ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

無敵砲台

むてきほうだい

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次 [非表示]

概要編集

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC38巻収録「スネ夫の無敵砲台」。

巨大な要塞型のひみつ道具で、家数件分程のサイズである。砲台をセットする事で、持ち主の思うがままにいつでも砲撃することが出来る。砲撃が当たったターゲットは爆発し、威力は人を黒焦げにする程度のレベルから、遠距離でも一目で分かる程の硝煙が上がるレベルまで様々。


第三者による砲台の破壊・機能停止は非常に難しく、作中ではドラえもんのび太が「かくれマント」で姿を消して接近したのだが、砲台はドラえもん達の接近を音で探知し、彼らを容赦なく攻撃した。


この道具を入手したスネ夫裏山にセットし、調子に乗って周りの人間に砲撃を続けてしまう。しかし最終的にはドラえもんの作戦により、のび太とスネ夫の身体を「入れかえロープ」で入れ替えたことで形勢逆転する。スネ夫の身体になったのび太が、のび太の身体になったスネ夫を延々と砲撃したことでスネ夫は遂に降参し、無敵砲台は返品されることになった。


派生作品編集

2008年版「スネ夫の無敵砲台」(水田わさび版アニメ)では、原作版よりも更に強化されている。「どこでもドア」で砲台の破壊を狙えばドア出現位置に砲台を構えており、「ひらりマント」で弾を跳ね返せば砲台の数を増やして滅多打ちするという極悪仕様になっていた(ただし、ひらりマントは振り回しさえすれば全ての攻撃を完全回避出来る性能を誇る為、作中におけるドラえもんとのび太はパニックを起こして硬直していたが、実際には砲台の数を増やされたところでマントを軽く振るだけで簡単に回避可能)。


『ドラえもん』を題材としたゲーム作品『ギガゾンビの逆襲』にも登場する、作中で最高威力の全体攻撃が出来るが、ボス敵には効果がない。


スピンオフ作品『ドラベース』でも、無敵砲台が使用可能道具として選ばれたことがある(実際に使用したシーンはない)。


余談編集

尚、この話でドラえもんが無敵砲台の破壊に用意した武器は空気砲スモールライト等のひみつ道具では無く、まさかの手榴弾である。小5になんつーモン持たせてんだ。

過激な描写とされたか、わさドラ版では砲台のスイッチを切る演出に差し替えられた。


関連タグ編集

ドラえもん ひみつ道具

骨川スネ夫


無敵要塞ザイガス デススター 波動砲

 

アウターゾーン:念力を使って自己中な行動を繰り返す少年にミザリィがお仕置きをするエピソードがある。


マクミラン大尉COD4):負傷すると移動できなくなるが、射撃に専念することで『無敵砲台』の異名に相応しい強さを発揮。

関連記事

親記事

ひみつ道具一覧(ま行) ひみつどうぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3444

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました