ピクシブ百科事典

クズロット

くずろっと

クズなカカロットの事である。いわゆる黒化ネタのひとつ。
目次[非表示]

概要

ドラゴンボール』の主人公・孫悟空こと「カカロット」が、人として「クズ」と呼べる言動を用いた際に使用されるタグ。いわゆる黒化ネタのひとつ。

由来

発祥はニコニコ動画においてのブロリーMAD群。
それらの動画内における大概の悟空は普段の好青年な性格は成りを潜め、戦いよりもメシを優先・危なくなったらすぐに逃げようとする・やたら姑息な手段を使う・自分の子供である悟飯を平気で捨て駒として使うなど、とことん小悪党(悪党)的かつコメディリリーフな性格となっており、ときには敵役であるブロリーですら「なんて奴だ…」「クズが…」とつぶやいてドン引きする場面も。

最近は声優つながりでターレスバーダックの音声を流用した動画も増えつつある。

原作では…?

ちなみに原作においても、妻帯者であるにも関わらず働きもせず修行にかまけていることを読者および視聴者からはかつては「ニート」と揶揄されていた(一応アニメでは山から食材を調達して帰ったり、農作業をおこなう姿も描かれているがやはり強敵との戦いが迫ると修行に傾倒している。宇宙サバイバル編開始時は普通に働いている)。

中盤以降は仲間が絶命しても「ドラゴンボールで生き返る」とケロッとしていたり、老界王神の協力を得るために他人の嫁のエッチな生写真や乳揉みを交換条件にしようとするなどの行為は「公式クズロット」の例として挙げる声も存在する。

あとは、有名人や神など高名な人物に対して「腕試し」と称していきなり不意打ちを仕掛けたこともある。これは悟空の中では「偉い≒強い」という謎の解釈が存在しているためであり、別に下克上や成り上がりなどの欲があっての行為ではないのだが、非戦闘員の相手にとっては堪ったものでないだろう。
ドラゴンボールヒーローズではアビリティ「不意打ち」を持った孫悟空や孫悟空:GTのカードがあったりする。

その他、地球の平和よりも自身が満足のいく戦いがしたいという理由から強敵・セル仙豆を与えたこともあり、これも公式クズロットとして扱われることが稀にある。

ただし、上記のこうした行為もあくまで悟空を「クズ」に関連付けるために拾い上げられた要因の一部であり、普段の彼は大らかで心優しく、他者を救うことに見返りを求めないといった好青年である。そのため、蔑称ともとれるこの呼称を快く思わないファンも数多く存在しており、上記のクズの拾い上げがネタであったとしてもMAD動画以外での使用は控えるべきである。

しかし二次創作上のキャラを真逆にしたネタであるはずだったのだが、ドラゴンボール超では日常を描くシーンが増えた事もあってか、戦闘以外での無頓着さや後先考えない言動が目立ち、身勝手な人物像で描かれているきらいがある。

 先述の振舞いからトラブルを招いて周囲に責められても「別にいいじゃねぇか」と全く悪びれていなかったり、手土産の用意をブルマを頼んだりと彼女を財布代わりにでもしているような場面も。なんと言うか、ろくでなし感を意図的に強めているような・・・「超」の製作陣は悟空が嫌いなのかな?

挙げ句、宇宙の破壊の原因ではないかとも言われてしまったり(実際は悟空のおかげで本来全てが破壊対象となっていたはずの宇宙にも免除のチャンスが与えられたのだが)、負けた宇宙の滅亡を聞いても(実際は悟空だけでなく実際は界王神やビルスらも)他の宇宙を全く心配しなかったりベルガモやトッポにそれを咎められても悪びれる様子を一切見せなかったりした。挙句の果てには第11宇宙の正義の戦士トッポにハッキリと悪と認識されてしまう
他にもベジータをその大会に出場するメンバーとして誘った時に「ブルマが妊娠してるから彼女のそばにいてやりたい」と言って断った彼に「別にいいじゃんか、生むのはおめえじゃないんだから」とあんまりな発言をしている。
本来はネタ以外で扱うものではなかったため、これにも不快に思うファンが多く存在しているとのこと。

あくまでも二次創作ネタである事をお忘れなく。

関連項目

ドラゴンボール
孫悟空(ドラゴンボール)
ニコニコ動画 ブロリーMAD
黒化 ニート

ターレス - クズロット動画の素材として利用されることがある。
ギニュー - 彼と入れ替わっているシーンも素材として利用されることがある。

ゴクウブラック - ある意味公式クズロット?

社会サバイバル編:対義語

pixivに投稿された作品 pixivで「クズロット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 474202

コメント