ピクシブ百科事典

先生(ドラえもん)

せんせい

先生(ドラえもん)とは、「ドラえもん」の登場人物である。

概要

CV:加藤治雨森雅司(日本テレビ版)、沢りつお→加藤治→井上和彦田中亮一(テレビ朝日版第1期)、高木渉(テレビ朝日版第2期)

本名は先生英一郎。(テレビ朝日版第1期でのみ登場)。本をひっくり返したような髪型に眼鏡の、固太り体系のおじさん。
のび太達のクラスの担任教師。厳しい性格でいつも恐ろしい量の宿題を出したり、宿題忘れや遅刻すると廊下に立たされるという、古風なタイプの教師である。
ちなみに生徒を廊下に立たせるのは体罰に当たるとされ、日本国憲法第26条「教育を受ける権利」に違反するとして禁止されている。もっとも作者藤子・F・不二雄の存命時はほとんど黙認されていた。
有名なセリフは「廊下に立っとれーっ!(廊下に立ってなさい!)」。
厳格に見えるが結構お茶目な所もあり、のび太から取り上げた玩具で遊び始めたこともある。

生徒の中でものび太の成績不振には特にいつも頭を悩まされており、学校始まって以来の0点獲得記録を取ってしまった時には完全に呆れ果てていた。放課後のび太に会う度に本人の事情も無視して長い説教をしたり、彼を自分の家に連れていき無理に宿題をさせている。のび太を自分の家に連れて行った時は、静香との約束がある彼を強引に自分の家に連れて行くという自分が担任を受け持つクラスの生徒同士の関係に亀裂を入れかねない行為をした事もある。しかしそれは彼を努力させようとしているからで、のび太が大量の宿題をやってきた時はたとえ間違いだらけでもしっかり皆の前で結果ではなく過程を評価していた。
ドラえもんと直接対談する事はほとんど無いが、のび太の家庭訪問に行くときは、よくドラえもんの道具で酷い目に合っている。

初期にはボロアパートに住んでいたが、いつの間にか借家に引っ越していた。

一度、母親の病気の看病の為に学校を去る事を決めたが、ドラえもんの道具により今の教え子達を無事に送り届けるまでは辞めたくないという強い思いを暴露し、薄々その本音を察していた母親の勧めで学校に残る事を決意をした。
劇場版「のび太の結婚前夜」では成長した教え子同士の結婚式に招かれ、感慨深い様子を見せていた。特に真夜中の河川敷でののび太との会話はジーンとくる感動のシーンである。恐らく成長したのび太と静香の結婚を一番喜んでいたのはこの人だろう。

関連タグ

ドラえもん
のび太 しずかちゃん ジャイアン スネ夫

体罰

関連記事

親記事

ドラえもんの登場人物一覧 どらえもんのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「先生(ドラえもん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21317

コメント