ピクシブ百科事典

のび太の結婚前夜

のびたのけっこんぜんや

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』のエピソードの一つ。及びそれを元にした短編映画。
目次[非表示]

いつの間にか僕は夜中に1人でトイレに行けるようになった、1人で電車に乗って会社に通うようになった。でも本当に僕は変わったのかな?ねぇドラえもん、僕は明日結婚するよ…
(劇場版の予告映像より)

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』のエピソードの一つ。TC25巻収録。
副主人公・野比のび太と、メインヒロイン源静香が結婚に至る過程を描くエピソードであり、原作「雪山のロマンス」のすぐ後の話となる(14年後の未来で10月25日以降の話)。
サザエさん時空の作品にしては珍しく主要キャラクターの結婚を描いた作品。登場回数が少ないキャラクター・源義雄(しずかちゃんのパパ)がキーパーソンとなっており、彼がのび太に対して「他人の幸せを共に喜び、他人の不幸を共に悲しむことのできる人」と人徳の良さを挙げているシーンは名場面となっている。

大山のぶ代版アニメでは「のび太の結婚式?!」というサブタイトルで初めて映像化され、後に『宇宙漂流記』の同時上映作品として映画化された。水田わさび版アニメでも映像化されており、こちらの成人のび太の容姿は原作に基づいた容姿となっている。
2014年に上映された3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』でもこのストーリーが描かれており、成長したのび太の未来を表すエピソードの一つとしても名高い。

あらすじ

出木杉としずかとの学芸会の芝居の練習を見て将来が不安になるのび太。見かねたドラえもんはのび太を連れて「タイムマシン」でのび太としずかの結婚式の日に行こうとするが、設定を間違えて前日に来てしまった。そこには人生の最大のイベントを控えた大人ののび太としずかが心の準備をしていた。

主な登場人物

  • ドラえもん

過去から現代ののび太と一緒に様子を見にきたドラえもんは登場するが、のび太達が成人している時代の彼は登場していない。また、当日ののび太としずかの結婚式に出席している様子もない。劇場版ではのび太がドラえもんを懐かしむ描写が終盤で見られた。
原作では、ドラえもんはのび太達の高校生時代~大学生時代までは現代に滞在しているらしい(原作「ガッコー仮面登場」で、高校生ののび太がタイムマシンで現代に来ていたり、原作「ぼく、桃太郎のなんなのさ」で、現代のび太に連れて来られた大学生ののび太が、ドラえもんを見ても特に懐かしむ様子が無かったことから)。
その為、単に話の都合上登場出来なかっただけか、のび太が大人になったことでセワシドラミがいる22世紀に帰ってしまったのか、いずれにしても真相は不明である。

  • 野比のび太
原作&水田版と劇場版とでは成人した姿の髪型が微妙に異なる。
結婚式の前日に式場に来てしまいその後もドジばかりやらかすが、劇場版では迷い猫を飼い主を届けるため、水田版ではしずかの無くしたイヤリングを探すために奮闘する。ちなみに野比家は建て替えたようでマンションに移住していた。
水田版では現代のエピソードが追加されており、白雪姫の劇でわざとミスをしたらしく、セリフを忘れたしずかをはぐらかそうと劇を意図的にメチャクチャにした。終盤では、イヤリングをしずかに渡した後「きっと、きっと、君を!幸せにしてみせるからね!!」と告白した(元々は原作のオチで現代のび太が現代しずかを困惑させた台詞だが、リメイクに当たり未来の描写で告白に昇華させた)。

  • 源静香
彼女も原作&水田版と劇場版では微妙に髪型が異なり、前者はポニーテールだが後者はショートヘアーとなっている。住居に関しては、STAND BY MEでは家がリフォームされていた。
のび太との結婚生活をうまくやってのけるか心配したり、親が寂しがってしまうのではないかと両親と別れるのを拒み、結婚をするのをやめようとするが、父親の説得で結婚を改めて決意する。分かりづらいが、彼女の家も建て替えられているのが分かる。
水田版では冒頭でイヤリングをなくすが、夜の間ずっと探し回っていたのび太に届けられた。上記の彼の告白の後「うん…ありがとう…!!」と返し、彼女の抱いた迷いを更にぶっ切れさせた。
尚、彼女が自身の思いを父親に話した場面では、原作と水田版ではひみつ道具「正直電波」の効果で話したが、劇場版では父親が咳き込んでいたのを機に自ら話した。

  • 出木杉英才
のび太・ジャイアンスネ夫共にバチェラー・パーティー(新郎を迎えるための結婚前夜のパーティ)に参加する。のび太同様、35歳の頃はふくよかな体型をしていたが、24歳の時点では彼も華奢な体型をしている。
水田版では「昔からしずかちゃんのことで、野比くんに勝てる人はいない」と彼を称賛しており、スネ夫に上記の劇の真相を話した。実は彼も静香との結婚願望は合ったらしく、一度静香にも伝えた事があったらしいが、静香からは「あなたは一人でも充分やっていける」という理由で断られている。

未来世界でも健在な剛田商店(ジャイアンの家)でパーティを企画する。のび太に対して「しずかちゃんを泣かせたらボッコボコにする」とエールを送り、同様に「なんでしずかちゃんがお前を選んだのかわかったぜ」と称賛している。
未来の彼の歌は、下手なのは相変わらずだが現代に比べてある程度改善しているようで、少しヤジを飛ばされる程度で本気で嫌がっているシーンは無かった。
水田版では酔ったジャイアンが泣き上戸であったというシーンが描かれたが、実は原作「ホンワカキャップ」でも描かれた設定である。

原作と『STAND BY ME ドラえもん』ではスネ吉と同じくパンチパーマだが、それ以外のアニメ作品では、現代と同じ髪型をしている。パーティではのび太と出木杉が平気でジャイアンの歌を聴いているのに対し、スネ夫のみかなり嫌がっていた模様。
劇場版では猫を飼い主を届けようと頑張るのび太の頼みを受けて、自家用車でアシストする。

  • 源義雄
静香の父。現代では非常に出番の少ないキャラだが本映画では重要なキーパーソン。上記のようにのび太の人間性を評価し娘の結婚を決意させるきっかけを作った。『君は、僕たちにたくさんの贈り物をしてくれたんだよ』と娘の成長と共に娘と一緒に過ごした時間を想い出しながら、静香が生まれたことを感謝していた。
水田版では冒頭にも現代のパパが登場し、娘に送り届けられる途中でショーウィンドウに飾ってあったウェディングドレスを一緒に見ていた。

劇場版のみ登場。ジャイアンにスピーチを短く話すよう言われたがのび太の事に関しては一晩以上かかるという。のび太が去る際には「野比!明日は遅刻するんじゃないぞ!!」と昔さながらの注意が施された。

『STAND BY ME ドラえもん』のみ登場。彼女ものび太に好意を抱いていたようだが、しずかと結婚するのび太に「しずかさんを幸せにしないと許さないからね」とのび太に激励を送っている。

関連イラスト

キミ色ブーケ。
記念日



関連タグ

ドラえもん 映画ドラえもん
野比のび太 源静香
雪山のロマンス のびしず

ドラれおんトヨタのCMで「ドラえもん」のキャラが採用されたもの。未来世界を舞台とする共通点は存在しているが、のび太&しずかが独身で彼が車に乗れない等、「のび太の結婚前夜」のアンチテーゼとなる描写も多い。

関連記事

親記事

ドラえもんのエピソード一覧 どらえもんのえぴそーどいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「のび太の結婚前夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39241

コメント