2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

正式タイトルは『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』。
ロボットであるドラえもん主人公であり、ロボットの登場も普通だったシリーズの中でも、ロボット技術とその文明が進んだ末の未来を批判的に描いた作品となっている。
しかもストーリーの大半で作品の要であるドラえもんが不在となり、のび太達4人がひみつ道具無しで奮闘する異色の作品でもある。

仄暗水底


更に、物語中盤でドラえもんが電撃の拷問を受けた末に完全に破壊されてしまう。その為、歴代の大長編映画作品でも唯一、主人公の死が明確に描かれた作品となっている。当時、映画や大長編を楽しんでいた子供達に児童向け漫画の主人公でも容赦無く死に追いやられるという衝撃を与えることになった。

ストーリー

のび太の父・野比のび助がテレビから海もスキーも楽しめると言うブリキンホテルに予約したと聞き、春休みの予定がなかったのび太は大喜び。
結局それはパパのとわかって落ち込むが、突如そのホテルからトランクが届く。
開けてみると門が現れて、ドラえもんとのび太がくぐった先はブリキン島だった。
ホテルの人々に丁重にもてなされ、島で楽しむドラえもんとのび太。
しかしのび太の我儘に呆れ「未来へ帰る」と言ったドラえもん。しかし戻って来ないのび太を心配したドラえもんはそのまま探しに行くが、何者かによって連れ去られてしまう。一方のび太はそれに気づかぬまま一人家に帰ってしまう。

後日、のび太はしずかジャイアンスネ夫と共に島に再び訪れるが、突然の襲撃を受けた上にドラえもんが攫われた事実も知り大慌てする。
ドラえもんを救おうと決意した矢先、今度はブリキン島そのものが動き出し飛び上がった。
島の正体はチャモチャ星から来た宇宙船で、のび太達は島の主であるサピオ・ブリーキンから「ロボットに支配された故郷の星を救ってほしい」と頼まれる。
ドラえもんを連れ去ったのもまたチャモチャ星のロボットと知り、ドラえもんがいないままサピオに協力し冒険に旅立つ事になったのび太達。

そして、ドラえもんとチャモチャ星を救う鍵を握るのがブリキンホテルの地下に眠る大迷宮であった……。

キャラクター

サピオ・ブリーキン / サピオ・ガリオン(映画版)(CV.皆口裕子
チャモチャ星人の少年。
ロボットに乗っ取られたチャモチャ星を救うため、頼れる仲間を探して地球に辿り着いた。
前向きで諦めない性格だが、ロボット依存社会で生きてきた結果自力では長距離を歩けないほど体力が弱くなってしまい、カプセルの生活を余儀なくされている。また、事情が事情ゆえに仕方ないが、のび太たちを勝手に巻き込みながらも残りのメンバーが帰還出来ない状態でのび太としずかを無理矢理地球に戻すなど些か身勝手な面がある。
チャモチャ星で起きた事件も相まって、ロボットに対しては強い不信感を抱いている。

ブリキン(CV.大木民夫
ブリキンホテル支配人を担当するロボット。サピオが頼れるロボットの一体。

タップ(CV.鈴木みえ
ブリキンホテルに仕えるウサギ型ロボット。口の中にかなりの量のモノを詰め込むことができる。

ピエロ(CV.堀内賢雄
ブリキンホテルに仕えるピエロ型ロボット。荷物運びや芸を担う。

ガリオン・ブリーキン侯爵(CV.屋良有作
サピオの父で科学者。ロボット依存社会の危険性に気付きブリキン島のラビリンスで対抗策を研究していた。

ガリオン夫人(CV.佐久間レイ
サピオの母。

アンラック王(CV.中庸助
チャモチャ星の国王。ロボット社会に何の疑問も持たず、ナポギストラーに頼り切っていた。

ナポギストラー一世(CV森山周一郎
今作のラスボス。
ネームモデルはナポレオン+チンギス・ハン+ヒトラー
体の大半がコンピューターでできた発明家のロボットで、人間に楽な生活をさせるために作られた…
のだが密かにロボットによる人間支配を企んでいた。
そしてイメコンによる人間貧弱化計画を経て革命を起こし、独裁者となった。
自己中心的で神経質な計算高い腹黒い性格で、人間を見下す一方油断ならない厄介な存在として警戒していた。

ネジリン将軍(CV.加藤治
ロボット軍を指揮する将軍で、ナポギストラーの忠実な部下だが、一方でナポギストラーの神経質なことに苦慮している。年寄り=旧式であるためすぐにネジが解けて動けなくなってしまう。

隊長(CV.緒方賢一
ネジリン将軍の部下で、軍隊を仕切る部隊長。ドラえもんをサピオの仲間と判断して捕らえた。

サンタクロース(CV.中庸助
文字通りのサンタのロボット(チャモチャ星にもクリスマスの文化があるらしい)。
人間達が捕まった結果子供もいなくなった事で絶望していたが、北極で遭難したジャイアン達を救い、更にブリキンホテルでドラえもん達にであった事で希望を取り戻し、大量のおもちゃをプレゼントした(後にドラえもん達はひみつ道具でそのおもちゃを改造し、ロボット軍に奇襲をかけた)。

キーワード

チャモチャ星
地球と似た人間の種族が暮らす、地球以上の高度な技術を要する文明を築いた星。
特にロボット技術はかなり発達しており、多様な面でロボットに任せて依存していた。
しかしそのせいで人間の肉体の弱体化を招き、更にナポギストラーによるロボットの反乱が起きた結果、ロボットが支配する星に変わってしまった。

ラビリンス
サピオの先祖が趣味で作ったというブリキンホテルの名物迷路。
その中にサピオの父であるガリオン侯爵がコンピュータウイルスを隠していた。
ちなみに入り口のデザインがトラウマになる程怖い事で有名である。

イメコン
イメージコントローラー」の略。
ナポギストラーの最大の発明で、人間が考えるだけでロボットにその意思が伝わって、一瞬でロボット操作ができる代物。
そのおかげでチャモチャ星の人間は指一本動かすことなく生活できるようになったという。
しかし、ナポギストラーがこれを発明した真の目的は人間を貧弱にして容易く人間を支配できる計画を遂行する為だった。
その後もナポギストラーを中心にロボット達のネットワークとして使われていたが、これを逆手にとってガリオン侯爵はコンピューターウィルスを拡散させようとしていた(余談だが、現実世界でもイメコンのように人間が考えただけで機械を操作する研究はされている)。

コンピュータウイルス
ガリオン侯爵が密かに発明した、チャモチャ星を救う希望。
感染したロボットは(何故か)「いとまき」を合唱し、最後は壊れる。

カプセル
チャモチャ星人たちが使う乗り物で、貧弱になった彼らのほとんどはこれに乗っている。
あらゆるところにも移動でき、手の代わりにアームを使って物を取るなど、手足をほとんど使うことなく生活できる。
ナポギストラーが弱体化した人間達の為に発明したのだが、同時に更に肉体を弱体化させるという目的もあった。

関連作品


関連タグ

ドラえもん 大長編ドラえもん 映画ドラえもん
ディストピア

映画ドラえもん(大山ドラ)のび太の恐竜 のび太の宇宙開拓史 のび太の大魔境 のび太の海底鬼岩城 のび太の魔界大冒険 のび太の宇宙小戦争 のび太と鉄人兵団 のび太と竜の騎士 のび太のパラレル西遊記 のび太の日本誕生 のび太とアニマル惑星 のび太のドラビアンナイト のび太と雲の王国 のび太と夢幻三剣士 のび太の創世日記 のび太と銀河超特急 のび太のねじ巻き都市冒険記 のび太の南海大冒険 のび太の宇宙漂流記 のび太の太陽王伝説 のび太と翼の勇者たち のび太とロボット王国 のび太とふしぎ風使い のび太のワンニャン時空伝

関連記事

親記事

映画ドラえもん えいがどらえもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「のび太とブリキの迷宮」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「のび太とブリキの迷宮」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22143

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました