ピクシブ百科事典

まあまあ棒

まあまあぼう

ドラえもんに出てくるひみつ道具のひとつ。 登場作品はてんとう虫コミックス第23巻に収録されている。
目次[非表示]

概要

ドラえもんに登場するひみつ道具の一つ
先端に×形の板が付いた棒。人(ロボットや動物含む)がどんなに怒っていても、×形の部分で口をおさえて「まあまあ」と言えば怒りを静められるという道具。

ただしまあまあ棒は怒りを腹の中へためこんで我慢させる効果であって、怒りを綺麗に消す道具ではない。
その為あまり我慢をさせすぎると、積もりに積もった怒りエネルギーが火山のように大爆発する

作中

のび太からまあまあ棒を奪ったスネ夫は調子に乗り、わざとジャイアンを怒らせ即その怒りを沈めるというイタズラを繰り返した。

そしてその事を知ったドラえもんと危険性を聞いたのび太は、大慌てで現場へ急行するが、もはやジャイアンは爆発寸前の状態。

安全のため、彼を宥めながら空き地(大山版では学校の裏山)へ誘導した2人だったが、そこへスネ夫が現れ、トドメのちょっかいを出してしまう。

  • 原作「今度は毛虫だぞっ!」
  • 大山版「なんだデベソのジャイアンこんなところにいるかこんにゃろ!」
  • 水田版「ジャイアンのオンチゴリラ!」

絶叫し一目散に逃げ出すのび太とドラえもん。直後、状況を分かっていないスネ夫の眼前で、脱出が間に合った二人すら吹き飛ばされる程の大爆発が起こった。

そして爆心地にて黒こげで呆けるジャイアン、無残な姿になったスネ夫とまあまあ棒を見て、戦慄したドラえもんは「この凄まじいエネルギーを平和利用できないものか」と語った。

余談

水田版のアニメオリジナルエピソード「南極ペンギンを救え!」では、以前と同じように調子に乗ったスネ夫の手でジャイアンが爆発するが、その衝撃により、ペンギンたちの生活の妨げになっている巨大氷山問題を解決することが出来たので原作初使用回で指摘された「平和利用」が出来たといえる。

後に「感情エネルギーガスボンベ」という怒りの感情をエネルギーにして、お湯を沸かしたりラジオを鳴らしたりできる秘密道具が登場する
こちらは実際に相手の怒りを治めることができ、未来でもまあまあ棒の怒りの爆発エネルギーが注目され、それを利用しようと開発した道具なのだろう。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「まあまあ棒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112516

コメント