ピクシブ百科事典

狂時機

まっどうぉっち

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。別名「マッドウォッチ」及び「マッド・ウォッチ」。初登場エピソードはTC8巻収録「マッド・ウオッチ」。
懐中時計型の道具で、これを使用すると周囲の時間を加速・減速・停止させることが出来る。ただし使用者は時間操作の影響を受けない。
有効範囲は一部屋程度から全世界(TC21巻収録「ひろびろ日本」の作中では、ドラえもんがこの道具を使用して全世界の時間を停止させている)と幅広く設定可能。

使用者以外の人物が時間操作の影響を受けないようにする方法については、エピソードによって描写が異なっている。
下記の初登場エピソードでは、使用者に触れられている人物は時間操作の影響を受けないという描写になっている。作中ではドラえもんが最初にこの道具を使用して部屋の中の時間を加速させた際、ドラえもんが触れていたのび太は時間操作の影響を受けていなかった。それに対し、のび太がこの道具を使用して部屋の中の時間を遅くした際、のび太に触れていなかったドラえもんは時間操作の影響を受けて動きが極端に遅くなっていた。

上記の「ひろびろ日本」では、使用者の周囲にいる人物は(使用者に触れられていなかったとしても)時間操作の影響を受けないという描写になっている。作中ではドラえもんがこの道具を使用して時間を停止させた際、傍にいたのび太はドラえもんに触れられていなかったにも関わらず、時間停止の影響を受けていなかった。

TC24巻収録「ガンファイターのび太」では、時間操作の対象外となる人物を指定可能という描写になっている。作中ではドラミが使用し、のび太本人は時間操作の影響を受けないようにしつつ、彼の周囲の時間を減速させた。すると敵が撃った銃弾の速度が極端に遅くなった為、のび太は銃弾を簡単に回避することが出来た。

ピンポイントで加速・減速・停止が行えるので、ヤカンに火をかけて一瞬の内に湯を沸かす等、様々なショートカットに利用出来る。
減速についても時間操作の範囲を固定して「100倍減速」等にしてしまえば、相手はとんでもなくスローモーションになり、こちらに手出し出来なくなる(減速領域にうっかり入ってしまった第三者も巻き添えとなる)。

派生作品

水田わさび版アニメ「宇宙ガンファイターのび太」では、ドラミがこの道具を使用して時間の流れを遅くしたのだが、その後はドラえもんが同じ道具を取り出し、ドラミによる時間操作を解除する様子が描かれている。

スピンオフ作品『ザ・ドラえもんズスペシャル ロボット養成学校編』では、のび太が「フワフワ銃」の引き金を引くと同時にこの道具を使用し、弾の速度を非常に遅くすることで、敵が油断して近寄った瞬間に時間操作を解除し、弾の速度を元に戻して敵に命中させた。

『学習まんが ドラえもん ふしぎのサイエンス 月のサイエンス』では、月面に降り立って地球を眺めていたしずかから「地球の他の場所を見てみたい」と頼まれたドラえもんが、この道具を使用して自分達以外の時間の流れを60倍加速させ、地球の自転を高速にすることで地球全体を短時間で眺められるようにする様子が描かれている。
それだけでなく、スネ夫が「地球は月のように昇ったり沈んだりしないの?」と疑問を抱いた際、今度はのび太がこの道具を使用して先程より時間の流れを更に加速させ、一か月を瞬時に経過させることで地球の満ち欠けを短時間で眺められるようにする様子も描かれている。

名称及びルビについて

原作版初期及び大全集では上記の「時機」という名称になっているが、現在のTCでは「時機」という名称になっている。ルビも上記の「マッド・ウォッチ」だけでなく「マッドウオッチ」、「きょうじき」等、作品によって変更されている。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具 タンマウォッチ
時間操作 時間停止

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「狂時機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 826

コメント