ピクシブ百科事典

特捜最前線

とくそうさいぜんせん

東映東京撮影所制作の刑事ドラマにしてヒューマンドラマ。
目次[非表示]

概要

1977年4月から1987年3月にかけて、テレビ朝日系列ほかにて放送された。前番組は国産TVドラマ初の1時間ドラマである「特別機動捜査隊」である。
第347話「暗闇へのテレフォンコール!」(1984年1月18日放映)が最高視聴率27.4%を記録した。

警視庁が、解決したのはいいものの、どこか腑に落ちないところがある事件の捜査をやり直したり、あるいは迷宮入り一歩手前の事件をなんとか解決するために設置した特殊セクション・特命捜査課に配属された刑事達の苦闘を描いた。
そのためか人情ドラマや悲惨な話の印象が強い。

設置理由が設置理由なせいか、その本部は警視庁本庁内ではなく、民間のテナントビル、特に渋谷・東邦生命本社ビル(建物そのものは渋谷クロスタワーとして現存)の中に置かれていた。

特撮ドラマ出演経験者が本作に刑事役で出演していた事がしばしばあったため、一部のファンからは「特撮最前線」といじられた。また、長期作品だけに出演者が他作品出演のため休むこともしばしばあった。
10年間で殉職者は2名のみ。これは製作サイドの「殉職者は出したくない」というポリシーの結果。それでも出してしまったのは、演じていた役者の意向に沿ったため。

放送時間は長らく水曜22時からであったが、終盤はニュースステーションに時間を渡し木曜21時からに変更されている。

なお、2012年10月1日には東映チャンネルで、2013年9月29日にはテレビ朝日系列24局で、単発ではあるが復活編が放送されている。

特命捜査課の「相棒」

自動車

このドラマは日産自動車がメインスポンサーを務めていた。ゆえに特命課の愛車や、地方「出張」の足が日産車になるのは仕方がないとしても、何と海外出張の時まで日産車を使っていた

日頃の捜査に使用していた日産車はセドリック(およびそのプリンスディーラーバージョンのグロリア)とスカイラインであったが、スカイラインに関しては何とも一癖も二癖もある物を使用していた。
ケンメリ2ドアハードトップ(『特別機動捜査隊』や『新幹線大爆破』でも使用)
ジャパン:外観塗装が黄色。黄色は前期・丸目だったが流石にやり過ぎたのか、のちに後期型の角目シルバーに交代(マシンXと共に独自のイメージを構築した)
ニューマンサンルーフ付きどこぞの警察署のRS-2ですか(ただし登場は実はこちらの方が先で、特命車はセダンの2000GTターボだった)
7th:BBSのアルミホイールを装備。しかもれっきとした正規のオプション(販売店装着)

さらには自動車電話や特殊無線機やオープンリールのテープレコーダー→ビデオカメラとビデオモニターのセットを装着したキャラバンも所有していた。

ちなみに本作で神代警視正を演じた二谷英明はセドリックのCMに長く出演していた。

ヘリコプター

実は「大都会」パート3や「西部警察」シリーズよりもヘリコプターを多く飛ばした刑事ドラマでもあった。
日本農林ヘリコプター(のちのエースヘリコプター、2002年12月廃業)のベル47が使用されたが、このベル47、現実の警視庁でも採用されたことがある。
また、しばしばヘリコプターを操縦していた桜井哲夫を演じた藤岡弘は、実際にヘリコプターの操縦が出来る免許を所持している。

関連記事

親記事

刑事ドラマ けいじどらま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「特捜最前線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5007

コメント