ピクシブ百科事典

神戸尊

かんべたける

相棒(刑事ドラマ)の登場人物。

テレビドラマ相棒』の主人公の一人。
演:及川光博

お言葉ですが杉下警部、ここは僕の概要ですよ?

『相棒』シリーズにおける、二人目の相棒
特命係の杉下右京警部の部下。現在の階級は、警部補。

上層部からの「特命」により特命係、及び右京が警察にとって必要かを判断するため、表向き「2階級降格の左遷」という形で、特命係に半年間限定の「潜入」を開始。配属初日、捜査で東京郊外の集落に出かけた右京を追う形で対面し事件解決に関わった。

性格は、クールかつ気障な自信家で、ノンキャリアから出世街道を歩む経歴から、エリート然とした雰囲気を醸し出す秀才タイプ。
プライドが高く「自分は他人より頭が良い」と思っている人間に対して嫌悪感を露わにする事がある。
当初は右京に捜査から置いて行かれたり、嫌味を言われたり、揚げ足を取られたりなどされては苛立ちを零していたが、事件によっては互いに歩み寄って信頼を見せ、スパイとしての立場を捨てて以降は右京にも認められ、信頼関係を築き上げた。

普段は炭酸入りミネラルウォーター(ゲロルシュタイナーに似ているが、表示はスパークリングウォーター)を常飲している。実は、ナポリタンが好き。
大河内監査官とは警察庁時代からの旧知の仲で一緒に飲みに行ったり、剣道鍛錬でワインを賭ける勝負をしている事もある。
愛車は黒の日産GT-R。エンジンを吹かして荒いハンドル裁きをし、右京からも「君の運転は乱暴です」と言われている。
パソコン携帯電話は、アップル派。
遅刻が多く、貧血気味の体質である。
右京に絶賛されるほど、絵が上手い。が、オタクではない。
過去を振り返るのは苦手。(season8 10話‐特命係西へ!‐)
イケメン設定のようで、右京から命ぜられて女性相手の陽動や情報収集に赴く事もある。

記憶力が高い上に洞察力もあり、総じて頭の回転は速いが、警備部出身なので死体や血は苦手。写真ですら距離を取って目を反らしている。
徹底して正義を貫く右京とは異なり、基本原則や体制に従いながらも、状況によって主張を変えて物事を割り切るドライな部分も持ち合わせている。しかし、時には相手の事を考えた上で自ら行動を起こしたり、嘘の失敗談で過去の出来事を悔やむ伊丹を慰めたりするなど、他者のために機転の利いた行動を取ったり、犯人に対して感情的になるなどの人間味を見せることもある。
歴代相棒で唯一、右京の絶対的な正義を貫く信念を曲げさせている。

初対面時に捜査一課の伊丹憲一芹沢慶二に名刺の名前を読み間違えられたことから、捜査一課に陰で「ソン」と呼ばれている。(本人は快く思っていない様子。)

Season10最終話におけるある事件をきっかけに特命係を去り、警察庁長官官房付に異動となる。
ただ、Season11でも、直接登場はせずともちょくちょく名前は出てきており、Season11最終話では国外へ逃亡を図ろうとするスパイを捕えるために右京に大きく協力した。
右京との関係は、強く生きているようである。
また、劇場版IIIにも登場しており、この際、後釜である甲斐享とも対面を果たしている。
同じく劇場版IVにも登場、その前日譚でもある2月に二週放送の前後編スペシャルにて、テレビシリーズへおよそ5年ぶりに直接出演を果たした。この際、とある事件をきっかけに冠城亘とも知り合いになっていたことが判明した。

お久しぶりです



ちなみに、右京の元を去った相棒の中で、唯一警察官の職を辞していない人物である

関連タグ

相棒 特命係 杉下右京 大河内春樹
ナポリ誕 ナポリソン





余談だが彼が作中で乗り回していた車のナンバー37-10あるキャラクターを連想させるというファンもいた。神戸が相棒に登場した段階で相手が故人であったため直接の接点はないが、どちらも同じ人物とつながりを持っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「神戸尊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7273958

コメント