ピクシブ百科事典

マッチ売りの少女

まっちうりのしょうじょ

マッチ売りの少女とは、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの創作童話の一つ。
目次[非表示]

概要

アンデルセンが経済的に全く恵まれない少女時代を送った母親をモデルにして作ったといわれる作品。
一部では『貧しい者に差し伸べない』上流階級層の人々を皮肉ったものともいわれている。

あらすじ

年の瀬も押し迫った大晦日の夜。小さな少女が一人、寒空の下でマッチを売っていた。
マッチが売れなければ父親に叱られるので、すべて売り切るまでは家には帰れない。
しかし人々は年の瀬の慌ただしさから、少女には目もくれずに通り過ぎていった。
夜も更け、少女は少しでも自分を暖めようとマッチに火を付けた。

マッチ売りの少女



マッチ売り


すると、マッチの炎と共に暖かいストーブや、
七面鳥などのごちそう、飾られたクリスマスツリーなどの幻影が一つ一つと現れた。
少女は幻影を楽しんだが、それらは、マッチの炎と同時に消えてしまうのだった。

流れ星が流れ、少女は、可愛がってくれた祖母の、
「流れ星は誰かの命が消えようとしている象徴なのだ」という言葉を思いだした。

幸せな眠り


次のマッチを擦ると、亡くなったはずの祖母の幻影が現れた。
マッチの炎が消えると、祖母も消えてしまう。
少女は慌てて持っていたマッチ全てに火を付けた。
すると祖母の姿は明るい光に包まれ、少女を優しく抱きしめながら天国へと昇っていった。

メリー・クリスマス


新しい年の朝、少女はマッチの燃えかすを抱えて、幸せそうに微笑みながら死んでいた。
少女がマッチの火で祖母に会い、天国へ昇ったことは、誰一人も知る事がなかった。

備考

後の改訂版では、大晦日が子供たちに分かりにくいためかクリスマスに変更されてる事が多い。
しかしこちらでは少女が馬車に轢かれそうになって転んだ拍子にマッチをほとんど雪でダメにしてしまったりいたずらっ子に靴やストールを取られてしまうなど、むしろ原点版よりも散々な目に合いまくっていたりする。

またこちらのパターンでは教会の前で雪だらけになって死んでいる所を牧師さんに発見され、人々は少女に救いの手を差し伸べてあげなかった事を嘆き悲しむ。
その後少女の遺体は教会で手厚く葬られ、牧師さんは教会のミサで「この様な悲劇を起こしてはならない」と諭して終わるといういわゆる教訓的な結末を迎えている。

関連イラスト

灯
マッチ売りの少女



関連タグ

アンデルセン童話 マッチ 流れ星 大晦日 クリスマス

pixivに投稿された作品 pixivで「マッチ売りの少女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 720496

コメント