ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1934年7月26日、愛知県名古屋市生まれ。

日本大学芸術学部中退後、第1期研究生として劇団東芸に所属後、オフィス森山を設立。


独特の渋くドスの利いた低音の声質が特徴で、時代劇・刑事ドラマでは悪役を中心に多くの役を演じ、1950年代のデビューから最晩年まで、半世紀以上に渡って息長く活躍した。

吹き替えでは『刑事コジャック』のテリー・サバラス、アニメでは映画『紅の豚』のポルコ・ロッソ役が有名で、この2つは森山本人のホームページでも大きく取り上げられており、彼の代表作であった。


2021年2月8日、肺炎のため埼玉県内の病院で死去。享年88(満86歳没)。2020年度前半のNHK連続テレビ小説エール』で主人公の母方の祖父役を演じたのが最後のテレビドラマ出演となった。


洋画吹き替えについて

大塚周夫の次にチャールズ・ブロンソンの吹き替えを担当。主にTBSの洋画劇場で起用されていたが、森山自身はブロンソンは自分の声が合わないと思ったことがありブロンソン本人の声に似せるため酒と煙草でつぶした声でアフレコしたら業界内で好評だった事を後年のインタビューで回想している。


当たり役となったテリー・サバラス主演の『刑事コジャック』の吹替は当初、映画でサバラスの吹き替えを多く担当した大平透に内定していたが、当時のディレクターが「吹替のためには、声優もオリジナル俳優と同じ格好で生活してリアリティを出すべきだ」と主張し大平に対して丸坊主になるよう要求、しかし大平は当時田辺製薬の生CMに出演していた都合から不可能のため降板。ディレクターの要求に応じられた森山に決まったため、一時は丸坊主にしていた。


主な出演作

実写作品

アニメ

関連項目

俳優 声優 紅の豚

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21914

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました