ピクシブ百科事典

ミニドラ救助隊

しっかりしてどらえもん

ミニドラ救助隊はドラえもんのエピソードの一つ。
目次[非表示]

概要

大山のぶ代版ドラえもんで放送されたエピソードの一つで作中でもカオスな内容の一つ。

ストーリー

朝、のび太が起きるとドラえもんがめちゃくちゃ怒っていた。のび太を無理矢理台所へ連れて行き無理矢理朝ご飯を食べさせる。
その後、学校へ向かったのび太が給食袋を忘れたことに気づいたドラえもんは猛ダッシュで登校途中ののび太に追いつくがその際に給食袋がジャイアンとスネ夫ににぶつかる。そのせいでスネ夫が足をドブに突っ込んでしまい「おニューの靴が汚れたじゃないか」と怒るスネ夫だがドラえもんは「そんなこと知ったこっちゃない」とのび太に給食袋を渡してさっさと帰ってしまう。

家に帰ってようやく落ち着いたドラえもんは調子が悪いのかと思い、ミニドラを小さくして自分の体の中に入れて、修理を試みる。体内でドラえもんの修理をするミニドラは誤って変なところをぶっ壊してしまいドラえもんがまた少しおかしくなる。

のび太が学校から帰るとドラえもんは今朝と打って変わって何をしてもニコニコ笑って全く怒らない。安心して面白くなったのび太はドラえもんと遊びに出かけ空き地でジャイアンとスネ夫に会う。ジャイアンとスネ夫はドラえもんが何をしても怒らないと知るや否や、今朝の恨みを晴らそうとドラえもんをあの手この手で痛めつけ、しまいにはドラえもんを的にしてサッカーを始めてしまう。止めようとするのび太だがジャイアンとスネ夫はドラえもんにサッカーボールをぶつけまくる。そしてニコニコ笑ってそれにじっと耐えるドラえもん。
そしてその頃ドラえもんの体内でミニドラがドラえもんの壊れた部分の修理を完了させていた。そしてスネ夫が顔面めがけてボールを蹴るとドラえもんはそのボールを素手で受け止めた。
そしてドラえもんはこの世のものと思えないほどの鬼の形相でマジギレし、ボールを両手で潰し、空き地で大爆発が起こる。

爆発跡にはドラえもんと巻き添えを食らったジャイアンとスネ夫の姿。ドラえもんは口からミニドラを出し、直してくれたミニドラにお礼を言うのだった。

語録

(パパママの前で)「のび太君は人の三倍ノロマだから、三倍速くしないとダメなんです!
「ったくぅ、ドラえもんは短気なんだからぁ!」→「!!? タ、タ、タ、タヌキとは何だー!?タヌキとはー!!
「あーっ!ボクのおニューの靴がぁー!? どうしてくれるんだよ!」「そうだよ!」→「そんなこと知ったことか!! それより、のび太君はどこだー!」
「ウハハハハハ、ダメ、やめてー……ダメだって言っただろ、ブッ飛ばすぞ!……うわぁぁぁん、ダメだって言ったでしょ」
「短気は損気で~す♪」
(ジャイアンとスネ夫に落書きされて)「ちっとも怒る気にならなぁい」→「……ホントだ、神様みたいだ」「へぇ、神様ねぇ……」
「怒らない怒らない、短気は損気、ふふふふ~♪」→(ドラえもんをかばって)「…何も、そんな事までしなくたっていいだろー!?」
「ドラえもん、一体どうしちゃったんだよ? もう!二人ともやめてよー!」

「おかしいじゃん!ボクのボールだけさぁ! ……?」

(鬼の形相で振り向くドラ)「……ッ!

な・ん・だ・と・・・・・・・?



(ジャイアンとスネ夫、硬直)

~~~~~~~~ッッ!!!!(サッカーボールを素手で割る)

見所

この話の見所はなんと言っても、あれだけ口うるさいのび太のママがドン引きする程のドラえもんの暴走っぷりであろう。無理矢理ご飯をのび太の口に突っ込むどころか『短気は損気』という言葉をたぬきと聞き間違えてキレたり、挙句の果てには目に入った紙切れをねずみと勘違いして家ごと爆弾で吹き飛ばそうという暴挙にまで出ている。
そして話の最後では顔芸レベルのキレ顔を見せ、そしてそれを見たジャイアンとスネ夫の反応のシュールさがなんとも言えない笑いを誘った。

関連タグ

ドラえもん ミニドラ 顔芸 野比のび太 ジャイアン 骨川スネ夫

pixivに投稿された作品 pixivで「ミニドラ救助隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5182

コメント