ピクシブ百科事典

相棒(刑事ドラマ)

あいぼうけいじどらま

「相棒」とはテレビ朝日、東映制作の刑事ドラマシリーズ。
目次[非表示]

概要

警視庁の架空の部署"特命係"に属する2人の人物の活躍を描く。

2000年6月3日、テレビ朝日系列の土曜ワイド劇場で2時間ドラマとして初放送。
以降、シリーズ化、映画化、漫画化、小説化、ゲーム化、舞台化、スピンオフと多岐にわたって展開している。
ちなみに水谷豊寺脇康文は、かつて日本テレビで放送されていた刑事ドラマ刑事貴族シリーズでも共演している。

杉下右京を中心とし、重厚な人間ドラマから、社会派、人情話、コミカルタッチのものまで、作風の振り幅は広い。他にも警察上層部の闇、新しい法制度の欠陥、人工知能クローン人間などの先端技術、共依存多重人格、果ては同性愛等のサイコサスペンス風の話が定期的に盛り込まれ、視聴者を飽きさせない。

実質的な初回たるプレシーズン1作目からSeason7第9話までは亀山薫が、Season7第19話からは神戸尊が相棒として活動していた。
そしてSeason11では3代目の相棒として甲斐享が起用され、右京自ら相棒に選ぶと言う今までにないパターンで、大きな話題を呼んだ。
Season14では冠城亘と言う法務省のキャリア官僚が4代目となり、初の警察官以外の相棒が誕生した(その後、紆余曲折を経て彼も出世街道を外れて警察官となったが)。

作品本編のナレーターは存在しないが、近年(Season14以降)では予告ナレーションをゴブリンが担当する事がある。

あらすじ

警視庁の陸の孤島と言われる窓際部署、特命係。そこには、かつて上層部と対立し、
出世コースを外された元エリート刑事の杉下右京が一人いるだけだった。
特命係とは、何か特殊な命令がある時以外は一切の役割を持たない閑職であり、
ここに配属された刑事はその変人ぶりも相俟って、すぐに退職してしまう為、
いつしか右京は人材の墓場と呼ばれるようになっていた……。

相棒

亀山薫

亀山薫は、警視庁捜査一課に属する刑事だった。
だがある日、指名手配犯を捕らえようとして、逆に人質にされた挙句、
それをテレビで報道されるという失態を起こす。
右京の機転によりその場は解決したものの、薫は上層部の逆鱗に触れ、特命係へと異動になる。
当初は右京の変人ぶりに翻弄される薫だったが、共に事件を捜査するうち、
互いに共通する正義感を知り、やがてかけがえのない相棒になっていく。

神戸尊

薫が去り、再び右京一人になった特命係に、神戸尊が配属された。
その目的は、杉下右京の監視。警察内の不祥事を含む数々の難事件を暴く右京の存在が、
警察組織にとって有益かどうかを判断するため、尊は警察庁からスパイとして派遣されたのだった。ときに反目しながらも、尊は右京とともに特命係の一員として捜査を続ける。
だがそこには、かつて尊が関わっていた監視システムへの、警察庁警備局の思惑があった。

甲斐享

大学卒業後、所轄の交番勤務を経て同署の刑事課・捜査一係の刑事となった甲斐享
刑事という職業に純粋な憧れを持つ享だが、警察庁次長、甲斐峯秋の息子と言う御曹司の
一面も持つ。その一方で、強い自立意識と反骨精神を抱いていた。
そんな彼が、香港国際領事館での拳銃暴発事故の後、偶然、右京と出会い、
事件の裏で起きた総領事殺害事件を共に解決。 その後、右京は峯秋に直接享を特命係に指名し、
峯秋の思惑と相まって特命係へと異動になった。

冠城亘

冠城亘は、法務事務次官を後ろ盾に無茶をする法務省のキャリア官僚。
現場の仕事に興味があり、人事交流と言う名目で警視庁に出向してきたものの、
警視庁内での出向組は”客人扱い”であり、主のいない”旧・特命係”にて暇を持て余す日々を送っていた。そんなある日、関東地方のとある刑務所で受刑者が刑務官を刺殺するという事件が発生し、
偶然帰国していた右京と共に捜査を行い、これを解決に導く。
その後、亘は正式に特命係の一員となり、様々な事件の捜査を行っていくことになったのだった。

登場人物

警視庁

特命係

杉下右京 (演:水谷豊) - 警視庁特命係の係長。卓越した推理力と強い正義感を持つ、警視庁一の変人
亀山薫 (演:寺脇康文) - 熱血漢でお人よしな、右京の初代相棒
神戸尊 (演:及川光博) - 右京同様エリート街道から外れた二代目相棒。スピンオフ第2弾で復活し、その後も不定期で本編に登場している
甲斐享 (演:成宮寛貴) - 刑事という職業に強い憧れを持つが、右京からの指名で特命係に配属されてしまった三代目相棒
冠城亘 (演:反町隆史) - 現場の仕事に興味があり、警視庁に出向してきた法務省のキャリア官僚。天下りと言う形で警察官になり、現在も右京の相棒として活動している

捜査一課

トリオ・ザ・捜一
伊丹憲一 (演:川原和久) - "トリオ・ザ・捜一"のリーダー格。スピンオフ第2弾では主演を務めた
三浦信輔 (演:大谷亮介) - "トリオ・ザ・捜一"の年長者。現在は退職
芹沢慶二 (演:山中崇史) - "トリオ・ザ・捜一"の後輩
出雲麗音 (演:篠原ゆき子) - S19から登場した女性刑事にして新レギュラー。かつては白バイ隊員だったが、ある銃撃事件により大怪我を負い、捜査一課に異動してきた

経理部
陣川公平 (演:原田龍二) - 正義感が空回りする経理担当。たびたび特命係に飛ばされ"第三の男"となる

鑑識課

米沢守 (演:六角精児) - 特命係と親交がある優秀な鑑識課員。米沢を主役としたスピンオフ映画が派生した。現在はその鑑識能力を買われ、警察学校の教員として勤務している
益子桑栄(演:田中隆三) - 伊丹の同期で職人気質の鑑識員。口が悪くぶっきらぼうな性格だが、鑑識員としての腕前は高く、伊丹からの信頼も厚い。特命係の個人的な捜査にも割と協力的。ネコ好きという意外な一面を持つ

組織犯罪対策五課

角田六郎 (演:山西惇) - 同課の課長。特命係にコーヒーを淹れに来る。口癖は「暇か?
大木長十郎 (演:志水正義) - 同じく特命係をよく覗いていた組織犯罪対策部第5課の刑事。名前に反し小柄な体型
小松真琴 (演:久保田龍吉) - 同じく特命係をよく覗いている組織犯罪対策部第5課の刑事。名前に反し大柄な体型

上層部

内村完爾 (演:片桐竜次) - 警視庁刑事部長。特命係に頭を痛めている
中園照生 (演:小野了) - 警視庁刑事部参事官。内村の腰巾着だが、内心では特命係の捜査能力を認めている
大河内春樹 (演:神保悟志) - 監察官。通称"ピルイーター"。神戸とは警察庁時代からの知り合い
警視総監(演:山中康司) - Season1第11話で初登場した。(Season1の時間軸から15年前の時点での警視総監。)
警視総監2人目(演:須永慶) - Season8第1話における警視総監。
田丸寿三郎 (演:品川徹) - Season13時点までにおける警視総監。首都を守る点から警視庁を他の道府県警察より特別な存在と考え、警察庁の金子長官と対立している
四方田松榮 (演:永島敏行) - Season15の警視総監。武闘派で強い正義感を持ち、犯罪者に対し強硬姿勢を持つ。正月SPで殉職した
小早川剛 (演:小林勝也) - Season2第17話における副総監。
原子嘉和 (演:大出俊) - 警視庁副総監兼公安部長。Season12第1話における副総監。
坂之上慶親 (演:真夏竜) - Season14第2話における副総監。
衣笠藤治 (演:大杉漣杉本哲太) - 警視庁副総監。青木年男の父親とは幼馴染であり、年男の警察学校への入学ならびに警視庁への入庁も彼のコネがあった模様

その他の本庁関係者

岩月彬 (演:田中圭) - 警視庁サイバー犯罪対策課専門捜査官。ある事件で伊丹とコンビを組み、それが縁となって後に特命係の捜査にも協力することに
大石真弓 (演:松本若菜) - 刑事部の女性刑事。享とは警察学校の同期の関係にあった
水倉和弘 (演:吉永秀平) - 警視庁生活環境課刑事。S.12-3の食中毒事件で特命係と協力した。本庁の刑事としては珍しく特命係と良好な関係を築いている
社美彌子 (演:仲間由紀恵) - 元々は内閣情報調査室総務部門主幹だったが、S.13-1のスパイ事件の後、警視庁に移動となり、広報部広報課の課長に就任。峯秋とも面識がある。ロシア人スパイとの間に一女:マリアを儲けている
日野 (演:寺島進) - 警視庁一の名スナイパー。階級は警部補。
青木年男(演:浅利陽介) - 極度の警察嫌いながらもある理由から警察官になった亘の同期。
生活安全部サイバーセキュリティー対策本部の捜査官だが、とある事件が原因で一時期特命係に左遷されていたことがある

各所轄

相原誠 (演:萩原聖人) - 警視庁千束署刑事課強行犯係の刑事。
ある事件で米沢とコンビを組み、それが縁となって後に特命係と事件の捜査をすることに
堀江邦之 (演:山口良一) - 警視庁中根警察署刑事課捜査一係係長。
享の所轄時代の上司で、享曰く、「自分を刑事にしてくれた恩人」
だが、過去に起こしたとある不祥事を皮肉にも享の配属された特命係の手によって暴かれてしまい、それがきっかけとなって退職に追い込まれた

警察庁

小野田公顕 (演:岸部一徳) - 警察庁長官官房室長。通称"官房長"。
特命係を作り、右京を島流しにした張本人であり、特命係の最大の味方であると同時に、最大の敵でもあった
長谷川宗男 (演:國村隼) - 警察庁長官官房付。
劇場版第二弾の時は副総監だったが、諸般の理由で解任され現在の閑職に異動となった
甲斐峯秋(演:石坂浩二) - 警察庁長官官房付。元警察庁次長で享の父親。
息子の享を警察から追い出そうと右京から提案された享の特命係行きを了承した
金子文郎 (演:宇津井健) - 警察庁長官。
警視庁を一都道府県警察として見下している。警視庁の田丸警視総監とは犬猿の仲
山崎哲雄 (演:菅原大吉) - 警察庁長官官房総務課長 → 警察庁警備局局長
とある事件を利用して警備局長の要職を手に入れた狡猾な男。劇場版IVにも登場する。

法曹関係者

武藤かおり (演:松下由樹) - 弁護士。
特命係の関わる事件の被告を度々弁護していた。浅倉禄郎の弁護も担当
瀬田宗明 (演:渡哲也) - 弁護士。元法務大臣。
人権派弁護士として数々の国賠訴訟を手がけて来た弁護士。人柄も非常に良い
三雲法男 (演:石橋凌) - 東京地裁判事。
画期的判決を出す事で有名な裁判官。右京とはあまり意見が合わず対立している
田臥准慈 (演:田辺誠一) - 東京地検検事。
Season16に登場し、日下部の指示で特命係を立件するべく周到な罠を張り巡らせるが…
黒崎健太(演:中原裕也) - 東京地検特捜部の検事で、亘の元同僚。亘とは過去に何かしらの因縁があったらしく、彼のことは快く思っていないが、反面右京のことはその正義感の強さに感銘を受けたためにもの凄く慕うようになる。しかし、その後ある理由で地方へと左遷されることになり、物語の表舞台から姿を消してしまった
…がSeaeon19にて法務省を辞職していたことが明かされ、ジャーナリストという立場にて物語に再登場することとなった。
連城建彦 (演:松尾諭) - 弁護士。凶悪犯の弁護を担当することが多く、その過程で特命係と関り合いになることも少なくない。初見の人からすれば「犯人扱い」される程の胡散臭い顔をしているが、並外れた記憶力の持ち主。

政府関係者

片山雛子(演:木村佳乃) - 衆議院議員
政界絡みの事件にはほぼ確実に姿を現す狡猾な女性議員。ある事件をきっかけに議員辞職した後、として出家を果たす。
瀬戸内米蔵(演:津川雅彦) - 元衆議院議員で法務大臣も務めた人物。元住職
特命係の良き理解者であったが、後にその特命係に自身の汚職を暴かれ逮捕された。出所後は住職に戻っている。
北条晴臣(演:長門裕之) - 元外務相事務次官で元特命全権大使。通称"閣下"。
薫時代の特命係とちょくちょく対立した人物で、外務省時代に得た人脈と権力で特命係の追求に対抗した
日下部彌彦(演:榎木孝明) - 法務省事務次官。亘を昔から気にかけている後ろ盾役だったが、ある一件をきっかけに特命係(特に杉下)を敵視するようになり、Season16にて彼らを潰そうと暗躍するも失敗に終わる。
鑓鞍兵衛(演:柄本明) - 国家公安委員長、衆議院議員
常に飄々とし、本心がどこにあるかわからない掴みどころのない性格。しばしば「地獄耳」だと自負する。
特命係の実力自体は高く買っており、(どこまで本心なのかは定かではないものの)警察をクビになったら、自分の事務所で雇うつもりでいるらしい。演者が死去したことで出演の叶わなくなった瀬戸内の後釜とも言うべき存在。

特命係と縁のある女性

亀山美和子(演:鈴木砂羽) - フリーのジャーナリスト。旧姓は奥寺。薫の恋人で、様々な紆余曲折を経て結婚
宮部たまき (演:益戸育江) - 小料理屋を営んでいた、右京の元妻。現在世界旅行中。
月本幸子(演:鈴木杏樹) - ある暴力団の愛人だったが、右京の薦めで花の里を引き継いだ2代目女将。
笛吹悦子(演:真飛聖) - CAを務めている享の年上の恋人。姉御肌で気風のいい性格。急性の白血病を患い、今も入院中
小出茉梨(演:森口瑤子) - 小料理屋、「こてまり」の女将。かつては赤坂の料亭の人気芸者・「小手鞠」として活動し、政財界にも多くの顧客を持っていたが、峯秋の一言で独立し、現在に至る。
風間楓子(演:芦名星) - 葉林社「週刊フォトス」編集部に所属する記者。美彌子の『隠し子疑惑』の記事をきっかけに特命係と交流を持つようになる。警察の不祥事を度々記事にしている事から上層部から睨まれる存在となっている。

その他

鹿手袋啓介(演:西村雅彦) - 院内紙記者。
薫と美和子が恋人時代に美和子を一時的に略奪した薫の元恋敵。
ヒロコ(演:深沢敦) - ゲイバーのママ。顧客絡みの事件で特命係によく相談する。
浅倉禄郎(演:生瀬勝久) - 死刑囚。元東京地検検事。
薫と美和子の大学時代の親友だったが、連続殺人事件を起こし逮捕された。
本多篤人(演:古谷一行) - 元テロリストで爆弾のプロ
南井十(演:伊武雅刀) - スコットランドヤードの刑事で、右京が渡英していた際の相棒だった。
優秀な捜査能力を持つ刑事だとされるが…?
遠峰小夜子(演:西田尚美) - 「平成の毒婦」の異名を持つ凄腕の女詐欺師。
現在は逮捕され拘置所に収監されているが、それでも面会に訪れた男性達を巧みな話術で翻弄し、自身の手足かの如く自由に動かす等油断のならない人物である(右京や亘もその話術にまんまと嵌められたことがある)。

放送情報

元日スペシャル(以下SPと略す)の放送日が水曜日の場合で無い場合は、該当する曜日を備考欄にて記述する。
各シーズン毎の話数表記は原則「全◯話」としているが、Pre Seasonのみ元来が単発放送だった経緯上「全◯作」とした。

期数放送期間話数備考
Pre Season2000年6月3日/2001年1月27日/11月10日全3作「相棒 警視庁ふたりだけの特命係」として「土曜ワイド劇場」にて産声を上げる
Season12002年10月9日 - 12月25日全12話唯一の3ヶ月間放送、初回と最終回の拡大SPが恒例化
Season22003年10月8日 - 2004年3月17日全21話番組名を「相棒 警視庁ふたりだけの特命係」から「相棒」に簡略化、半年間の放送が恒例化
Season32004年10月13日 - 2005年3月23日全19話ハイビジョン制作を開始(アナログ放送ではサイドカット)、現在使用されているメインテーマが初登板、第6話にて特命係が初の3人体制になる(+陣川)、唯一の欠番エピソード(第7話)が存在
Season42005年10月12日 - 2006年3月15日全21話メインテーマが今日まで親しまれている完成形となる、曜日を問わず元日SPが恒例化
Season52006年10月11日 - 2007年3月14日全20話アナログ放送ではサイドカットからレターボックスに変更、元日SPは月曜放送
Season62007年10月24日 - 2008年3月19日全19話元日SPは火曜放送
Season72008年10月22日 - 2009年3月18日全19話初代相棒の交代劇、番組ロゴに通しの数字が入る、元日SPは木曜放送
Season82009年10月14日 - 2010年3月10日全19話2代目相棒が登場、元日SPは金曜放送
Season92010年10月20日 - 2011年3月9日全18話初回がSPではなく前後編、元日SPは土曜放送
Season102011年10月20日 - 2012年3月10日全19話2代目相棒の交代劇、ロゴの数字が英語表記になる、元日SPは日曜放送
Season112012年10月10日 - 2013年3月20日全19話3代目相棒が登場、元日SPは火曜放送
Season122013年10月16日 - 2014年3月19日全19話三浦信輔が辞職、報道ステーションとのステブレレス接続を開始
Season132014年10月15日 - 2015年3月18日全19話3代目相棒の交代劇、番組ロゴの数字がローマ数字に戻る、元日SPは木曜放送
Season142015年10月14日 - 2016年3月16日全20話4代目相棒が登場、元日SPは金曜放送
Season152016年10月12日 - 2017年3月22日 全18話元日SPは金曜放送、最終回にて某伝説の戦士が登場
Season162017年10月18日 - 2017年3月14日全20話初回をSPにせず若干の枠拡大の上に前後編が恒例化、中盤は枠拡大+前後編でその次の回も枠拡大と相次ぐ、元日SPは月曜放送、最終回にて特命係が再び3人体制になる(+青木)
Season172018年10月17日 - 2019年3月20日全20話初回の終盤にて大木長十郎役の志水正義を追悼、元日SPは火曜放送、最終話が平成最後の放送となる
Season182019年10月9日 - 2020年3月18日全20話初回が令和最初の放送となる、番組の見逃し配信を開始、中盤からは冠城亘を据えたコラボCMを放送
Season192020年10月14日 - 2021年3月17日全20話出雲麗音が登場し「彼女が異動するきっかけとなった事件」が「1シーズンを駆け巡る長期エピソード」として初回・終盤いずれも前後編かつ拡大枠(初回・最終話は30分拡大、2話・19話は15分拡大)で放送、初回の終盤にて風間楓子役の芦名星を追悼、元日SPは金曜放送


劇場版

特命係がメインの作品。

※正式タイトルはポスターや映像ソフトでも記されてはいるが、映画本編では一貫して「相棒」のみの表記である。また各作品ごとに歴代「相棒」が一人ずつ登場している(現時点では2作連続で「全編に渡って『主人公格』となる相棒」は存在しないが、尊は2作目に「主人公格」の相棒として登場後は3作目以降も「チョイ役」で登場している)。
1.相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン (2008年5月1日公開)
2.相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜 (2010年12月23日公開)
3.相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ (2014年4月26日公開)
4.相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断(2017年2月11日公開)

特命係"以外"がメインの作品

1.相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 (2009年3月28日公開)

  • 米沢が主人公。ノベライズ作品の映像化かつ、著者と監督が親子同士という作品でもある。
2.相棒シリーズ X DAY (2013年3月23日公開)
  • 伊丹が主人公。


関連タグ

相棒
ドラマ 刑事ドラマ
6/3は相棒の日
これが日常だったあの頃
神戸君の「か」は可愛いの「か」
女心わからないブラザーズ
相棒100users入り
相棒1000users入り
相棒5000users入り

外部リンク

相棒(AibouNow) - Twitter
相棒 - Wikipedia

関連記事

親記事

刑事ドラマ けいじどらま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「相棒(刑事ドラマ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 579684

コメント