ピクシブ百科事典

片山雛子

かたやまひなこ

片山雛子とは、ドラマ「相棒」の登場人物である。

演 - 木村佳乃

「私、日本国国家と結婚させていただきます。」

概要

政界絡みの事件にはほぼ確実に姿を現す若手の女性議員

話術や法の盲点などを利用して、ライバルや自分よりも大物の政治家を蹴落として地位を上げてきたしたたかさと、目的のために人に犯罪を犯させるよう誘導し、自分の手を汚さずに自分が不利となる事件を回避したり、仮に自分が法に触れる行為をしても話術で乗り切ったりと、事件や周囲の人間を利用してのし上がっていくふてぶてしさを併せ持つ。
右京特命係とは表立って敵対してはいない、つかず離れずの関係にあるが、自らの目的に合うならば特命係を助けて彼らの介入しきれない領域にあるような事件の真相を世間に晒すこともあり、かつての小野田公顕に近い立ち位置にある。

少女時代は成績こそ良かったものの、地味で内気な性格(所謂根暗)であり、生徒会長選挙でも当選できない日々が続いていた。しかし、ある男子生徒と出会ったことで自身の美貌が武器になることを知って自信を深めると同時に、ライバルを蹴落として政界で生き残る権謀術数を身に着けていくこととなった。ただ、上記の男子生徒とはそれから間もなくして失恋してしまい、その失恋の経験から男性に対して不信感を抱いており、結婚願望は抱いていない。
一時期、内閣官房長官と愛人とも噂される関係にあったが、彼女にとっては所詮自身の地位を上げるための手駒にすぎず、官房長官による殺人の疑惑が発覚するとあっさりと見限っている。

最終的には総理補佐官の任に就き。Season13では入閣や女性初の内閣総理大臣就任も視野に入れるほどの安定した地位にいた。そして、Season14では同志の音越栄徳(演:西村和彦)と共に新会派"New World Order"を立ち上げ、総裁選への意欲を見せるが、その後テロにより音越が殺害されてしまったために新会派は解散、同時に片山は総裁選にも出馬しない意向を表明した上、議員辞職することも明言した。

関連タグ

相棒(刑事ドラマ)

pixivに投稿された作品 pixivで「片山雛子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18755

コメント