ピクシブ百科事典

ミニドラ

みにどら

漫画・アニメ『ドラえもん』の主人公、ドラえもんを小型化したようなキャラクター
目次[非表示]

もしかして

VIPRPGに登場する子供のワイバーンドラゴナスの息子(甥)である。



設定

ドラえもん四次元ポケットから出すひみつ道具の一つで、正式名称は「ミニドラえもん」。
映画「2112年ドラえもん誕生」で、ドラえもんがドルマンスタイン一味を捕まえた功績で作成・一般販売されたという設定が追加された。

特徴

大きさ及び重さがドラえもんの約10分の1と小さい。また、色違いで複数存在する。最初のミニドラは2125年12月25日生まれである。ドラえもんズドラリーニョのミニドラサッカーチームは、緑色でヒゲがなく、全員に耳がついている。

性格

いたずら好きで、のび太を巻き込んで騒動を起こすこともしばしば。ただし、この性格は赤いミニドラのもので、他のミニドラでは少し違うようである。

発声機能

ちゃんとした言葉をしゃべれず、主に「ドララ」としゃべる。また、言葉の頭文字のみをしゃべる事もある(スースーシーシーワーワーナーナー = すっかり調べて悪いところを直した)。
ちなみに声優は大山版は初代が北川智絵、二代目が佐久間レイであり、水田版はあかいとまと、2017年のアニメでは金元寿子が担当している。

特技

ドラえもん同様、四次元ポケットからひみつ道具を出す事。ただし、出す道具はどれもミニサイズのため、非常に使いにくい(例として、どこでもドアは子供の身長でもくぐるどころかドアの向こう側に手を出すぐらいしか出来ないサイズになっている)。空気砲やペンシルミサイルなどの武器も破壊力がサイズ相当であり、アニメでジャイアンに近距離で撃った際には「くすぐったい」程度のダメージしか与えられなかった。

普通の人間が運用するにはスモールライトやガリバートンネルで自身の体のサイズをミニドラに合わせるか、ビッグライトで道具を大きくする必要がある。
なお、作中の描写を見る限り、これらスモールライトやビッグライトといった「対象に光線を照射して使用する」タイプのひみつ道具は、道具の大きさこそミニサイズであるが効果自体はオリジナルサイズと同様である模様。

好物

やはりドラえもん同様、ドラ焼きが大好物である。

苦手

ドラえもん同様、ネズミが苦手…と思われがちだが、ネズミに耳をかじられたドラえもんと違い最初から耳が付いていないので、ミニドラはネズミを怖がることはない。

関連イラスト

ぼく、ミニドラえもん!
/ ドララ! \




関連タグ

ドラえもん ドラえもん(キャラクター) のび太

pixivに投稿された作品 pixivで「ミニドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284069

コメント