ピクシブ百科事典

タコ科学者

うわへへ

タコ科学者は、漫画『ドラゴンボール』の劇場版アニメに登場するアニメオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

概要でございますじゃwww

漫画『ドラゴンボール』を原作とした劇場版アニメドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』に登場。登場は1分足らず。その為劇中では「科学者」としか呼ばれておらずクレジットにも記載されていない。ファンの間では声優はウーロンを演じた龍田直樹氏が濃厚であるとされている。
作中の敵キャラクター・パラガスに仕える、タコ宇宙人科学者。キャストにそれらしき名前が載っていなかったため、本名は不明。ある意味謎に包まれた存在と言える。
パラガスの息子ブロリーの脅威的な戦闘力コントロールする装置(ブロリーに体の各部に装着するサークレットチョーカーアームレットとパラガスの右手に装着するリモコン)を開発し、親子に提供、日々調整を行なっている。
このコントロール装置の効果で、普段のブロリーはパラガス以下の戦闘力に抑えられ、管理下では中途半端な力しか発揮できなかった。

この「制御装置」はドラゴンボールヒーローズでパラガスが扱うアビリティとして登場している。「改良型制御装置」などもある。

1分足らずの登場であったが、作中では「うわへへ」などの名言を残している。
登場後の消息は不明であるが、ブロリーの攻撃の余波に巻き込まれたかグモリー彗星衝突に巻き込まれ新惑星ベジータ運命を共にしたと思われる。

なお、科学者(Dr.ゲロ、Dr.ミュー、Dr.ライチー、Dr.コーチン、トワ)が多数参戦している中、唯一彼のみドラゴンボールヒーローズに参戦していない。新生・ブロリー編でアンゴルとモアが出たのに…。

コンピューターが弾きだしましたデータによりますとこちらがニコニコ動画の私でございますじゃ

上述の通り作中での登場時間は一分足らずだったが龍田直樹氏の独特の演技と「うわへへ」が素材としてニコニコ動画で使われており、タコ科学者がメインのMADやブロリーやパラガスがメインの動画でチョイ役として登場するなどボイスサンプルが少ないにもかかわらず、中の人ネタでほかのアニメのキャラのボイスを使って無理やりー喋らせたりすることでその存在感は驚異的に増大していっている。


うわへへwwwタグをお納めくださいww

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 異星人
燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 ブロリー パラガス アンゴル モア

pixivに投稿された作品 pixivで「タコ科学者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41537

コメント