ピクシブ百科事典

ころばし屋

ころばしや

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC13巻収録「ころばし屋」。
テンガロンハットサングラス、スーツを身に付け、拳銃(水田わさび版アニメでは「空気砲」に似た銃)を持ったギャングを模した小型ロボット。背中の穴に10円玉を入れて、転ばせたい相手の名前を告げると、その人物を3回必ず転ばせる「ころばしのプロ」。
一度引き受けた仕事は確実にやり遂げるよう作られているが、100円を支払えばキャンセルすることが可能。また、キャンセルは使用者以外の第三者でも行える(作中では、のび太がころばし屋に依頼料を支払った直後、手違いで自分が狙われてしまったのだが、その後はのび太から100円を受け取ったドラえもんがキャンセルを行っている)。

基本的には使用者が名前を告げた人物をターゲットにするが、使用者以外の人物が名前を告げた場合も効果を発揮してしまう。作中では、のび太が10円を入れた直後にしずかが彼の名前を呼んだ際、ころばし屋が反応してしまい、のび太(使用者)が狙われる羽目になってしまった。

ターゲットを指定する際、本名以外のあだ名を告げた場合でも正確に認識する。作中では、のび太がころばし屋に「ジャイアンを転ばせろ」と指示した際、他の人物と間違うことなくジャイアン(剛田武)をターゲットとして認識している。
派生作品を含めれば、水田版アニメ「宇宙ガンファイターのび太」では、ドラミドラえもんのことを「お兄ちゃん」と呼んだ際、ころばし屋はドラえもんをターゲットとして認識している。

作中では、自分の仕事を邪魔する人物(ターゲット以外の人物)を一人転ばせているが、それが回数制限(相手を3回転ばせる仕様)にカウントされるかは不明。

スピンオフ作品『ドラベース』で登場した際は、スズえもんが依頼料を札束で払ったことで、銃がライフル銃にパワーアップしている。

関連道具

  • ころばし屋Z
ころばし屋Z


水田版アニメオリジナルひみつ道具。
パワーが強すぎる・仕事の邪魔なら部外者にも危害を加える(これについては原作版の「ころばし屋」も同様だが、このエピソードにおけるころばし屋はターゲット以外の人物には攻撃しない仕様になっている)・ターゲットを楽しみながら転ばせる・依頼取り消しが出来ないという複数の問題が発覚し製造が中止された。
また、手に持っている銃はころばし屋よりも大型化している他、更に威力の高いバズーカ型に換装可能。それだけでなく、名前しか知らないターゲットが存在する場所を時代まで正確に割り出せるだけでなく、単独でタイムトラベルを行い追跡する機能もある
それに加えて、接着剤まみれになって動けなくなったとしても、脱皮のような方法で脱出するといった反則的な能力を持つ。そして水田版アニメオリジナルエピソード「地底100マイルちょっとの大作戦」では、なぜかドラえもんのポケットに入っていた

  • 怪盗DXのころばし屋
ひみつ道具博物館』に登場したひみつ道具。
怪盗DXに改造されている「ころばし屋」の為、お金を入れなくてもDXの命令で動くようになっている。

  • ミニころばし屋
『ミニドラにおまかせ!』に登場したひみつ道具。
ミニドラが持つ「ころばし屋」であり、性能はオリジナルとほぼ同じだが、こちらは1円支払うだけで相手を転ばせてくれる。ただし、ターゲット以外の人物を転ばせた場合も回数制限(相手を3回転ばせる仕様)にカウントされてしまう。

  • ころばし屋・ネオ
小説版『宝島』に登場したひみつ道具。
フロックが改造した「ころばし屋」。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具
殺し屋

関連記事

親記事

ひみつ道具一覧(か行) ひみつどうぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ころばし屋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6822

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました