2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

株式会社オモロキが運営する、画像を使った投稿型お笑いwebサービス。

投稿された画像(お題)に対して一言でボケる、というサイト。基本はそれだけ。
無料のアカウントを作れば誰でも簡単に参加可能。まずは自分好みのボケを探し、評価を付けてみる所からはじめてみるといいだろう。

お題画像に関しては、有名人や動物、漫画やアニメのワンシーンなどバラエティに富む。
ほとんどの画像はどう考えても無断転載だが、権利が関係ない画像でも削除されてしまうこともあるようだ。

pixivでは、特に有名なボケのパロディが投稿されている。
ちなみに、一時期話題になった「我、嵐ぞ?」もこのサイトのボケが元ネタである。

しかしながら、新規登録のシステムに致命的な欠陥があり入れない人が多数いるのが現状の為、普及はしていない。
なお、ボケてを利用している人の事をボケて民と呼ぶ。

特に話題になりやすい人物

実在の人物

引退した今なお圧倒的な知名度を誇るレスリング界のスーパースター。
「霊長類最強」という肩書き故に人知を超えた存在としてネタにされやすく、ボケ投稿主達の手により、地球に向かって飛来する隕石を素手で止める、15キロ先に潜む狙撃手を看破する、スケート選手の真似をして回転してサイクロンを起こす、果ては鬼舞辻無惨が姿を見ただけで逃げ出すなどといった人間の限界を遥かに凌駕する伝説の数々が紡がれている。

芸能界の大御所。
上記の沙保里と同様に逆らってはいけない存在としてネタにされやすく、ボケ投稿主達の手により、円グラフで「お前らもそう思うやろ?」に対し満場一致で「そう思う」とさせたり、スマホをタップしただけで大破させたり、飲み会を断った勝俣州和に制裁するなど、沙織に劣らない伝説の数々が紡がれている。

  • 各国の首脳陣
特に安倍晋三前首相(日本)と金正恩第1書記(北朝鮮)。安倍は増税ネタが大半で、金正日はテポドン脱北処すなどバラエティーが豊富。

元首相の小泉純一郎を父に持つ政治家。
彼が発言した迷言により、ボケて投稿主達の手で同じ意味のことを繰り返し言う人になっている。

  • 黒人
親指を立ててスマイルを浮かべている黒人。
やあみんな俺だ」から始まり、彼の背景に映されている物を説明した後、自虐ネタを言い、最後は「それじゃ」でしめるネタが一般的(?)になっている。
なお、彼が一体何者であるかは一切不明

架空の人物

ご存じ「ドラえもん」のヒロイン。
「ボケて」では基本的に原作が嘘であるかのような鬼畜キャラであり、いつもの仲間たちにド辛辣な発言をぶっ放したりゲストキャラを罵倒したりする。

「ボケて」では映画に出られないと言うネタが定着している。

ご存じ天才小学生探偵。
行く先々で事件に出くわし、しかも大抵誰かが死んでいるという原作での特徴から「歩く死亡フラグ」の代名詞的存在とされ、「不安にさせてください」系のお題で名前がよく出る。尺を気にしたりする事もある。小五郎以外の人物(たまに動物にも)にも麻酔銃を撃って推理をする。


「Mハゲ」のネタにされる

大体の扱いはお察しの通りだが、酷い時にはプーアルや他の仲間、あげく他作品のキャラから酷い扱いをされる。

「今オレにバカって言ったか?」
築地魚河岸三代目』の主人公で、上記の所為で突然スイッチが入ってキレるヤバいキャラとなってしまった(冷凍マグロの鮮度について質問し、相手に「バカ言っちゃいけねぇ」と言われた後の「ボケて」の回答。本編では言っていないので注意を)。

「ボケて」では、無銭飲食常習犯となっている。また、他の客の料理を勝手に食べてる事もある。

 サザエさんに登場するキャラ。異常なほどにカツオを野球に誘う人と化している。

同上。原作の時点でもよく言われてたサイコパス属性がより強化されている。

よくしまじろうの食糧にされている。

シリーズ別のあるある


作品なし

・花瓶を割ったことを誤魔化そうとする猫。
・散歩と見せかけて動物病院に連れてかれる。
・張り替えたばかりの障子をすぐ破る。
・コンビニによく突っ込むプリウス
・車で逆走してる高齢者ドライバー
・どうでもいい事を放映するニュース
・ワクチンの大量接種、またはワクチンの注射方法が無茶苦茶すぎる。
・怪しそうな見た目した人がただの一般人。
・偉人の名言シリーズで偉人の名前もセリフの一部として使う。
・算数の文章題みたいな文に国語的な内容が入る。(池の周りを分速50mで歩いているAさんと逆回りに分速70mで歩いているBさんが合流した時の二人の心情を答えなさい等)
・リアルに刺さってるグーグルマップのピン。
・あ!メドゥーサ!→石化
・絶対受信料を払いたくない住民VS絶対受信料を払わせるNHK。
・ボケて民を貶す(要するに自虐ネタ)
・1000円カット被害者の会
・自習でめっちゃはしゃぐ生徒
・検尿を普通の飲み物と間違える
・平然と第四の壁認識してるような発言が出る。
・吹き出しの位置のせいで無機物が喋りだす。
etc……

名探偵コナン

・主人公のコナンや少年探偵団毛利蘭等の登場人物達が事件が起きる事になれている。場合によっては死体を見ても動揺しないことも。
・コナンが有名な別作品の探偵任せにしてしまう(逆もよくある)
・毛利蘭や目暮警部などの原作でコナンの正体を知らないはずの人物がさも当たり前のようにコナン=工藤新一と認識している
・字幕で犯人とバラされたり、いきなり全身が黒くなると犯人扱いされる。
毛利小五郎が麻酔針を打たれまくる。
・他作品でも米花町犯罪都市認識されている

ドラえもん

・前述の通りしずかちゃんの性格が凶暴。
・映画に出演できない事をイジられたり、出演するためにあらゆる策を講ずる出木杉。
・どうあがいても廊下に立たされる野比のび太。発展すると自分から廊下に立つ。
・ひたすら廊下に立たせようとするのび太の先生。先生に限らず色んな人物から「廊下に立ってろ!」の台詞が飛び出す事も。
・ドラえもんが秘密道具を出さない。出しても何なのか分からない
・ジャイアンやスネ夫が劇場版みたくいいヤツになる。
・ドラえもんを高値で売るのび太やその一家

アンパンマン

ジャムおじさんラスボス化
・↑の影響かばいきんまんが味方になる
・何故か理不尽な扱いをされるカバオ
バタコさんがめっちゃ腕自慢。
・チーズが自分の設定に疑問を持つ。(何故自分は喋ることができないのか等)
・扱いが雑なアンパンマンの顔

サザエさん

・前述の通りカツオをしつこく野球に誘う中島とサイコパスな堀川
・磯野波平の頭の上に1本だけ生えた髪の毛が本体扱い
・タラちゃんが成長してグレる。
・サザエが最後のじゃんけんでふざける。

ポケットモンスター

・ポケモンが普通に喋ってる
ピカチュウが大御所感出して他作品のキャラ(主にこいつ)を見下してたりする。
・メタモンの有効活用
・ポケモンの技風のヤバそうな単語(しろいこな等)
サトシが人間を止めている(ただしこれは原作の時点でもそう)
・ヒロイン特に彼女がサトシの事が好きすぎる

ディズニーランド

・よくユニバーサルスタジオジャパンを目の敵にしている。
ミッキーマウスのラスボス化。
・夢をぶっ壊す発言をするディズニーキャラクター(バイトテロ等の犯罪の制裁はともかくUSJに行っただけで処刑したり悪夢に出たりする)
・逆にUSJはネズミを毛嫌いしてる。

その他


・二次創作でよく見るドナルド・マクドナルドvsカーネル・サンダースの関係に第三者が現れる(キャラクターではなくチェーン店的な意味で)
・敵にバイクのガソリンを抜かれる仮面ライダー
・3分しか変身できないはずなのに時間を無駄にしたり普通に3分以上変身しているウルトラマン
・ボールと友達以上の関係になってしまった大空翼
・めっちゃ部下に優しいフリーザ
・さまざまなキャラクターに適当な名前をつける湯婆婆
スマブラに出れた・出れなかったキャラの反応等


用語

  • 佐野

要は他人の星のたくさんついたボケをパクること。『さの』と平仮名表記になったり、「佐野る」と動詞のように使うことも。元ネタは多分このひと
意図せず被った場合はそう呼ばないが確かめる術が無いため大体コメント欄は荒れる。もしそうなってしまった場合はマイページのプロフィールの所で弁明しよう。

  • 自演
自分でお題画像を上げて自分でボケる事。コメント欄は基本荒れる。

この方法では高確率でたくさん星は付くが、コメント欄で苦しい思いをすることになるので軽い気持ちでやるのはやめましょう。
悪意ありでやるのもやめましょう。

関連イラスト

ボケてフレンズ❣️
ボケてトレスまとめ


トキハダ〜夜ふかしのあなたにゾクッとするアイドルを
やさい……ですか?



関連タグ

表記ゆれ:ボケて
我、嵐ぞ? 
床暖房が熱すぎる 
そこのお前!○○一個に含まれる△△は○○一個分だぜ 
グリーンの顔から火出すやつで、だいたい勝てる

外部リンク

bokete公式 - http://bokete.jp/

関連記事

親記事

webサイト うぇぶさいと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2740880

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました