ピクシブ百科事典

パワーレンジャー・ダイノ・サンダー

ぱわーれんじゃーだいのさんだー

「パワーレンジャー・ダイノ・サンダー」とは、パワーレンジャーシリーズの10作目。
目次[非表示]

概要

爆竜戦隊アバレンジャーのリメイク。

パワーレンジャーを指導する役所として、マイティ・モーフィン・パワーレンジャーのグリーンレンジャー(ドラゴンレンジャー)及びホワイトレンジャー(キバレンジャー)、パワーレンジャー・ジオのレッドレンジャー(オーレッド)、パワーレンジャー・ターボの前期のレッドレンジャー(レッドレーサー)として活躍したトミーが再登場。彼専用の番宣を放送するなど破格の扱いだったが、演者が一時アメリカに帰国しないといけない事があった。

そんな中で第19話「Lost&Found in Translation」は何と原作のアバレンジャーを本作のパワーレンジャーが衛星放送で偶然見るというお話である。

更に第4話「Legacy Of Power」は第1作から数えて通算500話となったことを記念して歴代シリーズの総集編が放送。

また原作では終盤で味方になるが死亡するアバレキラー(本作ではホワイトレンジャー)が中盤で正義と悪の心が分離し味方になるという展開もあった。

登場人物(味方)

()はそのレンジャーや敵の日本名

  • コナー・マクナイト/レッドレンジャー/トライアシックレンジャー(アバレッド/アバレマックス)
エリック・マクナイトの兄。(エリック・マクナイト本人は前作に登場している。)サッカー好きの青年で高速移動の能力を持つ。
  • イーサン・ジェームズ/ブルーレンジャー(アバレブルー)
コンピューターが趣味。腕を鋼鉄のように硬くできる。
  • キラ・フォード/イエローレンジャー(アバレイエロー)
歌が得意な女の子。超音波を放つ能力を持っている。
  • Dr.トーマス(トミー・オリバー)/ブラックレンジャー(アバレブラック)
通称はドクター・オー。マサチューセッツ工科大学を卒業した著名な考古学者でもあり、リーフサイド高校に理科の教師として赴任し、先輩レンジャーとして彼らを導く。
  • トレント・フェルナンデス/ホワイトレンジャー(アバレキラー)
通称はマーサー。コナー達の同級生だが、メソゴグに操られてホワイトレンジャーになってしまう。しかし後に悪の心が分離した事で味方となる。普段は喫茶店「サイバースペース」でウェイターの仕事をしている。日本版とは異なり変身バンクが用意された。

  • ヘイリー・ジクター
パワーレンジャーのサポート担当を行う女性。トミーとは大学の同級生である。仕事はサイバースペースのチーフマネージャーを務めている。

登場人物(敵)

  • メソゴグ

トレントの義父で遺伝子学者で大富豪であるDrアントン・マーサーが実験中の事故によりその時に誕生した邪悪な人格に乗っ取られた姿。世界中の人間を全て恐竜人間に変えて支配しようと企む。一定周期によって元に戻る事もある。

  • ランドル教頭
コナー達が通うリーフサイド高校に新たに赴任した教頭。厳しい性格であるため、生徒からは「前職は看守」だと噂され、恐れられている。その正体はメソゴグの部下である女サイボーグ、エルザ。非常に高い戦闘力を持つ。

  • ゼルトラックス(暗黒の鎧)
メソゴグの部下。その正体はトミーの同僚、テレンス・スミスがサイボーグとして蘇った姿。自分が死んだのはトミーのせいだと思い込んでおり、彼への復讐を第一に考えている。剣と盾を持ち、専用の飛行船も持っていたが飛行船は破壊されている。また、目から光線を出す。エルザに好意を持っているが、彼女は相手にしていない。

  • 偽ホワイトレンジャー
コピーオター(ラッコピーマン)の影響でトレントから悪の心が分離して生まれた。ダイノステガゾードを操った。

関連作品

爆竜戦隊アバレンジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「パワーレンジャー・ダイノ・サンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78

コメント