレンジャー伝説の武器。該当項目参照。

魔剣ヘルフリード

地獄最大の魔剣。18話にてバンドーラから与えられた武器であり、野望を燃やした強力な執念を持つ者だけが手にできる。地面に突き刺して、衝撃波を放つことも可能。獣奏剣を手に入れてからは二刀流で戦っていたが、22話でブライが改心したことで土になって消滅した。

その他17話にてプテラレンジャーから奪ったレンジャースティックを使用した他、29話でティラノレンジャーから龍撃剣を借りて使用したこともある。

個人技

破壊弾

両手にエネルギーを集中して放つ青い衝撃弾。17話にて披露。

合同技

獣奏剣がハウリングキャノンに合体できないこともあってか初期メンバーとの合同技は最後まで披露されなかったものの放送当時発売された超合金玩具にはドラゴンレンジャーを加えてのバベルアタックであるスーパーバベルアタックが紹介された。

実際に使用されなかった理由に関してはドラゴンレンジャーが三段目を担当することになる土台の構成に無理があってのことと思われる。

スーパー戦隊レジェンドウォーズでのビクトリーカードのスーパースキルでは個人武器を用いた連続攻撃・コンビネーションクラッシュにドラゴンレンジャーも加わっており、ティラノレンジャーと同時攻撃を放っている。

他作品

海賊戦隊ゴーカイジャーにてアバレキラータイムファイヤーと共に登場。
そして同作品の追加戦士伊狩鎧 / ゴーカイシルバーが変身することが多かった。

パワーレンジャーシリーズ

パワーレンジャーでは、トミー・オリバーが悪の魔女リタ・レパルサに洗脳された後にパワーを与えられ悪のレンジャー、グリーンレンジャーとして登場。

洗脳が解けた後は6人目のメンバーとして戦っていくがリタの策略でパワーを失ってしまい、第2シーズンで新たにホワイトレンジャーのパワーを手に入れる。以降、トミーはリーダー格として様々なレンジャーへ変身し、グリーンレンジャーとして再登場することはなかったが「パワーレンジャー・ダイノ・サンダー」において幻影として登場。

更に「パワーレンジャー・スーパーメガフォース」にて久しぶりに変身して見せた。

玩具

S.H.Figuartsではジュウレンジャーで一番最初に発売され、武器である獣奏剣ガチャやTAMASHII Lab(タマシイラボ)よりドラゴンシンフォニー獣奏剣として発売された。

余談

スタッフは当初、ドラゴンレンジャー=ブライに佐藤健太(ターボレンジャーのターボレッド=炎力役)氏を起用したかったと言われている。

関連イラスト

恐竜兄弟
ドラゴンレンジャー


特撮お絵描きその13・ドラゴンレンジャー/恐竜戦隊
ヒュウガとブライ



関連タグ



歴代追加戦士
ブラックバイソン/グリーンサイドラゴンレンジャーキバレンジャー

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドラゴンレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43414

コメント