2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ドラマ『相棒』の登場人物。
演:岸部一徳

概要

警察庁長官官房室長であり、階級は警視監。通称「官房長」。

杉下右京の元上司であり、特命係を作った張本人とも言える人物。
警察内部だけでなく他省庁や政界にもパイプを持つ実力者かつ権力者であり、飄々とした態度の裏で遠大な計画を進める策士。
特命係の最大の味方であり、最大の敵である。

過去、警視庁公安部参事官時代、外交官人質事件に対処するために右京を作戦参謀とした「緊急対策特命係」を結成する。
その際、国家の威信保持の為の早急な事件解決を求めて即時突入を主張する小野田は、人質の安全を最優先して突入命令を受け入れない右京と対立。それにより右京を参謀から解任した。
結果、強行突破の突入によって隊員と人質に死者が発生したが、警察上層部は責任を右京一人に押し付け、島流しにした。
このことに関しては負い目を感じているらしく、「自分を殺してもいい人間」の一人に右京を挙げている。(右京以外は、このときの事件に生き残った二人の隊員、そのうちの一人は自身への殺人未遂で逮捕されている。)

以来、右京とは警戒しつつも利用し合う仲。右京も甲斐享から彼との関係を聞かれた際には「友達と呼べるほど親しいかどうかは微妙ですが、長い付き合いであるのは確かです」と述べている。
政治力を駆使して一旦廃止された特命係を復活させたり、度々の右京やへの処分を抑える一方、政治絡みの事件では公安警察を使って真実の隠蔽に動くことも多く、しばしば右京と対立していた。
とはいえ、腹黒さや違法行為が見え隠れする行動の数々はあくまでも国益や警察組織を守る立場からのものであり、私利私欲のために動いたことは一度も無い(実際、神戸尊も彼と右京の対立について『二人の正義の戦い』と評した)。
右京も時に反目こそすれどそのことは理解していたようで、彼の死後に発覚した裏金問題に関して「官房長がもし使ったのなら、間違い無く必要なことに使った」と私欲目的で無かったことを確信していた(その後、その裏金は日本国内で実行不可能な証人保護プログラムを秘密裏に行うために使われたことが明らかとなっている)ほか、彼を「理想の権力者」と語り、尊敬の念すら抱いていた内閣官房長官・鶴田翁助保身と権力誇示のため策謀を巡らし殺人教唆まで行った事件では、事件のカギを握る部下を彼と同じ要領で逃亡させた鶴田に対し「手本にしているつもりかもしれないが、あなたは彼の足元にも及ばない」「あなたが小野田公顕を語るなど虫唾が走る」といった痛烈な言葉を浴びせている。

杉下右京vs鶴田翁助



劇場版2作目で、警察庁長官の金子文郎と共に、警察庁の警察への昇格を柱とする警察改革を進めようとし、警視庁で時を同じくし発生した籠城事件の真相を利用して反対する警視庁幹部の一掃を図るものの、それにより不祥事を暴かれ懲戒免職となった警視庁の元生活安全部長:三宅貞夫に恨まれ、駐車場で公用車に乗り込もうとしていたところを待ち伏せされて刺されてしまった。
右京に助け起こされるもすでに致命傷を負っており、「おかしいね…殺されるなら、お前にだと思ってたのに…」と右京に告げた後、彼に看取られながら息を引き取った。
なお、小野田の死により、彼が目論んでいた警察庁の省への昇格や、警察主導の日本版CIA構想は白紙となった。

シーズン9最終回の回想シーンが、最後の出番となった。
ただ、その後も小野田に絡んだ事件が何度か発生したり、上記の鶴田をはじめ彼について言及するキャラクターが登場したりするなど、死してなお彼の影響は根強く残っていると言える。特に、彼の遺した「杉下の正義は時に暴走するよ」という台詞は、ストーリー上重要なワードである。

余談

お偉い立場にあるためか、庶民的な店のルールに疎い面がありつつも、よく右京と一緒に食事に出ることが多かった。
回転寿司屋では、一度取りかけた皿や食べ終えた皿をレーンに戻してしまったり(後者の場合「食べた人の唾液が付着するなどの衛生面の問題」だけでなく「正確な合計金額が割り出せない問題」がある)、お茶の作り方が分からなかったりしており、その度に右京に窘められている。

プライベートでは少なくとも一人の孫がおり、自らの運転で幼稚園に送迎している。その途中で死体を発見した際は特命係の二人を呼んで後始末を押し付けるほどに可愛がっている模様。

「こうけん」という名は通名で、本当の読みは「きみあき」である。しかし、これが判明したのは小野田が死去してしばらくした後のシーズン12最終回での事であり、一般視聴者やファンからの認識としては通名である「こうけん」の方が圧倒的な知名度を持つ。

4人目の”相棒”として登場した冠城亘は、S9最終回の事件において設立された特別チームに官房長によって召集されていた経歴があった。

Season 20の第3話のラストシーンで彼とそっくりの風貌をした老人が登場するというサプライズがあった(右京も思わず「官房長?」と呟いて振り返ったほどによく似ていた)。
エンディングのクレジットにも岸部の名前があるのみで役名は示されておらず、本人なのか、或いは右京が見た幻か、はたまた他人の空似だったのかは不明。一応、すれ違った後で右京の方を振り向くという意味深なカットがあったが…。

相棒20らくがき その2


なお視聴者からは、生前と異なり眼鏡をかけていたことやネクタイの柄、放送局、中の人、放映クールつながり等から「メロンと請求書を届けた帰りのあの人だったのでは?」との声も聞かれた。

関連タグ

相棒 特命係 
杉下右京 亀山薫 神戸尊 冠城亘
神原晶 相棒と同じテレビ朝日が制作・放送するドラマのレギュラーで、彼と同じく岸部一徳が演じる登場人物。

関連記事

親記事

相棒(刑事ドラマ) あいぼうけいじどらま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「小野田公顕」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「小野田公顕」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403144

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました