ピクシブ百科事典

無敵砲台

むてきほうだい

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場回はTC38巻収録「スネ夫の無敵砲台」。
巨大な要塞型のひみつ道具で、家数件分程のサイズである。砲台をセットする事で、持ち主の思うがままにいつでも砲撃することが出来る。砲撃が当たったターゲットは爆発し、威力は人を黒焦げにする程度のレベルから、遠距離でも一目で分かる程の硝煙が上がるレベルまで様々。

第三者による砲台の破壊・機能停止は非常に難しく、作中ではドラえもんのび太が「かくれマント」で姿を消して接近したのだが、砲台はドラえもん達の接近を音で探知し、彼らを容赦なく攻撃した。
水田わさび版では原作よりも超強化されており、「どこでもドア」で砲台の破壊を狙えばドア出現位置に砲台を構えており、「ひらりマント」で弾を跳ね返されれば砲台の数を増やして滅多打ちするという極悪仕様となっていた(尤も、ひらりマントは振り回しさえすれば全ての攻撃を完全回避出来る性能を誇る為、作中におけるドラえもんとのび太はパニックを起こして硬直していたが、実際は砲台の数を増やされたところでマントを軽く振るだけで簡単に回避出来たのだが)。

この道具を入手したスネ夫裏山にセットし、案の定周りの人間に砲撃を続け調子に乗った。上記の通り、砲台自身のセキュリティも万全で、敵が近づくと自動に攻撃を開始する。

最終的にはドラえもんの作戦により、のび太とスネ夫の体を「入れかえロープ」で入れ替えたことで形勢逆転する。スネ夫の身体になったのび太が、のび太の身体に入ったスネ夫を延々砲撃したことでスネ夫は遂に降参し、無敵砲台は返品された。勿論元に戻ったのび太はズタボロになってしまったが、ドラえもんは「元はと言えば君が買ったせいだからね」と呆れるのだった。

余談

『ドラえもん』を題材としたゲーム作品『ギガゾンビの逆襲』にも登場する、作中で最高威力の全体攻撃が出来るが、原作の描写を知っていると物足りない威力で、ボス敵に効かないという欠点も存在する。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具
骨川スネ夫 ドラえもんにおけるみんなのトラウマ一覧

無敵要塞ザイガス デススター 波動砲
 
アウターゾーン:念力を使って自己中な行動を繰り返す少年にミザリィがお仕置きをするエピソードがある。

マクミラン大尉COD4):負傷すると移動できなくなるが、射撃に専念することで『無敵砲台』の異名に相応しい強さを発揮。

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「無敵砲台」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1726

コメント