ピクシブ百科事典

青木年男

あおきとしお

刑事ドラマ「相棒」の登場人物
目次[非表示]

演:浅利陽介

概要

警視庁入庁まで

S.14の「警察嫌い」で初登場し、警察官である父親と確執があるらしく、極度の警察嫌い。
地方公務員として役所に勤めていたが、盗撮の対象としていた部屋で殺人事件が起こり、
重要な証拠である映像を残していたこともあり、特命係に目を付けられ紆余曲折を経て証拠を提出させられる。
以後、を辞めさせる原因を作り、この事を根に持ったのか役所も辞め、父親の知り合いである副総監の衣笠の根回しを受けて警察学校へ入り、亘と同期の警察官となる。

ちなみに、亘が行った事は、被害者がヤクザの隠し子だったため、「ヤクザに情報を流して脅迫させて証拠ビデオを提出させる」こと。
いくら青木が嫌な奴でも、一般人にヤクザに素性を明かして脅迫させたのだから、(一応、角田を間に入れてその後も青木への干渉が行われない様にしたとは言え)治安維持組織にあるまじき許されない行為であり、それを通告したせいで亘が解雇されても、詮無き事である。


警視庁入庁後

その後、警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課に配属され、同課の専門捜査官として警察官としてのキャリアをスタートさせる。

時折、特命係の部屋で弁当を食べたり、愚痴こぼしたりして、周囲を引っ搔き回す。
意外にもチェスが得意で、その腕前は右京も唸らせるほど。

資料を集めるのは上手いが、その資料を一体どこで手に入れているのかは謎。

これまで特命係にとって強い味方であった米沢が無き今、彼が新たな協力者となっており、自身も「警視庁内での数少ない友人」として、表向きは右京達と友好的に接しているが、その裏では右京達の写真に画びょうを突き刺すなど、かなり陰湿な一面を持つ
実際、内心では上記の出来事の意趣返しとして特命係を潰そうと目論んでおり、Season15の11話では、これまでの特命係の活動資料を密かに副総監の衣笠へと提出し、彼に特命係への危機意識を植え付けている。
が、相棒界ではこういう輩は後々間接的に煮え湯を飲まされたり、事件に巻き込まれて(コトがバレた末に)失脚するなど、何らかの形で膨大なしっぺ返しを受けるのが恒例(特にコイツがいい例)なので、視聴者からはそちらの意味でも興味を持たれている人物である。


余談

浅利氏は「『相棒シーズン14』の青木年男役を結構気に入っていたので、また同じ役で出演できることはとてもうれしかったです」と喜び、青木を演じる難しさについても「脚本に書かれる青木の警察嫌いを、職業も立場も変わった今、どう演じるか、どうふくらませるかを考えると、演じる側としては力が入ります」と語り、「相棒のお二人にとって、嫌な青木として対峙できるのが楽しみです」と期待している。

さらに浅利氏は亀山時代の相棒にゲストで出演している。

関連タグ

相棒 特命係 トリックスター

pixivに投稿された作品 pixivで「青木年男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10957

コメント