ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

甲斐峯秋

かいみねあき

 甲斐峯秋とは、テレビドラマ『相棒』に登場する警察官である。(メイン画像左の人物)
目次 [非表示]

演:石坂浩二


概要編集

警察庁次長で、杉下右京の部下である甲斐享の父親。息子と同様、彼もSeason11からの登場である。なお、後に長男として財務省の官僚である秋徳(演:新納慎也)や死別した妻(≒秋徳・享兄弟の母)がいた事も判明している。


息子(自身にとっては次男)の享が警察に入った事を快く思っておらず、刑事に昇進したばかりの享に「親孝行」を理由に警察を辞めるよう電話をしてきた事もあった。

享とは大学卒業後に家を出てから、Season12の最終回で事件が起きた際、顔を合わせて話をするまで、12年間会って直接話をしていなかった(上記のように電話では会話をしている)。


香港の領事館での事件関連で右京と話をした際、彼から息子の享を特命係に配属するよう頼まれた。当初は難色を示していたが「彼の部下になった者が高確率ですぐに警察を辞めている」という話を知っていたため、享を辞めさせるためこれを承諾した。


右京に対しては前記の香港の領事館での事件関連で会談した時が初対面で、その時は右京のスタンドプレーに対して一定の評価を与えていた。しかし、後々自身が構図を作った天下りの仕組みを右京と享に潰されてしまうなど、皮肉にもそのスタンドプレーのせいで痛い目を見る事になる


やたら東亜民主共和国(ざっくり言うと「東アジアのどこかに位置する軍事国家」で、ものすごく治安が悪い場所と思ってもらえば差し支えない。以下「東国」と略す)に絡む事件に右京達を巻き込んだ(Season11最終回。この時は結果的に犯人側の「勝ち逃げ」同然の状況を作る形になり、享は元より右京どころか視聴者達にすらしばらく恨まれる事になった)り、逆に巻き込まれたりする(Season22第10話。これに関しては後述)事が多い。


基本的に政府や警察機構の体裁を取り繕うことに重きを置いる。だが、それを徹底するあまりに海外で誘拐された邦人を見殺しにするような形になってしまった事もあった。しかし、当人もそれを徹底する以上覚悟は持っており、一度自身が誘拐された際には警察による救出を信じて身代金による交渉や命乞いは一切頼もうとしなかった。


息子である享との関係は冷え切っているが、親子の絆が全くなくなったわけではない

たとえば、享が「父と同じく警察に行くのを避けるために就職活動をし、結果内定が決まったにもかかわらず、警察官への憧れの強さを捨てきれずに内定を蹴ってまで警察官になった」ということを右京から聞かされた際には、驚きながらも笑いながら嬉しそうな表情を浮かべていたほか、享が銃撃されることを承知の上で犯人が立てこもっていた住宅へ赴いた際には非常に気を揉んでいたとのこと。

対する享も父親のことを嫌ってはいるものの、面と向かって悪く言われることは良しとしておらず、父親を侮辱した人物を殴り飛ばしたこともある。


また、Season17の初回で衣笠副総監と青木の処遇(衣笠が快く思っていなかった週刊誌のジャーナリスト風間楓子を咄嗟にエスカレーターから突き落とした事が明るみに出て、あくまで過失傷害の責任を取らせる形で特命係に送り込んだ)について話をしていた際、彼が息子同然に可愛がっている青木を「あいつは出来がわるい。頭は悪くはないが、どうしようもない出来損ないだ」と評した際、そんな衣笠に思うところがあったのか、「できの悪い子ほど可愛いものだよ」と亨を思い出しながら呟いている。また次話で拘留所の三上冨貴江との会話でも「ちゃんと話をしなければ取り返しのつかない事になる」と自身の経験を思い出しながら諭している。


Season13の最終回で、息子の享が逮捕されたことを受けて、処分が下されるタイミングを遅らせるために逮捕の直前に大河内を通じて監察官保留とし、逮捕後も自身の立場を利用して享に旅立つ右京を(実況見分の名目で護送中「たまたま」空港前を通過したという体にして)見送らせるように便宜を図った。ある意味「当初の目論見」は達成したといえ、こんな形の幕切れになろうとは流石の峯秋本人も思ってはいなかっただろうが…


Season14からは「警察庁長官官房付」という閑職へと追いやられていた。とはいえこれは責任を取ったことを形式上示すための一時的な措置で、その影響力は今尚絶大であり、右京の無期限停職処分を解除し、彼の復職と特命係の復活を成しとげてみせた。


Season16にて、特命係の指揮統括を衣笠副総監に依頼され、これを引き受けたことで特命係の直属の上司と言える立場になった。尚これは特命係の不祥事や問題行動を口実に特命係を潰し峯秋も失脚させようとする衣笠の陰謀なのだが、それに気付いているのかは不明。


以前は「しくじる人間は許せず失敗する奴はそれまででそこで終わり」という失敗した者に対して冷めた考えであったが、Season17第2話にて逮捕された自身の息子に対し「失敗したらまた再チャレンジをする事を勧めたい」という心底な思いを発言し、右京達との絡みが考えを親子の絆を大きく変化させたといえる。


Season22の元日スペシャルでは、実質的な義娘に当たる笛吹悦子の子息にして、享の代わりに秋徳が父親役になり、自身にとっては孫に当たる笛吹結平(演:森優理斗)が通う小学校の学芸会鑑賞にて発生した殺人事件に端を発する騒動により、終盤でスパイ容疑の濡れ衣を着せられた悦子を救う(東国では「一度スパイの嫌疑が掛かれば無実でも極刑は免れない」とされる)ために囮になったのと引き換えに東国に置き去りにされてしまった右京達に会うべく、東国の日本領事館へ(やたら大きなカバンやらトランクやらを抱えながら)向かっている(ちなみに右京達が大きな荷物を漁っていた際には自分の私物もあったのか「…待ちたまえ、これは僕の荷物だ」と制止した)。

しかし(東国側からすれば「スパイ容疑がかかった人物」の逃走幇助に関わったとみなされた)右京達に対しては「君達を見捨てる様な薄情な真似はしないが、年内の帰国は無理だと思った方が良い」などと言うに留まり、その後右京達はカイト…もとい凧揚げをしたりするばかりで帰国出来ぬまま終わってしまい(余談だが、本放送当時エンディングになろうかという終盤でゴタゴタがあった)、右京達が帰国の途につけた具体的な手段については明かされる事は無かった(その後、帰国までの経緯は最終回までついぞ明かされなかった)。

次話では(とりあえず帰国の途に「は」つけた右京達が)何事もなかったかの様に「前回とは全く繋がらないアバンタイトル」から始まり、今回の騒動とは全く無関係の事件を扱ったため、劇場版クラスの銃撃戦まで繰り広げられた今回の一件の真相は、またしても闇に葬られてしまったのだった…


その後のSeason22最終回では「生成AIによる右京を騙るフェイク動画」が拡散されてしまい「特命係の名目上の上司」という理由から自身も処分されそうになったため、右京の無実を信じ「杉下君は濡れ衣を着せられたと思うがね…」と必死に弁護していた。


余談編集

初登場はseason12ながら神戸尊以降の右京の相棒(は息子なので当然だが)とは何かしら「絡み」があり、season21にて右京の初代相棒(それ以前に在籍していた人物は除く)である亀山薫と初めて対面を果たした事から右京の全ての相棒と面会がある数少ない人物となった。


関連タグ編集

相棒 警察庁 甲斐享 杉下右京

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157894

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました