ピクシブ百科事典

ウラドラマン

うらどらまん

ウラドラマンとは漫画ドラえもんに登場したヒーローの名。
目次[非表示]

概要

ウラドラマンとは、てんとう虫コミックス第20巻に収録された『超大作特撮映画「宇宙大魔神」』の俗称。
なお、ウラドラマンは作中で出木杉君の作った映画タイトルでもなければエピソード名でもなく、ドラえもん演じる救いのヒーロー役の名前である。アニメ2期のエピソードタイトルが「SF超大作映画ウラドラマン」となっている。
名前からも分かる通りウルトラマンパロディである(デザイン的にはウルトラセブンに近いが)。ウラドラ自体は麻雀用語。

キテレツ大百科にも似たような題材の『宇宙怪魔人』という作品がある。

大まかなあらすじ

ある日、暇を持て余し「イージー特撮カメラ」で動画を作っていたドラえもん。それを見ていたのび太は映画を作りたいと言い出し、しずかちゃんを誘いに行く。たまたま同席していた出木杉君も興味を示し、4人は「宇宙大魔神」というSF映画の制作に取り掛かる。スネ夫や安雄はる夫(いつものモブ)も加わり、撮影は盛況をきたす。そんな中、「絶対呼ぶまい」と言っていたジャイアンが偶然撮影現場に現れ、俺も入れろと言い出す。残る役は悪者の宇宙大魔王しか無いのだが、出木杉たちはなんとかして間を持たせようとするのだった。

※なぜラスボスの名前がタイトルと違うのかは不明。ウラドラマンが「大魔神」なのではないかとも取れるが。

コスチューム

スネ夫が衣装デザインを担当したのだが、その際、しずかちゃんの衣装のみ2種類のデザイン案が用意された。撮影に採用されたものは、水色と黄色を基調にしたミニスカスーツだったが、没となったデザインはきわどい切れ込みが入ったレオタード。着せ替えカメラによって、皆の見ている前で着替えさせられたしずかちゃんは、悲鳴を上げスネ夫をぶちのめした。

2期デザイン3期デザイン
センシティブな作品センシティブな作品
丸い飾りが特徴星形の飾りが特徴
原作
少年レインジャー部隊・女性用制服(初期デザイン)
星形の飾り、グローブとチョーカーが黒くブーツが白い
どれもデザイナーのこだわりが感じられる逸品となっている。

キャスト&スタッフ
監督兼脚本家兼隊員役 - 出木杉くん
デザイン兼隊員役 - 骨川スネ夫
ウラドラマン - ドラえもん
少年レインジャー部隊隊員 - 野比のび太安雄はる夫
女子隊員 - 源しずか
大魔王役 - 剛田たけし
大魔王の手下 - ラジコン粘土
アニメ版では数名のモブ生徒も隊員役で追加されている

関連タグ

ピンクのレオタード
あぶないみずぎ
ウルトラマン

関連記事

親記事

ドラえもんのエピソード一覧 どらえもんのえぴそーどいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウラドラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 342887

コメント