ピクシブ百科事典

ブロリーMAD

ぶろりーまっど

ブロリーMADとは、ニコニコ動画などで有志によって制作されている、「ドラゴンボール」の二次創作MAD作品群でございます。
目次[非表示]

概要です…はい…

ブロリーMADとは、ニコニコ動画などで有志によって制作されている、「ドラゴンボール」の二次創作MAD作品群である。
劇場版アニメ「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(以下「燃えつきろ!!」)などでボスキャラとして登場するブロリーを中心人物として扱い、タグとしてブロリーが使われることからこの名がある。

ジャンルとしては、「燃えつきろ!!」の舞台や登場人物を使った和気藹々のギャグ満載のネタ動画がもっぱら。そのほかに、アニメだけの登場人物であるブロリーを原作漫画や無関係のアニメ・ゲームに乱入させたりクロスオーバーさせるストーリーもの(もしブロ)、ブロリーの強さ・かっこよさを追求したバトルものや、悲劇的な運命を強調したシリアスもの(ガチブロ)、ブロリーに\カワイイ!/を見出した(モエブロ)といったものも存在する。

それだけにとどまらず、「燃えつきろ!!」に登場したモブキャラ(アンゴルモアタコ科学者シャモなど)やグモリー彗星、果てには小道具ドア岩盤一人用のポッドなど)にスポットを当てたものも存在する。

また、ブロリーMAD制作者や、その動画を閲覧しているものはブロリストと呼ばれる。

ブロリーやパラガスをはじめとして、悟空ベジータトランクスピッコロといった登場人物の人格を崩壊させたり、ありえない動きをさせたり、ボイス素材の少ないブロリーを無理矢理しゃべらせたり、中の人つながりでほかのアニメキャラのセリフを言わせたり、かなりフリーダムである。

キャラごとの傾向でございます

定番

キャラ名傾向     関連タグ補足
ブロリー無敵、おバカ\カワイイ!/ 公式がブロリスト これが噂のイケメンブロリー シロッコリー デデーン ブロリスト ブロリストの末路 ポーヒー ユダリー多くのブロリーMADにおいて、主人公のポジションとして登場する。基本的にハイテンションでパワー一辺倒の脳筋キャラとして描かれる事が多い。イェイ!
パラガス変態、黒幕、苦労人あーう おとなのおねえさん シュワット 一人用のポッド 腐☆腐 マジキチパラガス素材シリーズ迫り来るアソコを強調する変態キャラや、映画本編のように黒幕として扱われる場合が多い。一方で、驚異的な戦闘力を持つ息子に冷や汗を掻く苦労人として描かれる事もある。一人用のポッドに潰されて投げ捨てられるオチは定番の中の定番。ムスコです。なんなりとお使いください。
孫悟空クズ、外道クズロット身代わり・食事優先・逃亡・不意打ちなど、卑怯な行動を取る外道である事が多く、ブロリーとは映画本編とMADで立場が逆転している。クズを通り越して完全な悪役になっていることも。声優繋がりターレスバーダックの声も多用されている。逃げろ!
ベジータヘタレ、弱い岩盤 ダニィ!? 出王子 もうダメだ…おしまいだぁ…ヘタレ属性が強調されたり、岩盤に叩きつけられるなど、被害者としての扱いが多い。ビンゴダンスをはじめ、変な持ちネタを併せ持っている事も多い。基本的には弱いが、時には思わぬ活躍を見せることも。ふおぉっ!?
トランクス無視され役、ウザキャラトランクスルー初期は「嘘です!!」と共に真実を語る嘘発見器の様なポジションだったが、それが何時しかスルーされる存在となり、自ら出しゃばろうとするウザキャラが定着した。ハァッ☆ おーーい!!
ピッコロ仙豆係、10円10円 仙豆 ポコピー通称「ムシケラ」。至る場面で「10円!」と叫んだり、仙豆を推したりする。また、悟飯絡みでショタコンだったり、性別がないのを機に変態だったりする場合もある。仙豆だ、食え。
キャラ以外-この始末☆


その他

キャラ名傾向 補足
アンゴル報告係MADではアンゴル本人ではなく、虚偽の報告をベジータ達に伝えた兵士の事を指す。「アンゴル」という種族として扱われることも多い。申し上げます!
モア被害者死亡シーンでの叫び声がよく使われる。MADによってはパラガスに対して反抗したり、恐ろしく強くなる事もある。ま、まさか…
科学者発明家あらゆる物を作れるチートキャラのような扱いが主流で、相手を騙す事も多い。本編ではパラガス以外は誰も出会ってないどころか1分足らずの出番であるにも関わらず、音声素材が豊富。うわへへwww
シャモ小悪党老人と共に他人の発言を否定するポジションである事が多いが、いろんな意味でインパクトを残している上のモブ3人と比べるとやや影が薄い。メインになっている動画は意外とあるのだが。そんなこと知るか。
孫悟飯空気映画本編ではメインキャラなのだが、MADでは「クズロットに利用される」「ピッコロをおびき寄せるための餌」という扱いが多いため影が薄く、目立つ場合も原作とあまり変わらなかったり、親と同じクズだったりと、あまり安定していない。なんてひどいことするんだ!
クリリンアカペラ映画本編で「翼をください」をアカペラで歌っていたことから、MADでは悪魔が暴れようが、仲間が絶体絶命の危機に陥っていようが、空気を読まずとにかく歌うのでございます\エエエエエエ/
ベジータ王全ての元凶映画本編と同様の扱いが多い。しかしパラガスに対する仕打ちが大したものではなかったり、寧ろパラガスがしょうもない事をしてベジータ王を怒らせた故に制裁され、それによる逆恨みである事が多い。そんなパラガスに対して、事実を聞かされた息子のベジータも困惑気味である。あの世に逝け!!


  • 亀仙人ウーロンブルマチチ界王ブリーフ博士ブルマのママバブルス試験官(MADでは「面接官」と呼ばれる)と言った映画本編のキャラクターも登場する事もあるが、映画本編での出番が少ないことから、基本的には悟飯以上に空気な扱いで実質モブキャラであることが多い(一部は映画本編の時点で本当にモブだが)。
  • ドラゴンボールを題材にしたMADである為、ヤムチャ天津飯など、ブロリーが登場する映画では未登場であったキャラクターも扱われる事もある。概ね、映画本編と時期的に近いセル編のシーンが使われる事が多い。

伝説の…特別な日…!

ニコニコ動画にて、数多くのブロリーMAD動画が投稿される日が存在する。


関連タグだ、食え

ドラゴンボール ドラゴンボールZ
燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
危険なふたり!超戦士はねむれない
超戦士撃破!!勝つのはオレだ
ニコニコ動画

pixivに投稿された作品 pixivで「ブロリーMAD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4583

コメント