ピクシブ百科事典

ブタゴリラ

ぶたごりら

ブタゴリラとは、藤子・F・不二雄原作の漫画『キテレツ大百科』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画『キテレツ大百科』の登場人物。

藤子作品でよく見るガキ大将キャラだが、アニメ版では大幅に改変されて、ここ一番に頼りになる男。下に書かれている設定も殆どがアニメ化の際に追加された設定であり、これには脚本家の雪室俊一が大きく関わっている。

人物

なにかと豪快で少し強引なところがあるが、友達想いの明るい性格である。トンガリとは漫才のような駆け合いをするコンビ。

家は八百八という店名の八百屋を経営(ただしアニメ版のみで、原作は普通の家)している。
家業が八百屋のためか、ことわざや単語をいちいち野菜の名前に置き換えることが多く、その度にトンガリからツッコまれているほか、野菜が大好物で、野菜嫌いは許さない。
太っちょな体形に反してかなりの俊足を誇るなど、運動神経はかなり良く、とりわけ野球に関しては打ってよし、投げてよしの大活躍を見せる。

大柄な体格に加え、子供たちを束ねるガキ大将とだけあってそれ相応に腕っ節は強いが、アニメ版では彼以上に強い連中が登場しては負けていることが多く、どことなくかませ犬っぽい扱いを受けている。
むしろ、小柄なトンガリや発明道具無しのひ弱なキテレツ相手にも苦戦する描写があり、ケンカに関しては「弱い」というよりは「センスが無い」と考えるべきだろう。

視力は両目ともに2.0で虫歯ひとつ無いなど、見た目に反してかなりの健康児でもある…が、この手のキャラのお約束なのか勉強は苦手らしく、本人いわく「体育以外はオール2」とのこと(むしろ、オール1でない点を鑑みるに、サボっているなどではないことが窺える)。

同じ藤子作品でガキ大将キャラの代表格であるジャイアン(『ドラえもん』)とは、物語における役割や設定など類似点が多く見られる。しかし、アニメ版では明確に性格が描き分けられている。
例えば、家の店番をサボり(のび太達に押し付けては)母ちゃんに怒られているジャイアンに対し、ブタゴリラは店番のみならず配達も積極的に行うなど(ただしコロ助達に手伝わせる事はある)、八百屋という職業、野菜に対する情熱や誇りも垣間見せている。子供ながら勤労に対する心がけは大人顔負けといえる。
また、その腕っぷしと恐るべきジャイアニズムで近所の子供たちに対して高圧的に振る舞ったり、近所迷惑な歌を歌ったりすることが多いジャイアン(※劇場版は除く)に対し、ブタゴリラも原作やアニメの初期こそジャイアンと似たり寄ったりの暴力性を発揮していたが、徐々に丸くなっていき、特に中盤以降は「強引な面は多々あるものの、友情に厚く野菜を愛する好漢」キャラにシフトチェンジ。最終的にはジャイアンとは似て非なる存在に落ち着いている。

余談として、『ドラえもん』の映画作品の一つである『のび太とふしぎ風使い』では、敵に憑依された状態のスネ夫がジャイアンを度々「ブタゴリラ」呼ばわりしていた (そのほかに「雑魚」呼ばわりもしていた)。アニメ版は放送局が異なる上に、『ふしぎ風使い』の公開は『キテレツ』の放送終了から約7年が経過しており、この前後にアニメへのゲスト出演などがあったわけでもない(強いて言えば、スネ夫の中の人は『キテレツ』で勉三さんを演じていた)ため、宣伝というよりはあくまで両作のファン向けの小ネタである。

呼称について

関連人物呼称
キテレツ、コロ助、トンガリ、五月ちゃんブタゴリラ
みよちゃん、勉三さん、五月ちゃんブタゴリラくん
妙子ちゃん、瀬川さん、五月ちゃん、みよちゃん(最初期)熊田くん
両親
担任の先生熊田
お杉婆さんブタコレラ


プロフィール

CV大竹宏龍田直樹
年齢10~11歳
在籍表野小学校5年1組
誕生日?月?日
身長151cm
家族
  • 熊田熊八(父)
  • 熊田小百合(母)
  • 将来の妻※妙子かどうかは不明
  • 熊田みのり(未来の息子)


対決!!



対人関係

第66話では、自分そっくりの女の子の乙姫に一目惚れして求婚する場面もあり、乙姫が野菜嫌いなのを知ったブタゴリラは「だったら八百屋をやめてもいい」とまで言うほど惚れこんでいた。ボディコン姿の乙姫を見たディスコの店員たちが気持ち悪さに次々と失神していったのを見ても「乙姫ちゃんの魅力にみんなまいったんだよ」と言って、キテレツたちを呆れさせていた。だが、肝心の乙姫はキテレツにゾッコンなので、その後もブタゴリラは乙姫と会うたびにデレデレしていたが、乙姫からは相手にされなかった。

第135話で初登場した桜井妙子とは、遠距離恋愛のガールフレンドになる。詳細はブタ妙を参照のこと。


未来のブタゴリラ


未来は結婚はしているが奥さんは妙子かどうかは不明 妻は野菜嫌いで 息子の熊田みのりを連れて現代のキテレツの家を訪ねていって息子のみのりの野菜嫌いを治した。キテレツの夢では双子のブタゴリラにそっくりな男児がいるが 未来から来たブタゴリラの子供はみのり一人だった そのみのりもブタゴリラにそっくりだが性格は優しい。

名前について

「ブタゴリラ」などという悪口にしか聞こえないようなあだ名で呼ばれているが、
実は「熊田薫」という本名が女の子のような名前であることが嫌で、元々は実際に悪口からついた名前ではあるが自分からそう呼ばせているのである。

また、薫という名前の理由は、ブタゴリラの父親の熊田熊八が自分がゴツすぎる名前で苦労してきたため、子供には男でも女でも可愛い名前にすると決めていたから。

なお、名前や由来の設定は雪室俊一によって考案されたものであり、原作では本名の設定などはない。

先述の通り、ブタゴリラは本名を「女の子みたい」という理由で嫌っているが「かおる」は男女どちらでも使われる名前であり、それほど珍しいものでもない。例えば俳優の小林薫や、『仮面ライダークウガ』の一条薫Dir en grey(れっきとした本名)などは男性である。
これ以外にも、「ひろみ」「ともみ」「まこと」「あきら」「ゆうき」などは男女どちらでも使われる名前であり、「女の子みたい」というよりは「中性的」な名前と言える。

関連タグ

キテレツ大百科 熊田熊八

花山薫・・・名前が似ているだけでなく、喧嘩が強いが好漢である部分も似ている。
カミーユ・ビダン・・・中性的な名前がコンプレックスで共通する。

関連記事

親記事

キテレツ大百科 きてれつだいひゃっか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブタゴリラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブタゴリラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 572181

コメント