ピクシブ百科事典

五代高之

ごだいたかゆき

西部警察の兼子仁刑事や太陽戦隊サンバルカンのバルイーグル/飛羽高之や暴れん坊将軍シリーズの御庭番・才三等の役で知られる俳優。
目次[非表示]

概要

1956年生まれ。東京都出身。

高校卒業後に俳優養成所タキ塾に入所し、大川橋蔵の付き人を経て、1979年に「西部警察」の兼子仁(ジン)刑事役のオーディションに合格。同シリーズパート1から出演し、拳銃を撃てないイップスをかかえた新人刑事で、時には犯人にヘロイン中毒にされたりもした新人刑事を熱演。第54話にて真っ白なシャツを真っ赤に染める壮絶な殉職を遂げた。

なお、西部警察出演に際して石原プロモーションに移籍すると共に、映画「栄光への5000キロ」の主人公の名前を元にした現在の芸名の「五代高之」を、事務所の代表でもあった名優石原裕次郎より名づけられた。

その後、スーパー戦隊シリーズ第5作「太陽戦隊サンバルカン」にて、レッド役のバルイーグル大鷲龍介を演じていた川崎龍介が降板する事になり、2代目バルイーグル/飛羽高之役として初の主役を演じた。2012年の第35作「海賊戦隊ゴーカイジャー」にも飛羽高之として出演している(見事にふとましく成長していたことは言わないお約束)。西部警察OPを元にしたMADではしばしばこのバルイーグル役がネタにされる。

現代劇から刑事ドラマから時代劇まで幅広く役をこなせる俳優で、「暴れん坊将軍」シリーズには、パート3からパート5までの間、御庭番の才三として出演。「特捜最前線」にも、藤岡弘、の代役・早見刑事として第342話から348話まで出演した。

近年は、「ふたりはプリキュアSplash☆Star」のアクダイカーン役など声優としての仕事も行っている他、俳優養成所「五代塾」を開いて後進の育成も行っている。

スーパー戦隊シリーズ

前記の通り、太陽戦隊サンバルカンに2代目バルイーグル/飛羽高之役で主演した他、第18作目「忍者戦隊カクレンジャー」に白面郎役で、第32作目「炎神戦隊ゴーオンジャー」にノコギリバンキチェーンソーバンキの声で出演している。

また、妻は「科学戦隊ダイナマン」で王女キメラを演じた香野麻里

関連タグ


関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「五代高之」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1079

コメント