ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Dr.ウィロー

どくたーうぃろー

Dr.ウイローは、劇場版アニメ『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』に登場する人物。
目次 [非表示]

CV:中田浩二


概要*

劇場版ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』に登場するオリジナルキャラ。

ドクター・ゲロと双璧を成すマッドサイエンティストであったが、数十年前に自身の研究所があったツルマイツブリ山の雪崩に巻き込まれ歴史の表舞台から消え、死んだとされていた筈であった。

しかし、頭脳だけは生き延びており、助手のコーチンドラゴンボールによってラボの除雪を願った事を機に自らの替えの肉体を得る為に亀仙人の居るカメハウスを襲撃させる。


画像イラストは終盤登場する機械ボディであるが、恐竜ほどもあろうかという巨体を有し、その戦闘力は当時の悟空ピッコロ攻撃をものともせず、悟空・クリリン・亀仙人によるトリプルかめはめ波を受けてもまるで効果がなかった

この形態では精神力を利用した衝撃波を繰り出し、その威力は界王拳3倍かめはめ波を掻き消すほど。

界王拳4倍かめはめ波と衝撃波を撃ち合って敗れ、研究所の屋根をぶち抜いてツルマイツブリ山ごと吹き飛ばされるがまだ原形をとどめており、宇宙空間で意識を取り戻す。自分の敗北を悟ったウイローはついに正気を失い、全エネルギーを結集して地球もろとも悟空を吹き飛ばそうと暴走。自身そのものを爆弾として地球にぶつけようと落下した際に、悟飯とピッコロに迎撃され失敗。

直後にフルパワーの深紅のエネルギー波を放ち大地に撃ち込もうとするが、悟空の創り出した元気玉によりエネルギー波は掻き消え、更に元気玉の直撃で脳髄が破壊し尽くされて完全に死亡した。


余談であるが、上記の悟飯とピッコロに迎撃された時にはクリリンもいたのだが、ウイローは彼だけは返り討ちにしており、これが後に劇場版でのクリリンのお約束ネタとなった「なんでオレだけ……」の台詞の先駆けを生み出した瞬間であった。


ゲーム作品では『Sparking! METEOR』で初登場。

大猿などと同じ大型キャラで、スピードが遅い代わりに攻撃力・防御力が高め。


スーパードラゴンボールヒーローズ』の宇宙創成編ではDr.ダブリューとして登場。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人の悟空とベジータ、そして孫悟空:ゼノベジータ:ゼノ超サイヤ人4と今までの戦闘データを注ぎ、改造したジャネンバを彼らに仕向ける。


そして、新時空大戦編にて正体を明らかに。巨大なロボットのようだった姿は等身大の人間のような大きさになっており、頭部は前回同様、脳が透けて見えるデザインとなっている。

ンガァハハハ

超サイヤ人となった孫悟飯と戦うが、押し負けてしまった。


ゲームのストーリーでは、宇宙モドキ脱出の為クリリンらに加担する。


使用技

  • フォトンストライク

ハサミから放たれるエネルギー弾。

クリリンや元気玉を放とうとした悟空に対して使用。

『Sparking! METEOR』では3発のエネルギー弾を出す技として登場。


  • ギガンティックボマー

全身に赤いオーラを纏い、突進する。

悟空に対して使用したが、悟飯の突撃によって阻止される。

『Sparking! METEOR』では相手のガードを無視する効果がある。


  • プラネットゲイザー

全身から放たれる極太の赤黒いエネルギー波。

地球を破壊するため奥の手として発射するが、悟空の元気玉によってかき消される。

『Sparking! METEOR』ではアルティメットブラストとして登場。


  • サテライトレーザー

スーパードラゴンボールヒーローズにて使用する。

上空に飛び上がり、エネルギーを貯めた右手から無数のレーザーを敵目掛けて降り注ぐ。


余談

名前の由来はういろうから。

また、表記について「Dr.ウロー」と「Dr.ウロー」の混同がよく見られるが、劇場版の台本とスタッフロールやパンフレットの時点で「ウィロー」と「ウイロー」が混在しており、公式でもどちらが正解かは定まっていない。


関連タグ

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ サイボーグ 頭脳 マッドサイエンティスト

エビフリャー ミソカッツン キシーメ

Dr.ダブリュー


もしかして:ウィロー博士

関連記事

親記事

この世で一番強いヤツ このよでいちばんつよいやつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255261

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました