ピクシブ百科事典

アバレマックス

あばれまっくす

アバレマックス(メイン画像左側のヒーロー)とは、特撮テレビドラマ『爆竜戦隊アバレンジャー』に登場するヒーローの強化形態。
目次[非表示]

概要

物語後半より登場した、アバレッドの強化形態。命名は今中笑里の手による。
初変身は第31話であるが、それに先んじて第29話にてアスカの見た夢の世界にて、シルエットという形で初登場。これがスティライザーを捜索するきっかけとなった。

スティライザーに、アバレブルーアバレイエローダイノガッツを集中する事で変身を可能とする。また変身の際には、ダイノガッツを消耗する形となるためブルーとイエローの変身が解除されてしまうというデメリットが発生するが、これは後に克服している。この他にも、自分を応援する人々のダイノガッツで変身することもできる。

ゴーグル回りのレリーフや肩アーマーが追加されているとはいえ、アバレモードと比べるとシルエット的な変化こそ控えめではあるが、その分カラーリングには青・黄・黒が追加され、単純な派手さだけではなく他のメンバーの力を合わせた形態である事が、視覚的にも強調されている。また形態の変化を強調するためか、見た目だけではなく喋り方も強化前の明るく快活なものから、低く落ち着いたものになっているのが特徴である。

戦闘能力

強化前に比べて戦闘力は3倍に向上し、また固有の能力としてマックスフィールドと呼ばれる特殊空間を展開する事が出来る。マックスフィールド展開時にはさらに戦闘力を倍増する事が出来、これまで殆どダメージさえ与えることが出来ず、アバレモードを会得してからは無敵に近かったアバレキラーや、これと同等の力を持つキラーゴーストすらも圧倒する。

その力たるや、初戦ではキラーゴーストの攻撃を難なく片手でいなし、逆にスティライザーで殴りつけて何メートルも吹き飛ばし、壁を蹴って戻ってきたキラーゴーストをオフェンスモードですれ違いざまに切りつけ、これまでの鬱憤を晴らすかの如く連続攻撃を浴びせ一方的に撃破。今後の反撃のきっかけを作ることとなる。
続く第32話では巨大メカ相手にそのまま挑んで、流石にこちらでは体格差故に返り討ちに遭いそうになるも、実質新ロボの販促回でもあったため、負けてしまったとは言い難い。実際これを挽回するかのように、第34話ではキラー戦直後にもかかわらず、最初から巨大なギガノイドに踏みつぶされそうになった際、これを防いだだけでなくそのまま転倒させており、単純な体格差をものともしないところを示している。
終盤に至っても、こと単体での出番に関してはほぼ無敵と言っても過言ではない戦績を叩き出しており、まともに挑んで敗北したのは、ラスボス格のデズモヴォーラ戦だけである。

本放送当時は、(他の特撮作品なども含め)全般的に暗くシリアスな作風が主流であったのも手伝ってか、その活躍ぶりのカタルシスはかなり大きい。他方で、巨大戦でマックスオージャを呼び出すためだけにこの形態となることも多くなった。

装備・技

アスカが滝壺で発見した石板を剣で盾の形に整え、アバレンジャー3人のダイノガッツを込めて誕生した攻防一体の武器。

  • 必殺スラッシュマキシマム
オフェンスモードのスティライザーにダイノガッツを集中させ、斜めに切り裂く。

  • 大気爆裂マックスフィールド
ダイノガッツと空気中のイオンが結びつくことで発生する戦闘空間。アバレマックスの戦闘力を最大限にまで引き出せる。また、空間内には蜘蛛の巣のようなオブジェが存在していて、これで相手を捕縛することができる。

変身アイテム。アバレマックスに変身する際に、カラーリングもゴールドを主体としたものに変化する。

関連タグ

アバレッド

マックスリュウソウレッド4代目恐竜戦隊に登場するレッドの強化体で『マックス』繋がり。

関連記事

親記事

アバレッド あばれっど

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アバレマックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2590

コメント